食うだけが仕事じゃない。

| | トラックバック(0)

夏の季節は、私はアイスばかりを食べています。

 

腹が冷えるとか、体重が増えるとか関係なく食べています。

(弱冠、いや、かなり気にしてるかなww)

(つい、見栄えを張ってしまった!!いかん!いかん!)

 

この↑と葛藤しながら時には「食い、時には食うのを制止」の行為

を繰り返しながら過ごしています。

 

そんな中、ふとこの本を読んで気づかされました。

木村さんりんご.jpg

 

 

木村さんのリンゴ 奇跡のひみつ」という本です。

 

この本は、木村さんが無農薬のリンゴの栽培に挑戦する話です。

無農薬のリンゴは、虫害が食物の特有の病気が発生しやすく、対処するのにかなり

手間がかかる農業です。

そんな、困難に挑みながら無農薬のリンゴの栽培に成功を成した男の物語です。

 

この本を読んで、気づかされたことは、おいしいものを作ることは簡単ではないことです。

現代において、食品の販売は効率になりました。冷凍食品や既製が増えています。それによって、

販売の流通は幅広くなり、今の私達の食卓に並べられています。

 

しかし、食品の流通が効率になるにつれて私達は"大切なもの"を忘れています。それは、

食品を作った者への感謝です。食品をつくつるまでには、長い課程があります。農業の人が汗水を流しながら、野菜か果実を作っています。その次に販売されますが、食の安全を点検する者もいます。色んな人の行動があって私たちは食べていけるのです。

 

食べるまでの行為につなげてくれた感謝と、おいしい食品をつくっていただいた方は偉大なんじゃないかなと気づかされました。

 

以上です。

学生サポーター ルチル

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 食うだけが仕事じゃない。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/5063

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ