久しぶりに「ド真ん中」

| | トラックバック(0)

(みーんみんみんみんみん・・・ツクツクオーシツクツクオーシ・・・)

 

暑いんだか、涼しいんだか・・・よく分からない日が続いていますね~。

周りがバタバタと風邪で倒れていますょ。

しかし、それでも元気一杯のまめこです!!

 

本日、久々にまめこのお気に入りBOOKをご紹介しますょー。

 

じゃじゃんっ

 

 

喜多喜久さんのラブケミストリーです。

「このミス」大賞優秀賞受賞作品です。

 

主人公は大学院修士2年生の男の子。

偶然にも今のまめこと同級生なんです。

主人公の彼は有機化学を研究していて、ものすごい才能を持っているんです。

しかし、とあることをきっかけにその能力が・・・(いわゆるスランプですね)

まぁ~きっかけというのもみなさん予想の範疇でしょう。

あえてココでは触れません。

そこに登場したのが透き通るような白い肌の持ち主で、絶世の美女。

彼女は自分が死神で、彼の能力を取り戻す手伝いをしに来たと言う・・・。

 

有機化学という現実世界と死神をいうファンタジー世界の融合。

ここがまめこのお気に入りポイント。

たまらないですね~。何!?化学オタクがファンタジーと同居できちゃうの!!?って辺りが。

 

オチ(話の結末)もなかなかまめこ好みでした。

寝るのも忘れて読み続けてしまいましたょ。

数年前にヒットしたドラマ「オレンジデイズ」とはまた違いますが、

こういうキャンパスライフも良いかもっ♪なんて思ってしまったり。

 

 

さ~て、主人公くんも自分の研究頑張ってたし・・・

まめこもこの夏は最後の追い込みに向けて準備せねばぁ~!

と、意気込んでいるまめこでした。

 

 

 

(名古屋の学生まめこ)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 久しぶりに「ド真ん中」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/2018

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ