名古屋学院大学 学術情報センター部(ブログ):名古屋学院大学(NGU)学術情報センターの愉快な毎日を綴っているブログです。 学情のイベントやお知らせなど随時紹介します。

ホーム > 図書紹介 > 英文を訳してみると、たまに意味が分からない文章ができます。

英文を訳してみると、たまに意味が分からない文章ができます。

 こんにちは、今日は朝から雨が降っていまして、テンションは低めです。

しかも小雨のようなパラパラとした雨なので、さらにテンションが下がります。 どうせ降るなら思いっきり降ってほしいですね。


なんて考えてたら、昼ごろ本当にどしゃ降りになってしまい、お昼を食べに行けなくなってしまいました。ショックです。


授業やテスト、試験など様々な場面で和訳する機会にめぐりあうと思います。


そんなとき、順番に単語の意味を調べたりして、いざ文をつなげてみたら全く意味の分からない文章になってしまったことはありませんか。


わたしもたまに設問が英文の時に、設問すら何と書いてあるのかがわからない時があります。


そんなときはこちら


日本人だけが間違える英語」 !!



例えば 「life」  人生、とか生活という意味でよく用いられると思うのですが、実はこのlife 実物という意味もあるのです。


びっくりです。


ぜひ読んでみてください。


それでは失礼します。


学生サポーター:タケヒロ


 

2017年9月 5日 学生TA |


Categories

新着情報

他ブログ新着記事(3365)

月別アーカイブ

学情情報誌

ガクメンについてのページへ
  • 学情センター情報誌『ガクメン』第5号配布中!!
  • 蔵書検索

    他のブログも覗く

    サイト内拍手ランキング

    カレンダー

    2017年9月

              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    コメント

    最近のコメント

    Entry Tag

    大学公式HPへ