本との再会

| | トラックバック(0)
休みに入ってしばらく経ちますが、みなさんはどのようにお過ごしですか?
私はのんびり過ごしたり、出掛けたりと、色々なことがしたいと思うけれど、図書館にいると、やっぱり本が読みたいなあと思います。
普段読まないような本も読みたいと思っていたら、こんな本を見つけました。


心と響き合う読書案内.jpg

心と響き合う 読書案内』 小川洋子 PHP新書

著者が選ぶ、未来に残したい文学を紹介し、本を読む喜びを伝えようという本です。
もともと2007年7月から始まった「Melodious Library」(TOKYOFM)というラジオ番組で放送されたもので、1年間の放送内容が季節ごとに章立てされています。

「人間が虫になることよりも、さらに不気味な不条理を描いている『変身』(カフカ)」


基本的にこういった紹介本はあまり好きではないので読まないのですが、カバー折り返し部分に書かれていたこの紹介文に惹かれて手に取ってみました。

というのも、本文で著者が述べているように、私も以前『変身』を読んだときは虫の描写がリアル過ぎてその印象しかなかったのです。当たり前だけど自分では見えなかった意味もあって、もう一度ちゃんと読んでみようかな、という気にさせられました。
ほかにも、昔読んだときの感動が思い起こされるような感覚に、また読みたいと思う本がいくつか・・・

新しい本を探さなくても、時が経って自分が変わって、きっと新たな視点で読めたらそれもまた新鮮な気分を味わえるだろうなと思います。
学生サポーター、myuでした。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 本との再会

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/5075

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ