本の洞窟 + 育つ本棚

| | トラックバック(0)

 

京都で不思議な本棚を発見しました。

 

 

本棚6.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本棚4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 京都造形芸術大学のエントランスラウンジで開催されている

 

企画展「伊東豊雄:Cave of Books(本の洞窟)」

 

本棚の設計は 建築家の伊東豊雄氏、

そこに並ぶ図書の選定は、ブックディレクターの幅 允孝氏

 

 

本棚3.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに、この本棚のおもしろいところは、みんなで

この本棚を育てているところです。

自分の持っているおススメの本を持ってきて、

カードに 次に読む人へ メッセージを書き、

この本棚の好きな場所に置くというもの。

 

貸出はできないのですが、ラウンジにあるカフェで

読むことができます。

 

この企画は830日(木)まで。

 

夏休み、京都に行かれる機会がありましたら、

北白川まで足を伸ばしてはいかがでしょうか。

 

あと、この大学で目をうばわれたものが 2つ

 

1つめ:大学のエントランスに巨大なかさ

 

傘.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2つめ:キャリアセンターのおしゃれなサイン

 

 

Career.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが、芸大だと思いました。

 

(名古屋のスタッフ そら)

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 本の洞窟 + 育つ本棚

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/2611

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ