影響力の武器

| | トラックバック(0)

スーパーに行くと「1ついかがですか?」と

試食できるコーナーがあります。

その親切心が嬉しくて、ありがとう!と一口。

食べてみるとこれがおいしい!

ぜひ1つ買って帰ろうと、買った瞬間、

商品を売っている人は「しめしめ」と思っていることでしょう。

 

本来買う予定になかった商品でも、

なぜかそのような体験をしているうちに、

購入したくなる気持ちが湧いてくる。

試食というアクションが何らかの

影響力を持っていたのです。

 

断ると悪い気がして・・・

親切にしてもらったのに悪いよ・・・

 

そんな善意につけこんで影響を及ぼしてくる人たちの

武器を解明したのが、『影響力の武器』という本。

もちろん腹黒くない人もいますが、

そういう人たちも知らないうちに使っている影響力を解説。

『影響力の武器 : なぜ、人は動かされるのか』 

 

私たちは一見合理的に自分で考えて判断しているようで、

実のところ周りの影響に強く動かされているのです。

 

影響を及ぼす要素には大きく6つあり、

・返報性

・コミットメントと一貫性

・社会的証明

・権威

・好意

・希少性

これを読んで人間不信に陥らないでくださいね♪

用法用量は正しく用いてください。

 

(名古屋の学生サポーター:けんけん)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 影響力の武器

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/4449

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ