名古屋学院大学 学術情報センター部(ブログ):名古屋学院大学(NGU)学術情報センターの愉快な毎日を綴っているブログです。 学情のイベントやお知らせなど随時紹介します。

ホーム > DVD紹介 > ヒトラーとスターリングラード

ヒトラーとスターリングラード

だんだんと日中の太陽が力を失って衰弱しつつあり、

まるでそれを見越すかのごとく、しめしめと寒気が世界を呑み込んでくる

そんな黎明な季節ですね

 

ちょうどナチス政権末期のころ、

権威も精神も弱体化していくヒトラーの陰で、裏切りをみせるヒムラー

と同じように

 

ナチス政権は、末期には周辺世界への脅威を弱めていただけでなく

内部も混乱状態でした

とくにヒトラー自身は常に感情をむき出しにしていたようです

怒りと恐怖に包まれた彼の姿は、ナチ党が権力掌握していった頃の

勢いと自信と若々しさがまるでなく、ずっと老いて見えます


そんなヒトラー末期を描いた戦争映画が

 『ヒトラー~最期の12日間~』

 

5122G41D8GL.jpg











 

 

 

 

第三帝国崩壊までのすべてを、あの独裁者の秘書による証言をもとに描かれています

 

さて

欧州の殆どを支配したヒトラー率いる第三帝国に

陰りがみえた原因は何だったでしょうか

ヒトラーは西のフランスをあっという間に征服した後、航路を東に向けましたね

その東の先にいるのは、もちろんスターリン率いるソ連です

このヒトラー対スターリン

世界史史上最も悲惨で残虐な戦争として印されたと思います

まるでこの世の悪のすべてが独ソ戦につぎ込まれたのではというくらいで、あらゆる犯罪がかわいく見えてしまうほど

可能ならこの戦争を上空から眺めてみたい(笑)

 

その独ソ戦の中でも、史上最大の市街戦となったのが

ソビエト連邦内のヴォルガ川沿い一帯の工業都市

スターリングラードで繰り広げられた攻防戦です

スターリンの名を冠した都市ということもあったのでしょう

そこはもはや街ではなく、巨大な炉のようであった、と言われているのが有名なほど

ウィキペディアで見てもらえば、記録やその説明の長さが

スターリングラード攻防戦の悲惨さ、濃さを物語っています

 ウィキペディアって詳しく見てるとキリがないですよね


WWⅡ全体をも左右するほどの戦争でしたが

その中で軍事的重要都市を落とそうとするナチス軍

からソ連を救った一人のスナイパーがいました

それがこちら

 『スターリングラード』


51GM87919YL.jpg

 

 

 








 

 

 

 

英雄の活躍劇で、女性スナイパーのヒロインも出てきますし

戦争映画ながらエンタメとしても楽しめると思います


可能ならポップコーンを食べながら観たい(笑)のだけど

悲しいかな、こちら二つは館内利用でした


 

学生サポーター あっきイ




2016年11月22日 学生TA |


Categories

新着情報

他ブログ新着記事(3517)

月別アーカイブ

学情情報誌

ガクメンについてのページへ
  • 学情センター情報誌『ガクメン』第5号配布中!!
  • 蔵書検索

    他のブログも覗く

    カレンダー

    2018年1月

      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      

    コメント

    最近のコメント

    Entry Tag

    大学公式HPへ