名古屋学院大学 学術情報センター部(ブログ):名古屋学院大学(NGU)学術情報センターの愉快な毎日を綴っているブログです。 学情のイベントやお知らせなど随時紹介します。

ホーム > 図書紹介 > 『英語になった日本語』

『英語になった日本語』

こんにちは。

今日は、面出ししている本の入れ替えを行いました。

といっても、全部を入れ替えたわけではないのですが、こうしてたまに入れ替えます。

新しい本やサポーターのオススメが出ていますので、ぜひチェックしてみて下さい。

 

さて、今回ご紹介するのは、今日の入れ替えで見つけた

『英語になった日本語』という本です。

 

英語になった日本語.jpgのサムネイル画像

 

 

なんともインパクトのある表紙だったので、つい選んでしまいました。

この本は、まさに「英語になった日本語」がどのような背景でどのように伝わっているかが書かれています。

 

例えば、英語の本を日本語訳で読んだりすると、訳者によって随分違う印象を受けたりします。

ちょっと違うかもしれませんが、そんな風に、異なる言語の間にはズレがあって、それは他言語を理解するそもそもの根本的な問題として、言語を学ぶ難しさの1つでもあると思います。

 

そのような言語間の違いに着目し、英和辞典を研究テーマにした著者が研究しているからこそより深く、でも歴史を書いた研究論文などではなく、もっと身近な随筆といった感じで読める本です。

興味のある方は、ぜひ学情4階でどうぞ。学生サポーター、myuでした。

 

2015年11月30日 学生TA |


Categories

新着情報

他ブログ新着記事(3517)

月別アーカイブ

学情情報誌

ガクメンについてのページへ
  • 学情センター情報誌『ガクメン』第5号配布中!!
  • 蔵書検索

    他のブログも覗く

    カレンダー

    2018年1月

      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      

    コメント

    最近のコメント

    Entry Tag

    大学公式HPへ