名古屋学院大学 学術情報センター部(ブログ):名古屋学院大学(NGU)学術情報センターの愉快な毎日を綴っているブログです。 学情のイベントやお知らせなど随時紹介します。

ホーム > 2022年12月

プログラミングで挫折したあなたに朗報です!

皆さんこんにちは、カポノです!
今回は新着図書の紹介です。

近年、日本ではプログラミングは将来絶対に必要と言われ、小学生向けのプログラミング教室が開校されたり、学校でのプログラミングの授業が必修化になるなど、プログラミングブームが止まりませんね。
皆さんの中には「もう大学生だし、今から始めるのって遅いよなぁ」と思っている学生もいるかもしれませんが、全然そんなことはないらしいですよ!
ぜひ始めてみましょう!

今回紹介する本はアルゴリズムとプログラミングの図鑑です!

アルゴリズムとプログラミングの図鑑.jpg
この本はプログラミングについて、ある程度理解できたけど、自分でプログラミングを作ろうとすると、なぜか上手くいかないというような人向けです。
アルゴリズムとは「複雑なコンピューターの仕組み」や「数式を組み合わせて作った、難解なもの」というイメージを持っている人が多いと思いますが、
もっと簡単に言えばアルゴリズムとは「問題の解き方」や「考え方や手順」のことです!
専門書では数式で書かれているため難しく感じてしまうかもしれませんが、
あくまでも「考え方や手順」のことなので日本語や、フローチャートなどの図形でも書くこともできます
この本にはプログラミング言語の基本や、各言語ごとのアルゴリズムが問題別に網羅してあるため、どのレベルの人でも使いやすいのが特徴だと思います。少し難易度は高いかもしれませんが、プログラミングで挫折してしまっている人は役に立つ1冊です!

少しでも興味を持った学生は、
ぜひ学術情報センター4Fで手に取ってみてくださいね(`・ω・´)b

2022年12月27日 学生TA |

就職活動が必ず成功する⁉

皆さんこんにちは、カポノです。

今回は新着図書のご紹介です!なんとその名を「必ず成功する 就活実践法

296.jpg

就活に必ず成功する?と思うと思いますが、この本すごいんです。
就活の準備や企業研究のやり方、各業界についての説明、説明会や面接でのドレスコード、働き始めたからのこと等々。就職活動を行う上で大切なことのすべてが書かれています!

これからの就職活動どうしようかなと考えている3年生も、まだまだ早いかなと思っている1・2年生も読む価値のある1冊だと思います!
少しでも気になった学生はぜひ学術情報センター4Fまで足を運んでみてくださいね(`・ω・´)b「キャリアプラン」の棚にあります!

2022年12月26日 学生TA |

これであなたもレポートマスター!

ご覧の皆さんお久しぶりです、カポノです。
一気に寒さも深まり風邪が心配な季節いなってきましたがいかがお過ごしですか。

さて、来月には秋学期が終わり期末レポートを書かなければならない学生も多いのではないでしょうか。
今回私が紹介する新着図書は「大学生のための論文・レポートの論理的な書き方」という本です。
レポートの書き方がいまいちまだよく分からないといった学生や、
今までとは一味違ったレベルの高いレポートを書いて成績を上げたいという学生にぜひ手に取ってほしい一冊です!

516.jpg

レポートや論文を書くことが苦手だと思っている学生の多くは「論理的な文章」というものについて理解できていないのではないでしょうか。
レポートや論文というものは小学校や中学校で書いてきたような作文とは違います。誰が読んでも分かりやすいような表現で客観的に書かなければならないものがレポートや、論文です。
これができるのとできないのでは評価に大きく差が出来てしまいます。

「書きたいことはあるし、良いことが書けると思っているのに、肝心の書き方が分からない...」と思っているそこのあなた!
ぜひ学術情報センター4Fの「学習サポート」棚にありますので借りてみてください(`・ω・´)b

2022年12月23日 学生TA |

個人的Best Book 2022

こんばんは、学生サポーターのメガネです。

早いものでもう12月になり、今年も残すところあとわずかになってきました。

そこで、今回は「個人的Best Book 2022」を紹介したいと思います!

栄えある受賞作品はこちら!

辻村深月著『サクラ咲く』

.jpg


























この作品は表題の「サクラ咲く」に加えて、「約束の場所、約束の時間」、「世界で一番美しい宝石」と計3つが収録された短編集になっています。

短編は電車通学などをしているとその間に読み終えることもできたりするのでいいですよね。

この3つの短編の中でも最もお気に入りは「世界で一番美しい宝石」です!

実はこの「世界で一番美しい宝石」を初めて読んだのは中学3年生の頃なんです。高校受験の問題としてこの作品の一部が引用されていたことがきっかけでした。

その時にあまりに続きが気になってこの本を買い、今年改めて読み直してみたんです。

そしたらまあ、面白くて。はじめは「世界で一番美しい宝石」だけ読む予定だったんですが、結局全部読んじゃいました。

舞台が高校なので、前回読んだときは高校ってこんな感じなのかってワクワクして、今回はこんな高校生活もいいなぁとしみじみした気持ちになりました。歳ですかね。

時折、読書が好きですみたいな話をすると「読書してて偉いね!」と言われることがあるんですが、ぼく個人としては娯楽として本を読んでいるので褒められるほどでもないよなと思っています。

また、「読書=偉い」と不必要に高尚なものとして扱うことももったいない気がします。正直、今回紹介した『サクラ咲く』に収録されている短編はどれも簡単で、それなりに読書に慣れている人からすると展開がありきたりでつまらなく感じるかもしれません。

重要なのは自分が好きだと思えるかどうかだけだと思います。自分が好きだと思えるものは自分が一番よく分かっています。面白そうだと思えたなら、動画でも映画でも美術館でも足を運んで体験したいですね。もし、その中に本も入っていたなら、読書好きの僕としてちょっぴりうれしいです。

残念ながら本作はまだ本学に所蔵されていないので、また入荷したらお知らせしますね!お楽しみに!

近々「個人的Best Movie 2022」も書く予定です!お楽しみに!

(学生サポーター メガネ)

2022年12月15日 学生TA |

クリスマスキャロルで素敵なクリスマスを!

こんにちは!ひつじです🐑

今回はクリスマスにぴったりの名作映画「クリスマスキャロル」を紹介します🎄

202212071.jpg

【あらすじ】

ロンドンにある「スクルージ&マーレイ商会」を経営する老人スクルージは、暮らしは裕福だけど守銭奴で思いやりに欠け、町の誰からも嫌われ遠ざけられていた。ある年のクリスマス・イヴの夜、スクルージのもとに死んだはずの元共同経営者であり、唯一の友人でもあったマーレイが現れる。自らの生前の行いにより、鎖でがんじがらめになったマーレイの亡霊は、クルージも同じ運命をたどらないように忠告するが、、、

舞台は100年以上前のロンドンなのですが、観終わった後は子供の時にクリスマスが近づくと感じていた不思議な高揚を思い出してしまうような映画で、クリスマス時期のきらびやかな街の雰囲気など、おとぎ話の世界のようで夢見心地になりました。😸

英国の文豪チャールズ・ディケンズのクリスマスキャロル」を原作とした 映画は多くあるのですが学情4Fにはそのうちの一作品が所蔵されています!

上映時間も約70分と短いので少しでも暇があればぜひ学情4Fで素敵なクリスマス映画を楽しんでみてください!

2022年12月 9日 学生TA |

その瞬間をそのまま

こんにちは、ラムネです!

だんだん寒くなり、冬の訪れを感じている今日この頃。街を歩くと、イルミネーションを見かけることが多くなりました。

クリスマス大晦日お正月とイベントが盛り沢山な年末年始ですが、その瞬間を素敵な写真に収めることができれば、その時の大切な気持ちをそのまま残すことが可能に。後で見返したくなるようなものを残しておけば、気分が落ち込んでしまった時にも元気をくれるはず...!

ということで、今回はこちらをご紹介(^_^)

たのしいカメラ学校の教科書
カメラ1年生 -iPhone・スマホ写真編-

22120501.JPG























こちらの本には、身近なiPhoneやスマホで写真がもっと上手くなる「かんたんテク」が詰め込まれています。カメラの知識が全くなくても、センスに自信がなくても、もちろん、立派な一眼レフを持っていなくてもOKです。

"一生使える"5つのキホンから、一瞬で写真を変えるマジックまで網羅!少しの意識と工夫でこんなにも変わるのか、と驚かされます。私も早速、操作したことのないボタンを押してみようと思います!!

外出の予定とは限らず、家族や友達との団らんや自身の好きなものを写真で残すのもいいですね(*'∀')

(学生サポーター ラムネ)

2022年12月 7日 学生TA |

クリスマスは泥棒と⁉

こんにちは~!ニコルです。

今回は、クリスマスにとっておきの作品ホームアローン』を紹介します。

ホームアローン.png

【あらすじ】

ある一家が総出でパリに行くことになる。しかし、息子のケビンは空港で人ごみに流されてしまい、ひとり家に取り残されてしまう。そんな中、二人の泥棒がケビンの家に目を付け始める。ケビンは家を守るために泥棒と戦うが__⁉

                                                                                               

季節はクリスマス真っ只中!🎄

私たちよりもはるかに小さな子が、怖気づくことなく戦っている姿が愛しく心を震わされます。

ケビンは好奇心ありきで闘っているというよりも、自分にできることが家を守ることだという使命を幼いながらに無意識に感じているような気がします。

これが置いて行かれた側の寂しいところでもあるんですよね・・・

しかし立派すぎる。

大の大人に仕掛けるたくさんのトラップがとっても面白いんです。

                                                                                               

何度観ても、内容を知っていても、こんなにも毎度ワクワクさせられる映画があるのは嬉しいですね。

毎年観てるよって方は今年も楽しみましょうね~!🔔

                                                                                                

スリルとコメディの狭間である『ホームアローン』にワクワクを委ねて、

素敵なクリスマスを過ごしましょう☺

ぜひ、4F学術情報センターメディアコーナーにお立ち寄りください!🧣

2022年12月 6日 学生TA |

クリスマスシーズン到来!!!!!!

こんにちは!ひつじです🐑

12月に入り今年もクリスマスシーズンが到来しました!!!!

現在学情4Fは入り口ゲートの装飾やクリスマスツリーなど、様々な場所がクリスマス仕様に変わっています🎄

特に入り口ゲート付近の、私の先輩学生サポーターであるラムネさんが装飾を担当したクリスマスツリーは、青が多めのお洒落な飾りつけで必見です!

IMG_2999.JPG

そんなクリスマスムードでいっぱいの学情4Fですが、私も少しだけ装飾を担当させていただきました!

IMG_3000.JPG

IMG_3002.JPG

DVD配架エリアを仕切るベルトパーテーションがクリスマス仕様になりました^^

学情4Fのクリスマスムードがより向上したような気がします😸

クリスマス仕様に変わった学情4Fぜひ一度足を運んでみてください!

2022年12月 5日 学生TA |

ビターもスウィートも

こんばんは、学生サポーターのメガネです。

今回は新着DVDの中からトップガン マーヴェリックをご紹介します!

この作品を僕はすでに映画館で2回見ていて、そのうちの1回は4DXという座席がグラグラしたり、水しぶきが飛んでくる上映方法を体験してきました。

最高です。

31998-1148-bae826215e843003f78e05698aacbc91-1920x1080.jpg



















さて、早速この作品の魅力についてお話なのですが、この作品の魅力は何と言ってもその迫力満載のドッグファイト

と、いっても過言ではないほどアクションも洗練されていて面白いのですが、個人的には前作からつながるストーリーが好きでした。

プレイヤーでありたいマーヴェリックと、そうはいっても、もう60歳のベテランという肩書。いつまでもプレイヤーでいるわけにはいきません。

そんな葛藤を過去の友人やパートナーと分かち合い、後輩とぶつかり合う中でマネジャーとしての責務をマーヴェリックなりに果たしていきます。

前作から扱う題材は一貫していますが、その立場という環境の変化とマーヴェリックの葛藤、過去との向き合い方には心打たれるものがあります。

最近ふと感じたことなのですが、大人になるにつれ、コーヒーやチョコレートをブラックで楽しめるように、一つの映画をとっても、「飛行機かっこいい!」だけでなく登場人物の葛藤や悩みにも共感しながら、色々な角度で楽しめるようになった気がします。

酸いを楽しめる「トップガン マーヴェリック」、1986年に公開された飛行機カッコいい「トップガン」も学術情報センターで見ることができます!ぜひ見に来てくださいね!

(学生サポーター メガネ)

2022年12月 2日 学生TA |


Categories

新着情報

他ブログ新着記事(4457)

月別アーカイブ

アーカイブ

蔵書検索

他のブログも覗く

カレンダー

2023年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント

最近のコメント

Entry Tag

大学公式HPへ