名古屋学院大学 学術情報センター部(ブログ):名古屋学院大学(NGU)学術情報センターの愉快な毎日を綴っているブログです。 学情のイベントやお知らせなど随時紹介します。

ホーム > 業務日記 > 履修登録

履修登録

大学生活において何より大事なことがある

先日、一年生の履修登録の様子を教室で見ていたら、パソコンをじっと見つめている者、悩んでなかなか決められない者が結構いた

 

履修登録はその後の大学生活に大きく関わってくる

大学生にとって何をどの時間にどのくらいの割合で履修するかは、とにかく大切で

社会人にとって年間休日や残業の有無等が重要視されることと同じだ

 

悩んでいた理由は取りたいと思った講義がことごとく人数制限で登録できないことが多数だった

そもそも一年生の場合、ほとんどは必修科目で埋められている

だから自分で選ぶ講義は空いている隙間時間にとりたい科目、とりやすい科目をうまく持ってくることになるけど

それはほとんど限られている

 

一年生は必修科目が多いし、二年生になればそれなりに自由に選べることもできるから

この仕組みはある程度はしょーがないと僕は思っていたんだけど、

職員や先生の中には履修登録とか時間についてあまり平等じゃないと話していた方がいた

「早い者勝ちだと平等じゃないし本当に受けたいと思っている人が受けられない、

抽選で決めるとか、成績の良い人優先にしたらどうか」

というようなことだった

僕自身、たしかにそっちの方が平等だと思った

履修だけして授業を受けない人はどの講義でも何人かはいるし、本当に受けたいと思っていた人が損をする

二年生以上の人でもネットの接続状況に左右されてしまい希望の科目がとれないことも

 

とはいえ希望する科目があれば、二年目からの履修登録はやろうと思えばスマホからでもやることができて、たいていの人は学外で履修登録するが、

学校の指定の教室でパソコンからネットにアクセスすれば比較的スムーズに登録ができるので

先着順というシステムも悪いものではないと思う

 

とても難しい問題だ(´・ω・`)

 

ある先生が一年生に向けて

「大学というのは高校までとは違い、自分自身で選択をして自ら行動していかなくてはならない

そのために大学はいろんなプランが用意してあり、自由に選択できる」

というようなことを言った

たしかにこの大学には、資格講座、留学制度、クラブやサークル活動、会社説明会など様々なプランが用意されている

でも一年生には満足に履修が出来てなくて選択の段階で身動きがとれない人もいる

かわいそうに・・

 

そんな人たちに言えることはただひとつしかない

一年時の必修科目を落とさないことだ

そうすれば二年以降、希望の科目がうまく取れると思う

 

つまり何が言いたいかというと

何が何でも、死んでも単位をとれ!ということ

まず単位を取らなければ大学生活は始まらない

だから早く単位(特に必修科目)を修得すると楽になれる

 

それでも不満とかなにか心に思うことがあるなら学校や教務課、先生に相談してみると良いと思う

 

Good luck!!(^_^;)

 

 学生サポーター あっきィ

2016年4月20日 学生TA |


Categories

新着情報

他ブログ新着記事(3517)

月別アーカイブ

学情情報誌

ガクメンについてのページへ
  • 学情センター情報誌『ガクメン』第5号配布中!!
  • 蔵書検索

    他のブログも覗く

    カレンダー

    2018年1月

      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      

    コメント

    最近のコメント

    Entry Tag

    大学公式HPへ