名古屋学院大学 学術情報センター部(ブログ):名古屋学院大学(NGU)学術情報センターの愉快な毎日を綴っているブログです。 学情のイベントやお知らせなど随時紹介します。

ホーム > DVD紹介 > 俺達ァ健康優良不良少年だぜ

俺達ァ健康優良不良少年だぜ

という台詞が原作漫画にはあるのですが、はて映画にはあったかどうか......。

今回は挨拶抜きで、とあるアニメ作品の紹介です。

タイトルは「AKIRA」。

akira.jpgのサムネイル画像































カッコいい!カッコいいですね!こんな静かな雰囲気の映画ではないのですが、カッコいいものはカッコいいですね!

~あらすじ~
1988年7月、第三次世界大戦勃発。
そして、2019年、メガロポリス東京・・・。
健康優良不良少年グループのリーダー・金田は、荒廃したこの都市でバイクを駆り、暴走と抗争を繰り返していた。ある夜、仲間の鉄雄は暴走中、奇
怪な実験体の少年と遭遇し、転倒負傷。呆然とする金田たちの前で、彼らは軍の研究所へと連れ去られてしまう。
鉄雄救出のために研究所へ潜入を試みる金田。だが、彼はそこで、過度の人体実験により新たな「力」に覚醒した、狂気の鉄雄を見る・・・。
一方、研究所内の特殊ベビールームでは、実験体の少女が、「最高機密=アキラ」の目覚めを予言。
鉄雄は自らの力の謎に近づくべく、地下深く眠る「アキラ」への接近を開始した・・・。
 (amazonより)

近未来、荒廃した東京、超能力......といった表面的な要素だけでなく、若者と大人の対比の様な、テーマ性を感じられる部分も散見されます。
(個人的には、いかにもSF的なバイクのデザインや兵器群に惹かれるものがあります。)

この映画の見どころといえば、「光が尾を引くテールランプ」に代表される先進的な映像表現!これがまたどれもカッコいい!後進の作品群に与えた影響は大きいのではないでしょうか?
しかし全てをここで語るは無粋、是非皆様のお手に取って確かめて頂きたい......のですが、グロテスクかつ残酷な描写が目立つのも今作の特徴。苦手な方にはオススメできません。口惜しい。

この映画、漫画を原作に持ちます。原作は緻密の正確で美しい線をそのまま映像に持ってきたかのような今作品は、バブル景気ど真ん中の当時でさえ破格の制作費用をかけて作られたと言います。時代なりの古さを感じることもありますが、それを差し引いても、良いものは良い、ということです。
しかし、尺の都合でラストの展開は映画オリジナル。けして原作から破綻するようなものではありませんが......。原作漫画ももちろん名作ですので、気になった方はチェックしてみては如何でしょうか?

さて、ここまでご覧いただきましたが、私、内容をとんと忘れており、本文の正確性を保証することが出来ません。漫画は定期的に読んでいるのですが......。
そんなときでも安心、映画は学術情報センター4階にて取り扱っておりますので、ちょっと観てみようかなという方も、久しぶりに観ようかなという方も、是非ご覧になって下さい。

(学生サポーター:油奴)

2017年11月22日 学生TA |


Categories

新着情報

他ブログ新着記事(3517)

月別アーカイブ

学情情報誌

ガクメンについてのページへ
  • 学情センター情報誌『ガクメン』第5号配布中!!
  • 蔵書検索

    他のブログも覗く

    カレンダー

    2018年1月

      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      

    コメント

    最近のコメント

    Entry Tag

    大学公式HPへ