あなたは「何者」ですか? ~留学生のおすすめ本~

| | トラックバック(0)

何者bunko.jpg


 


 

 

 

 

 

 

 

  
何者』 朝井リョウ著


今学期、朝井リョウさんの作品『何者』という小説を読みました。

「何者」という映画のきっかけに、原作を知りました。

 

朝井リョウさんは『何者』で第148回直木三十五賞を受賞しました。

直木賞史上初の平成生まれの受賞者で、男性受賞者としては最年少です。

 

『何者』は朝井リョウさんは初めて営業の新社員として仕事しながら、

通勤前と帰宅後に書いた作品です。

 

以上のことで、『何者』の特徴を決めました。一つは、「若者の文学」です。

本の最初の部分は登場人物を紹介しました。

でもそれは普通の紹介ではなく、ツイッターのプロフィールのように書かれました。

登場人物の名前や趣味が分かれるとともに、今の状態もインターネットで表れたイメージなども分かれます。すごい斬新だと思います。

そして、小説の中に、若者たちの間に、新しい社会手段も触れました。

毎章の前後、必ず人物の最近ツイッターした内容を載せて、結末もツイッターに関係が大きいです。

 

もう一つは、「真実の生活」です。生々しい表現で『何者』の世界観を作られました。

就職が終わった人はたぶん懐かしい感じをすると思います。

まだ就職していない私にとって、それはいつか起これそうなことです。

ちょっと怖くて、心構えをしておきたくなりました。

  

(留学生:ウゼン)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: あなたは「何者」ですか? ~留学生のおすすめ本~

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/6297

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ