いのくまさん

| | トラックバック(0)

刈谷市美術館に開催中の猪熊弦一郎展「いのくまさん」に行ってきました。

猪熊弦一郎さん(1902-93年)は、ニューヨークや、パリ、ホノルル、日本などを

拠点として活動された洋画家です。また百貨店の三越では、現在も猪熊さんデザインの包装紙と紙袋が使われています。

 

猪熊さんの作品は、色使いもデザインもみていると気持ちがハッピーになるものばかり。「とり」や「ねこ」、他にも動物モチーフの絵もたくさんあり、なごみました。

 

会場は、詩人の谷川俊太郎さんのことばが案内してくれました。その元になっているのがこちらの絵本。

 

いのくまさん2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

いのくまさん

谷川俊太郎著

 

鑑賞のあとは、美術館のすぐおとなりにあるお茶室で、

展覧会をイメージしたおまんじゅう「ねこさん」とお抹茶をいただきました。

 

ねこさん.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

かわいい!!

でもパクパクっと食べましたよ。

 

猪熊さんが少年期を過ごした香川県丸亀市にある

「MIMOCA丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」については。

こちらの本にすこし紹介されています。

 

 

絵本美術館のある旅.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

絵本美術館のある旅

 

 

(なごやのスタッフ 春)

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: いのくまさん

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/2809

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ