今日はハロウィーンですね

| | トラックバック(0)

ハムレット.jpg

ハムレット』 ウィリアム・シェークスピア/著


10月29日(月)の中日新聞夕刊「紙つぶて」、読んでみましたか?
『ハムレット』について面白い記事が掲載されています。


  「 いったいどの季節に設定されているのか?? 」


読めば寒い季節だということは伝わってきていたので、
ただ単純に冬だろう、とずっと思っていました。

が!そんなに単純なものではなかったようです。

最初の場面で登場する衛兵"マーセラス"。
彼の名前がヒントです。

"マーセラス"は、ラテン名で聖者マルケルスを意味し、
その祝日は10月30日なんだそうです。
つまり、翌日は10月31日ハロウィーンで...
と、暦を舞台の日にちに当てはめてゆくと、
死者である父王がハムレットの前に現れるぴったりな
日取りだと読み取ることができるのです。

当時の観衆たちにとっては、"マーセラス"の名前で
すぐにそこまで了解できたよう。
世代の差を感じます。

もう少し詳しく知りたい方は、ぜひ中日新聞にあたってみてください。


(栞)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 今日はハロウィーンですね

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/2814

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ