名古屋学院大学 学術情報センター部(ブログ):名古屋学院大学(NGU)学術情報センターの愉快な毎日を綴っているブログです。 学情のイベントやお知らせなど随時紹介します。

ホーム > DVD紹介 > ペンギンハイウェイ(^^)v

ペンギンハイウェイ(^^)v

みなさんこんにちは最近のマイブームは
読書のカシスオレンジです(`・ω・´)

いやぁ~
祭りの季節ですね~
家の前に山車が近づいて来て
出ようにも出れず
危うく学校を遅刻しそうになり
帰り道は、帰り道で
港祭りの軍団に巻き込まれました。
世は正に夏休み&ハッピーマンデー
海の日恐るべし(-"-)


さてさて本日もオススメのDVDを紹介しましょう。

41VZXH9HE4L._SL500_AA300_.jpg

『皇帝ペンギン -La Marche de l'empereur-』


あらすじ
3億5000年万年前の氷で覆われた南極大陸。マイナス40℃。
時速250kmのブリザードの中、120日間絶食して子供を育てる、皇帝ペンギンの物語。
南極で皇帝ペンギンの生態を追ったフランスのドキュメンタリー。


penguine_photo01.jpg



延々と行進を続けるペンギンたちが、たどり着いた営巣地でパートナーを見つける。
やがて産卵を終えたメスたちは、体力を使い果たし、エサを求めて再び海へ。オスは卵を守りながら、
ひたすら立ったまま2ヶ月。孵化した子どもとともに、メスの帰りを待つ。
どこか着ぐるみの人間のような立ち姿。とことん愛くるしいヒナ。
ペンギンのかわいさを満喫できるが、圧倒されるのは彼らの過酷な生活である。
極寒の大地で、寄り添うように固まって、何も食べずに過ごす。卵が割れて、他者の卵を奪おうとする。
大自然とペンギンの本能の関係には
ただただ目を見張るばかりだ。本作が他のドキュメンタリーより優れているのは、声の名演技にもある。
シャルル・ベルリングら3人の俳優たちが、父、母、子どものペンギンの思いを語り続け
厳しい大自然の世界に、心安らぐ空気を生み出す。このあたりもフランス作品らしい文学的な味わい。


penguine_photo02.jpg


















penguine_photo03.jpg
penguine_photo04.jpg


















(amazon参照)



はい、でました(>_<)
ペンギン好きにはたまらない、ペンギンのドキュメンタリーです。

DVD付属の冊子を見るだけでも
寿命や求愛、子育てなど
皇帝ペンギンの驚くべき生態を知ることができます。
その中でも、一番驚くのは
なんと言っても、卵を温める雄の皇帝ペンギンで
雌の皇帝ペンギンが餌を持って来るまでの約4ヶ月
-40℃の南極で、何も食べずに、ただひたすら待っていることだそうです。
私もそんな我慢強い皇帝ペンギンを見習い
我慢強い人間になりたいと思いました。
というか
生まれ変わったらペンギンになりたいです(^O^)/

2014年8月26日 学生TA |


Categories

新着情報

他ブログ新着記事(3517)

月別アーカイブ

学情情報誌

ガクメンについてのページへ
  • 学情センター情報誌『ガクメン』第5号配布中!!
  • 蔵書検索

    他のブログも覗く

    カレンダー

    2018年1月

      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      

    コメント

    最近のコメント

    Entry Tag

    大学公式HPへ