怖い絵本

| | トラックバック(0)

こどもスポーツ教育学科が新設され、瀬戸の図書館には絵本が配架されました。

絵本ってカラフルだし、カワイイ絵が載ってるし、内容も楽しいし、

大人が読んでも面白いものがたくさんあるんですよね♪

 

が、しかし・・・。

たまたま白鳥キャンパスから来ていたスタッフさんに教えてもらったのですが、

怖い絵本もあるんですねー。(>_<)

それもそのハズ。文を書いたのがホラー作家の京極さん。

日本の古い民家での物語を描いているのですが、

その雰囲気にピッタリな暗~いタッチの絵。

 

 

『いるの いないの』 <京極夏彦/作 ・ 町田尚子/絵>

 

「まぁ、怖いっていっても所詮絵本だしー。」

なんて舐めて読んでみたら、

最後のページで

「ギャーーーーーッ!!!」

って叫びました。(あ、心の中でです。笑)

 

それにしても、数ページで物語を作り上げてしまう絵本作家さんてスゴイ。!(^^)!

 

 

(瀬戸のスタッフ : かりんとう)

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 怖い絵本

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/5128

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ