2017年7月アーカイブ

留学生のおすすめ本、展示中♪

|

梅雨は明けたはずなのに、なんだかじめじめした天気が続きますね。

図書館3階入口に、夏らしい飾りを吊るしてみました!

少しでも涼しげな雰囲気を味わっていただければと思います。

入口飾り.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 さて、6回にわたってお送りしました留学生のおすすめ本ブログ。

みなさんいかがでしたか?

 

今回はなんとブログだけではなく、それぞれ手書きのPOPも書いてもらいました!

 

魔女の宅急便.jpg

グラスホッパー.jpgのサムネイル画像流通の世界.jpg 

 

 

 

仮面山荘殺人事件.jpg何者.jpg不思議な少年.jpg

 

 

 

 

絵もあってわかりやすく、図書の魅力が伝わってきますね♪

しおりん棚.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは曙館3階図書館の『しおりん棚』にて展示中です。

貸出できる図書もありますので、ぜひ足を運んでみてくださいね!

 

(名古屋のスタッフ なっしー)

法学部資料室はこんな場所!

|
こんにちは。学生サポーターの おりぃ です。

みなさんは翼館2階の法学部資料室を利用したことはありますか?
名前は法学部資料室ですが、法学部の学生しか利用できない訳ではありません。
本学の学生であれば、学部関係なくどなたでもご利用いただけます。

法学部資料室の存在自体知らなかったり、
なんとなく入館するのを遠慮されている方もいらっしゃると思いますので、
今回は、法学部資料室がどんな場所なのかを写真でお伝えしたいと思います。

それではいってみよー!

法学部資料室は、エレベーターを降りてすぐ正面にございます。
image01.JPG
開館は平日の9時から20時まで。
image06.JPG
法に関する本を取り扱っています。
image05.JPG
お探しの図書は、備え付けの図書検索用パソコンでお調べいただけます。
image04.JPG
資料をコピーしたい方のために、コピー機も用意しています。
image07.JPG
なお、コピーには10円かかります(A3~B5各サイズ全て)。
ご了承くださいませ。
image09.JPG
個人学習ブースあります。
image03.JPG
プリンタ1台とデスクトップPCも5台用意しています。
image08.JPG
個人的に目玉だと思っているのが、こちらの畳の空間。
image02.JPG
掘りごたつ仕様の資料閲覧スペースですよ!
寛ぎながら過ごせること間違いなし。
※畳で寝たりするのはやめてくださいね!

ということで、大雑把ですが法学部資料室の紹介でした。

近くを通りかかったり、いつもと違う過ごし方がしたいという方は、
是非、法学部資料室を覗いてみてください!

お待ちしております!!


(学生サポーター: おりぃ)

 仮面山荘.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 『仮面山荘殺人事件』 東野圭吾著

  講談社 1995.3

 

 

主人公の高知と婚約者の朋美は、結婚式の一週間前で、朋美は交通事故があって死んだ。


朋美が死んだ3月後、8人の男女が伸彦(朋美の父)の山荘に集まった。


川桂子(朋美の親友)は朋美の交通事故は意外ではない、殺人事件であると言った。


8人間は微妙な雰囲気の中で、人々が自分のことを考えていた時に、二人の強盗を侵入した。


みんなは逃げるために、「SOS」作戦と「停電」作戦をした。


しかし、誰かこの二つの作戦を壊した。この人の目的は何でしょうか。


朋美の死亡は本当にただ意外の交通事故でしょうか?

 

 

(留学生:イン)

作者の伊坂幸太郎さんは『グラスホッパー』が「すごく好きな小説なんです。
今まで書いた小説の中で一番達成感がありました」と言いました。

グラスホッパー.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『グラスホッパー』 伊坂幸太郎 著

 角川書店 2017.6

 

妻が殺され、犯人に復習したがっている「鈴木」、自殺専門の殺し屋「鯨」と、ナイフ使いの若者殺し屋「蝉」、この三人の物語、一体どんな展開がありますか。
この小説の特別なところは、三人の登場人物が代わる代わる語り手を担当しているということです。
この小説は132回直木三十五賞候補作となって、2015年に映画化されました。

 
(留学生:テイ)

魔女宅6.jpg


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それぞれの旅立ち :魔女の宅急便6』 角野栄子 著

 

この本の主要の話は キキという魔女はとんぼという一般人(普通の人間)と結婚した。
キキはとんぼと結婚してから13年経って、子どもも産んだ。
二人の双子で一人は男の子でもう一人は女の子。それから、いろいろなことが起こったりする。
コリコの町の人たちとのいろいろな話が待ってる。今から新しい冒険が始まる。
しかも、この本は読みやすいと私はそう思う。

なぜかというと、この本はちゃんと一話、二話、三話のようにがわけられてるからだ。
それは一話読んでから一旦休憩してまた二話を読み続けても問題がないし、読みたい気分になったら、気楽に読める本と思う。
内容的にも重たくはなくて、軽くゆっくり読める本だと私はそう思う。

  

(留学生:ジュタマス)

不思議.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不思議な少年』 マーク・トウェイン作 ; 中野好夫訳

 

キリスト教への不信と人間に絶望を現し、アメリカの有名な楽天主義の作者マーク・トウェインが書いてあった晩年の作品です!

不思議な力を持っている美少年と16世紀のオーストリアに住んでいる三人の少年に出会いました。
美少年の名前はサタンですけど、悪魔ではなくて天使だそうだった。
天使のサタンにとって、人間はすごく変な生き物で、彼は理解できない行為や考えがたくさんありました。

中世の人々の生活についての批判と世の中に対しての哲学を簡単なことばで表現していた。ペシミズムについて何も分からない人もすぐ理解できるように書いてある内容です。

短篇小説ですから、いつでも気楽に楽しめます。

哲学が好きな人には読んでほしい本です!

名作を読みたい人も是非この本を読んでください!

 

(留学生:セキ)

流通の世界.jpg 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

のぞいてみよう流通の世界』 流通科学研究会編

 
『のぞいてみよう流通の世界』という本は流通についての内容だけでなくマーケテング、経営などのないようも含めています。流通、マーケテング、経営について企業の事例で説明しているのでいろいろな企業の流通の方法、マーケテングの戦略について私たちが分からなかったところまで詳しく説明しています。


特に日本の企業の事例で説明しているので日本の企業の流通の状況も分かりました。

日常生活と関連して流通、マーケテングを説明しているので分かりやすく読むことができます。

 

(留学生:ウンジン)

何者bunko.jpg


 


 

 

 

 

 

 

 

  
何者』 朝井リョウ著


今学期、朝井リョウさんの作品『何者』という小説を読みました。

「何者」という映画のきっかけに、原作を知りました。

 

朝井リョウさんは『何者』で第148回直木三十五賞を受賞しました。

直木賞史上初の平成生まれの受賞者で、男性受賞者としては最年少です。

 

『何者』は朝井リョウさんは初めて営業の新社員として仕事しながら、

通勤前と帰宅後に書いた作品です。

 

以上のことで、『何者』の特徴を決めました。一つは、「若者の文学」です。

本の最初の部分は登場人物を紹介しました。

でもそれは普通の紹介ではなく、ツイッターのプロフィールのように書かれました。

登場人物の名前や趣味が分かれるとともに、今の状態もインターネットで表れたイメージなども分かれます。すごい斬新だと思います。

そして、小説の中に、若者たちの間に、新しい社会手段も触れました。

毎章の前後、必ず人物の最近ツイッターした内容を載せて、結末もツイッターに関係が大きいです。

 

もう一つは、「真実の生活」です。生々しい表現で『何者』の世界観を作られました。

就職が終わった人はたぶん懐かしい感じをすると思います。

まだ就職していない私にとって、それはいつか起これそうなことです。

ちょっと怖くて、心構えをしておきたくなりました。

  

(留学生:ウゼン)

梅雨が明けて、本格的な夏になりましたね!

最近はセミの大合唱で目が覚める毎日です。

 

さて、栞輪ブログでは明日から6回にわたって、留学生からのオススメ本を紹介します!

どんな本が紹介されるのか、ぜひぜひチェックしてくださいね♪

 

また、7月末~9月末に白鳥学舎曙館3階図書館『栞輪棚』コーナーにて

ブログで紹介された『留学生のオススメ本』の展示を行います!

 

そちらは準備ができましたら、このブログでお知らせしますので見に来てください☆

貸出のできる図書もありますよ~!

 

********

 

栞輪ブログでは、図書館の学生サポーター以外の学生でも

「こんな面白い本があるよ!」「ぜひ皆に読んでほしい!」など、

あなたのオススメ本を紹介することができます♪

 

3階図書館カウンタにて「栞輪ブログの記事を書きたい!」声をかけていただくか、

栞輪棚の横にある紙に書いてください。お待ちしております!

 

(名古屋のスタッフ なっしー)

やめられないことってありますか?

|

皆さん、こんにちは!

学術情報センターサポーターのマロンです!

 

皆さんはスマホをずっと見てしまっていたりお酒を飲みすぎてはいませんか?

もしかしてそれは依存症なのかもしれません。

 

依存症とは些細なきっかけから陥ってしまい、例えばお酒やたばこなど、日常生活に溶け込んだ習慣でも心の持ち方によっては依存症に繋がってしまいます。そして最悪の場合、人生をだいなしにしてしまいます。

 この本にはそんな依存症(具体的には携帯やお酒、覚せい剤など幅広く書いてあります)に陥ってしまった人の経験談が書かれており、より依存症の危険を感じることができます。

さらにこれは依存症では!?という診断や依存症の治し方まで載っているので少しでも当てはまる人は読んでみてはいかかでしょうか?

 

自分の人生をダメにしないためにも知識をつけてみましょう!

依存症のすべて : 「やめられない気持ち」はどこから来る?


(学生サポーター:マロン)

オタク市場の研究

|

んんwww申し遅れました拙者世間一般で定義されるオタクの伊藤でござるwww

......最近ではこういったステレオタイプのオタクも少なくなりましたねぇ。

 

さて、何とも言えない前置きはさておいて今回ご紹介させて頂く本はこちら

オタク市場の研究

 

さて私自身この本が出版された年代、今から15年程前にオタクになった人間ですので、正直オタクを取り上げたメディアはあまり好みません。ということで本棚の中でこの一冊と目が合ったときも無視してきましたが、黄色い背表紙からかやけに視界に入ってくる為、今回取り上げることにしました。

 

とは言え目を通してみれば市場の研究という題名通り、マーケティングや時代背景等を丁寧に書き記し、また様々なジャンルのオタクについての紹介もイロモノや珍獣を扱うようではなく、キチンと経済的、論理的観点から記述されていました。

 

十年ほど前に発行された図書ですので現代と比べて些か古さはありますが、アニメやマンガ、PCや鉄道にカメラ等々の「オタク市場」についての論文を作成したい方におすすめの1冊となっております。

 

以上、オタクのジャンルとしては特撮オタクや映画オタクの伊藤でした。


(学生サポーター:伊藤)

 

 

あの頃の青春を思い出してみよう

|

皆さんこんにちは!

学術情報センターサポーターのマロンです!

 

皆さんは大学生活はEnjoyしていますか?

季節は夏になり、暑くなり、「学校に行きたくない」なんて思う人もいるのではないでしょうか。

そこで今回皆さんに紹介したい本は青春だった高校時代のことを思い出させてくれる本です!

 4883810674_01__SCMZZZZZZZ_.jpg

 

 

 


先生と私


高校2年の女子生徒の直はある時、恋をした。何とその相手は直が通っている高校の体育教師だった。

生徒と先生との禁断の恋。果たして2人はどうなるのか!?

学校の友達のこと、勉強のこと、部活のこと、そして恋のこと。高校時代の青春の全てがこの一冊に詰まっている!

学校がこんなにも楽しい所なんだと改めて分かる本です。

 

学校にめんどくさくて行きたくないと思っている人は是非この本を読んで学校の楽しさを思い出してみましょう!

きっと楽しいことがたくさん待っていると思います。


(学生サポーター:マロン))

忙しい人のための「我が闘争」

|
こんにちは。学生サポーターの おりぃ です。

アドルフ・ヒトラーと言えば、第二次世界大戦中のドイツを率いた人物として有名ですが、
彼が獄中で書いた本『我が闘争』を読んだことがある人は案外少ないかもしれません。

彼のユダヤ人に対する考えがよく分かる書籍なのですが、
まんがで読破シリーズでも、この『我が闘争』は描かれています。

わが闘争.jpg

30分もあれば読破できるが故に、
原作を要約して描かれていることには注意が必要ですが、
大雑把に内容が分かればいい。という人には適切な本かと思います。

予備知識として読んでおくと、戦時中のドイツを舞台にした映画を観るときなどに役立つかもしれません。

時間はないけど、ざっと内容は知っておきたい......。
そんな方にまんがで読破シリーズはおすすめです。


第一次世界大戦敗戦後のドイツで、国民の圧倒的支持を得たアドルフ。
その彼が持つカリスマ性を覗いて見ましょう。


(学生サポーター: おりぃ)

ナゴヤドームで・・・

|

皆さん、こんにちは。

突然ですが本を読むのは好きですか?

好きな人もいれば嫌いな人もいるかと思います。

しかし本を読むのが苦手な人でも読みやすく、そして面白い本(個人的に)を紹介したいと思います。

4591150879_01__SCMZZZZZZZ_.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナゴヤドームで待ちあわせ』という本はタイトルの通り中日ドラゴンズに関係するように5つの物語が書かれていてどれも比較的短く短編物語が終わるので誰にでも読みやすく、そして野球が好きな人は特に読みやすいのではないでしょうか。

 

本を読むことは文章の読解力や速読の能力向上にも繋がるので少しずつでもいいので本を読んでみましょう。

他にも野球関係の本やそれ以外の本も大学の図書館には数多くあるので一度、立ち寄って本を読んでみてはいかがでしょうか?

 

以上、学生サポーターのマロンが現場からお送りしました。


(学生サポーター:マロン)

日本人の9割は......

|

 

どうも。学術情報センター学生アルバイトの伊藤です。本ブログを閲覧していただきありがとうございます。今後も皆様方に本が好きになる、または有意義な情報を発信できるように誠心誠意努めていきます。

 

......とまぁ今回は堅苦しく丁寧な挨拶から始めましたが、なぜ今回に限って真面目な自己紹介から始めたのか。それは今回紹介する本に深い関係があるからです。

日本人の9割は正しい自己紹介を知らない:世界基準の仕事プロトコールの教科書

 

この題名を目にして「おいおいなら今までの自己紹介は間違っていたのかよ......」と思われる方も多くいらっしゃると思いますが、ご安心してください。過ぎたことです。

ゼミやサークル、部活やアルバイトに就職活動。多くの場面で必ず行われる自己紹介ですが、ひょっとしたら間違っていた。と言うよりは自分の意志や意図が正しく相手に伝わっていなかったかもしれません。

しかし皆様は大学生。改善し、来るべきに時や場に備えることが可能です!

 

是非、このビジネスマンの新たなるバイブルと言うべきこの1冊を読んで正しく相手に伝わる、自分をPRできる自己紹介を身につけてはいかがでしょうか。

 

以上、ビジネスマンのバイブルは島耕作だと思っていた伊藤でし......いや今の島耕作は大学生だから、島耕作シリーズは大学生にとってのバイブルでもあるのか......?

......以上。学生サポーターの伊藤でした。


(学生サポーター:伊藤)

 

違った視点から世界を知ろう!

|

突然ですが皆さんはトイレの構造や数、形などをきにしたことがありますか?

人は一生のうち3年間をトイレで過ごすと言われていますが私は正直まったく気にしたことがありませんでした。

 

しかし世界のトイレには様々な種類があり、それを理解することでその国の特徴や文化までも分かることができます。

また世界にはトイレすらないスラムの国など貧しいところが数多くあり、トイレから現代の貧困問題についても知ることができます。

 

世界に興味がある方、世界について分かることができるのは何も建物や食べ物だけではありません。

一見、何も分からなそうなものでも深く突っ込んでいけば分かることもあります。

 

これをきっかけに皆さん、世界の国の特徴や貧困についていつもとは違った視点から学んでみませんか?

トイレの話をしよう : 世界65億人が抱える大問題

以上、長くなってしまいましたがオススメ本の紹介をさせてもらいました!

 

(学術情報センターサポーター マロン)

現代の貧困問題

|

皆さん、こんにちは!

学術情報センターサポーターのマロンです!

 

今回、皆さんに紹介したい本は『子どもと貧困』という現代の貧困問題を描いた本です。

『子どもと貧困』


現代の日本の子どもの貧困率は16,3%で過去最高を更新しており、もはや見過ごせない大きな問題となっています。

貧困についてはもちろん、今の社会の現状についても知ることができます。

 

是非読んでみてはいかかでしょうか?


(学生サポーター:マロン)

「めんどくさい」をなくしたいあなたへ

|
みなさんこんにちは~

最近また自己啓発系の書籍を連発してピックアップしております!

余談ですが、私はブログの質を上げるためになるべく本を熟読してからご紹介することを心掛けております。

ほんの小さなことでも「プロフェッショナル」な意識を持って取り組むことでその先が変わってくると思います。

ですから、みなさんも「学生」や「読者」の「プロフェッショナル」として、こういった自己啓発系の書籍を読まれた後には、じっくりと内容を吟味して、自分に取り込めるものは取り込んで、是非とも「実践」をしていただきたいです。

そして、「実践」をしてみて著者に同意できる点とそうでない点があると思います。

それらを考察することによって、より優れた「自分らしさ」を見つけられると思います。


ということで、すぐにでも「実践」できる著書をご紹介したいと思います。

僕も大のめんどくさがりなので、なるべく「効率」の良い方法を探そうとします。

しかし、それは機械にとっては得意でも、人間にとっては苦手なことでもあります。

ではそれを如何に克服するか。

知りたい方は↓

IMG0016.jpg


(Student Supporter: Hoon)

ビブリオバトルを開催しました!

|
こんにちは。学術情報センター学生サポーターの おりぃ です。

7月5日13時30分より、学術情報センター4階セミナールームにて、ビブリオバトルが開催されました!

image1.JPG
ビブリオバトルは参加者(バトラー)が本の紹介をするイベントです。
聴講者はバトラーの発表を聴いて、最も読みたいと思った本に投票します。
バトラーは1人でも多くの人から票を集められるよう、本の魅力を伝えます。

image3.JPG
今回は5人のバトラーにより、5冊の本が紹介されました。

image2.JPG
持ち寄った本を各々が5分間熱心に紹介されました。

見事チャンプ本(優勝した本)に選ばれたのは、

image4.JPG
伊藤さんがご紹介された、

カラスの教科書です。

おめでとうございます!!

優勝者の伊藤さんに、この勝負を勝ち抜いた秘訣を訊いてみました。

伊藤さん「(優勝できたのは)カラスのおかげです」

これはもう......『カラスの教科書』、読むしかないですね!

ビブリオバトルは年内にまた開催されます。
これを読んでいる方々も、気軽に参加してくださいね!


(学生サポーター: おりぃ)

マナーを身につけよう!

|

皆さん、こんにちは!

学術情報センター学生サポーターのマロンです!

 

突然ですが、、

あなたは今のまま社会に出て、きちんとしたマナーで人と接することができますか?

そもそもこのまま就活を迎えても大丈夫ですが?

 

今の自分のマナーが正しいのか自信がない人におすすめしたい本がこちら!

おつきあいのマナー新事典』(3階図書館、370の教育コーナーにあります!)という本で、メールや会話などのマナーや上手に自分の気持ちを伝える方法など、マナーに関することが盛りだくさんであなたのためになること間違いありません!

 

この本の他にも、マナーに関する本がたくさん置いてあるので是非読んでみてくださいね!


(学生サポーター:マロン)

宇治拾遺物語

|

みなさん、こんにちは。

 

突然ですが、人を心の底から恨んだことはありますか?

タイトルにも書きました、この宇治拾遺物語の説話のひとつに、人を恨み死んだ者が、鬼となり自己の恨みをはらすという物語があります。

 

わずか2ページばかりの話ではありますが、この鬼がどういった思いで400年もの長い時間を過ごしてきたのか、、、

 もし興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

 

宇治.jpgのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宇治拾遺物語 十訓抄」 小学館 2007

 

 

(学生サポーター: タケヒロ)

『スポーツと栄養』展 開催中

|

只今、瀬戸キャンパス図書館では、

『スポーツと栄養』をテーマに展示を開催中です!

IMG_0275.jpg

アスリートはもちろん、

ジムに通う人や筋トレが習慣の人、部活でスポーツを楽しんでいる人、

学校の体育授業を受ける学生や、それを指導する先生、など

様々な立場で必要となる栄養学の知識とは何か...?に答える本を揃えています☆

ランニング

また、体力作りに欠かせないランニングと栄養の密接な関係について、

「走るための食べ方」を教えてくれる内容の本もあります。

これからランニングを始めようと思っている方必見☆!!

体質改善効果のUPが期待できる「食事のコツ」が、得られるかもしれません!

 


その他、アスリートとして活躍するスポーツ選手の食事に焦点を当てた本も数冊展示しています。

アスリート

その中で、スポーツ選手の管理栄養士として活躍されている「石川三知さん」の本を新着図書として揃えました!

フィギュアスケートの高橋大輔選手も絶賛する彼女の食事指導は、私達の普段の食事にも当てはまることがいっぱいあります。

選手たちの活躍の裏側にある食事の秘密に迫るとともに、ご自身の普段の食事を振り返るきっかけにされてみてはいかがでしょうか。

レシピ

簡単なレシピが掲載されているものもありますので、すぐに実践できますよ★

 


スポーツ・健康・栄養を勉強する方にはもちろん、

普段の食生活を見直したい方、いつも図書館で勉強を頑張る方、などなど...

「食べる」ことがもたらす体への大きな影響を、今回の展示でたくさんの方に知って頂けたらと思っています。


展示期間:2017年7月~9月
場所:瀬戸キャンパス図書館 2階

 

(seto staff:kaori)

仕事は楽しいかね?

|
こんにちは。学生サポーターの おりぃ です。

Windowsを生んだビル・ゲイツや、iPodを生み出したスティーブ・ジョブズを知らない人はいません。
彼らは成功者の代名詞でもあり、人々はそんな憧れの偉人から少しでもヒントを得ようと、彼らに関する本は飛ぶように売れます。

誰だって仕事で成功を収めたいものなのです。
どうせならお金に余裕をもって生きていきたいですし!

でも、かのスティーブ・ジョブズの名前を聞かされて思いませんか?

「だって、俺、スティーブ・ジョブズじゃないもん」

彼には特殊な才能があって、成功のために欠かせない運や環境に恵まれていたから...云々と考えてしまいがちだと思います。
きっと生まれながらに成功という贈り物を神様から授かっていたのだと。

でも、その考えこそが成功できない所以なのかもしれません。

もし、彼らの成功を「天才だから」と一言で片付けてしまう人は、この本を読むと良いかもしれません。


仕事 = 楽しくない
と考える人は、思わず手にとってしまうタイトルですよね。

本の内容を、大雑把に言ってしまえば、
仕事に行き詰っている会社員が、空港で出会った老人に仕事で成功をつかむためにすべきことを教えてもらう。という内容です。

人が気付かないような、仕事への考え方がたくさん出てきて、
このじーさんすごいなあ。と脱帽です。

この本の作者の実話をもとにしているのかと思いきや、
残念ながら、どうやらこの老人は架空の人物なんだそうです。

それでは最後に、この本を読んで、思わずハッとさせられたフレーズをご紹介します。

「遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る」

この言葉は仕事だけでなく、人生に対しても当てはまる言葉に思えて、ドキッとさせられました。
この言葉の真意は......ぜひ本書をお読みになって確かめてみてください!


(学生サポーター: おりぃ)
栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索