名古屋学院大学 学術情報センター部(ブログ):名古屋学院大学(NGU)学術情報センターの愉快な毎日を綴っているブログです。 学情のイベントやお知らせなど随時紹介します。

ホーム > DVD紹介 > フィンランドの風景

フィンランドの風景


こんにちは。
春があっという間に過ぎて、最近、学術情報センターではクーラーがつき始めました。
汗をかくし、日焼けするしで嫌なことも多いですが、夏の真っ青な空はなんだかわくわくして好きです。


今日ご紹介するのは、そんな青空が印象的な映画、
『かもめ食堂』(2006年、日本)です。

81wUOX3SA4S._SY679_.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
















舞台はフィンランド。そこで店を開いた日本人の女性、サチエ。
開店したものの、見知らぬ日本人が開いたお店に人々はなかなか入ってきません。
来る日も来る日もお客さんの来ない店で、毎日食器を磨いて、
夕方にはプールで泳ぎ、家に帰って食事を作る。
そしてまた翌朝にはきちんとお店を開く・・・

そんなある日、日本かぶれの青年トンミが店に来たのをきっかけに、
日本人のミドリやマサコが来て、ぽつぽつと人が立ち寄っていくようになります。

原作:群よう子  監督:荻上直子
キャスト:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ


「人はみんな変わっていくものですから」 

穏やかな日常が流れる中でも、確実に時は流れて人は変わっていく。
主人公サチエのこの言葉は印象的です。


フィンランドの風景やそれを彩る北欧雑貨も見どころです。
フィンランドの優しい空気に馴染む、色や素材の食器や家具たち。
サチエが入れるコーヒー、シナモンロール、おにぎり・・・

カフェや雑貨が好きな人も、ぜひ。


小さいけれど、堂々としたたたずまいの店「かもめ食堂」。
優しいけれど、凛とした潔さを持ったサチエ。

変わらないような毎日だけど、それがゆったりと重なっていって、
それぞれが少しずつ変わってく・・・そんなお話です。

気になった方は、4階メディアコーナーでどうぞ。




2015年5月25日 学生TA |


Categories

新着情報

他ブログ新着記事(3517)

月別アーカイブ

学情情報誌

ガクメンについてのページへ
  • 学情センター情報誌『ガクメン』第5号配布中!!
  • 蔵書検索

    他のブログも覗く

    カレンダー

    2018年1月

      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      

    コメント

    最近のコメント

    Entry Tag

    大学公式HPへ