名古屋学院大学 学術情報センター部(ブログ):名古屋学院大学(NGU)学術情報センターの愉快な毎日を綴っているブログです。 学情のイベントやお知らせなど随時紹介します。

ホーム > DVD紹介 > 新しい世界(゜-゜)

新しい世界(゜-゜)

みなさんこんにちは
最近のマイブームは小話のカシスオレンジです(>_<)

いやぁ~
今日もとていい天気です
エルニーニョさんもなんのその
猛暑日が続きますね
夏バテ、熱中症には気をつけて
頑張りましょう(^o^)丿

さてさて本日もオススメのDVDを紹介します。


240142fde1.jpg




































       「ショーシャンクの空に」

あらすじ
スティーヴン・キングの『刑務所のリタ・ヘイワース』を映画化したのが本作である。
妻とその愛人殺しの容疑で終身刑の判決を受ける、銀行マンのアンディ。
無実の罪ながら投獄されるが、決して希望を捨てず、自由を得られる明日を信じ続ける。
一方、古株の囚人レッドはそんなアンディに、「刑務所で希望をもつのは禁物」だと忠告する。
アンディとレッドの友情を中心に、ショーシャンク刑務所で生きる男たちのさまざまな人間模様を描いていく。
人生の不条理や悲しみを問いかけながらも、たどり着くラストシーンは見る者の胸をさわやかに、だが強く打つ。
(amazon参照


はいでました(^O^)/
おなじみの
映画は見たことないけど
このポスターは知ってると呼ばれるやつです。


私は、数多くの映画を見た中で
映画って何だろうと考えます。
「これこそ映画だ!!」と思える作品もあれば
時に「あー、時間を無駄にしたなー」と思う映画もあります。
そんなことを繰り返して思ったことは
映画とは、ただの暇つぶしであって娯楽でしかないということです。
そして、その娯楽を楽しむ上で
見終わった後の余韻に浸り
「明日から頑張ろう」と思える映画が最高の映画だと思っております。


その観点から言うと、この「ショーシャンクの空に」は
最高の映画で、「人生って素晴らしい」とさえ思える映画です。


作品内容に触れますと
やっぱりラストの爽快感が、たまらなく
そのラストを目指して伏線を張ったような脚本がお見事です。
脚本が見事なれば、ティム・ロビンスとモーガン・フリーマン
両俳優のそれを上回る名演技
不思議と色んなシーンが印象に残り、心にしみます。


生きる活力が欲しいという方は
ぜひ一度ご覧ください

2014年9月 1日 学生TA |


Categories

新着情報

他ブログ新着記事(3517)

月別アーカイブ

学情情報誌

ガクメンについてのページへ
  • 学情センター情報誌『ガクメン』第5号配布中!!
  • 蔵書検索

    他のブログも覗く

    カレンダー

    2018年1月

      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      

    コメント

    最近のコメント

    Entry Tag

    大学公式HPへ