名古屋学院大学 学術情報センター部(ブログ):名古屋学院大学(NGU)学術情報センターの愉快な毎日を綴っているブログです。 学情のイベントやお知らせなど随時紹介します。

ホーム > DVD紹介 > 鎌倉ってすごい

鎌倉ってすごい

こんにちは、学生サポーターのさとぅーです。

今回紹介する作品はこちらです。

鎌倉.jpg
あらすじ:
鎌倉に暮らすミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに嫁いだ 年若い妻・亜紀子(高畑充希)はその生活に驚くばかり。 道を歩けば、魔物や幽霊、妖怪や仏様、死神(安藤サクラ)までも現れるのだ。 どうやらここ鎌倉は、人と人ならざるものたちが仲良く暮らす街らしい。 
本業の小説執筆に加え、鎌倉署の捜査にも協力する夫・正和は、 その上、鉄道模型収集やら熱帯魚飼育やら多趣味でもあり忙しい。 そんな一色家には、実年齢130歳? の家政婦・キン(中村玉緒)、腐れ縁の編集担当・本田(堤真一)、果ては貧乏神(田中泯)が居座るなど個性豊かな面々が次々に現れ騒がしい日々。 亜紀子の理想とはちょっと違うけれど、楽しい新婚生活が始まった。
 しかし、正和には亜紀子に隠していた秘密があった。 その秘密が原因で正和は結婚に疑問を感じて生きてきたようだ。 正和はなぜ亜紀子を見初めたのだろうか? ある日、病に倒れた正和が目を覚ますと、亜紀子の姿が消えていた。 夫への愛にあふれた手紙を残して――。 
なんと亜紀子は不慮の事故で亡くなっており、黄泉の国(あの世)に旅立っていたのだった。 失って初めて気づく妻・亜紀子への愛。 正和は亜紀子の命を取り戻すため、一人黄泉の国へ向かう決意をする。 そこで彼を待っていたのは、亜紀子を黄泉に連れさった魔物たちとあの人の姿・・・・・・。 
一色夫婦の命をかけた運命が、今動き出す。
(裏表紙より)

こちらの作品はALWAYSシリーズの監督が手掛け作品です。
ほのぼの系ファンタジーで観ていて非常に和みます。
ほのぼの系とは言いましたが、死後の世界や幽霊などが出る作品ですので、考えさせられるようなシーンも多々あります。
ここで例を挙げてしまいますとネタバレになってしまうので、今回は控えようと思います。
しかし、あえて言うならばカエルのシーンは...なんか...くるものが...。

こちらの作品は学術情報センターのメディアコーナーにありますので、ぜひ視聴してみてください。

以上、終盤の展開を理解するのに時間がかかった、学生サポーターのさとぅーでした。

(学生サポーター:さとぅー)

2018年9月27日 学生TA |


Categories

新着情報

他ブログ新着記事(3688)

月別アーカイブ

学情情報誌

ガクメンについてのページへ
  • 学情センター情報誌『ガクメン』第5号配布中!!
  • 蔵書検索

    他のブログも覗く

    カレンダー

    2018年9月

                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30            

    コメント

    最近のコメント

    Entry Tag

    大学公式HPへ