暗号のワルツ(^・^)

| | トラックバック(0)

みなさんこんにちは(^o^)/

毎日がスラップスティックのカシスオレンジです。

 

いやぁ~

最近たこ焼きパーティーというものに参加しました\(^o^)/

タコが高くて、結局ウィンナー焼きでしたが、美味しく楽しかったです。

興も進み、お酒も回り、いい心持になっていた

ちょうどその頃、ある一人が

「そういえば、先週別れたわ~」との一言

えーーー\(゜ロ\)(/ロ゜)/と驚く間もなく、その一言を口火に

「私も、最近別れた~」との二言こと

そんなこともさもありなんなーと^_^;

事も無げに思っていると

また、ある一人が、険しい顔つきで

「俺、今日別れた」との三言で

私は、心の中で叫びました

「なんて日だ!」と

そして、ゆっくりと口を開き言いました

「なぁに~、やっちまったな、男は黙って、詳しく」と

後日、終電を逃したのは言うまでもない。

冬の訪れですかね

みなさんもタイムスケジュールには気をつけてください。

 

さてさて話が長くなりましたが

本日もオススメの本を紹介しましょう。


占星術.jpgのサムネイル画像














             

 

 『占星術殺人事件』    島田荘司著

 

<内容紹介>

密室で殺された画家が遺した手記には

6人の処女の肉体から完璧な女=アゾートを創る計画が書かれていた。

彼の死後、6人の若い女性が行方不明となり肉体の一部を切り取られた姿で

日本各地で発見される。事件から40数年、未だ解かれていない猟奇殺人のトリックとは!?

名探偵・御手洗潔を生んだ衝撃のデビュー作、完全版!

2011年11月刊行の週刊文春臨時増刊

「東西ミステリーベスト100」では、日本ミステリー部門第3位に選出。

(amazon参照)


はい、でました

社会派推理小説の大きな流れを変えた

トリック重視の新本格ミステリーの

歴史的傑作です。


この小説の一番の特徴は

作中に二度も、読者への挑戦と挿入があることです。

特に終盤二度目の

「読者は完璧以上の素材を得ている。

   また謎を解く鍵が非常にあからさまな形で

     鼻先に突きつけられていることもお忘れなく・・・」

の挿入部分は

読んでいて、「わかるかい!!」と少々匙を投げまくりましたが

この、真正面から作者と知恵比べでができるのは

新本格ミステリーならではの特権ではないでしょうか。

 

ちなみに私は、悲しいことにトリックを

『金田一少年の事件簿』の流用を知っていたため

なんとなく察しがつきましたが

これまた悲しいことに、犯人が完全にハズレました。

o(><)oクヤシイノ~

 

この作品しかり、御手洗シリーズ作品は、最後の最後まで謎が解かれません

本当に最後の少ないページで

膨大な謎が解かれるので、思考が追いつかず

ブラックアウトしそうになるほど衝撃があります。

だがしかしバッド

読了後、この衝撃をもう二度と味わえないと思うと

至極贅沢な衝撃間違いないです。

他にも『斜め屋敷の犯罪』『異邦の騎士』は正直ハイレベルなミステリーで

読者の想像力の範疇を超えた楽しさです。

 

序盤の手記が長い・・・

時代設定、トリックが古い・・・

タイトルがださいなど・・・

批判はあると思いますが

時代を超えて愛される名作です。



著者からの挑戦を受け取りたい方はぜひご一読を

 

(名古屋のサポーター カシスオレンジ)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 暗号のワルツ(^・^)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/4527

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ