甘い香りのする本

| | トラックバック(0)

 

 

流しのしたの骨P.JPG

 

流しのしたの骨江國 香織 著

 

小さい頃から、食べものの登場する本がすきだった。

『ぐりとぐら』のおっきなカステラ、

『エルマーのぼうけん』でワニのしっぽにくくりつけたたペロペロキャンディー、

『ふしぎなかぎばあさん』がカギっ子に作ってあげるフライパンいっぱいのハンバーグ・・・etc

 

 

食いしん坊のわたしは、ストーリーよりもおいしそうなご馳走のシーンがいつまでも心に残っている。

 

 

さて『流しのしたの骨』のお話。

ちょっと怖いようなタイトルだけど、ホラーでもなんでもない。

3姉妹と1人の弟がでてくる風変わりな家族の物語だ。

でもどこの家族も他人から見たら、ちょっとくらいおかしなところはあるわけで。

だから、こんな家族もあるんだろうなあと、少しだけ他の家庭を覗き見しているような気分になる。

個人的には、主人公の三女 こと子の恋人 深町直人がとても好きだ。

 

 

そしてこの小説には、なんといっても美味しそうな食べ物たちがたくさん登場する。

小川軒のレーズンウィッチ、洋菓子舗ウエストのドライケーキ、さまの最中、精養軒のマドレーヌ。

実在するお店のお菓子やメニューがでてくるので、

ますますどんなお店なのか、どんな味なのかが気になってしまう。

そこで東京旅行の際に、銀座の老舗フルーツパーラー千疋屋に行ってみた。

 

 

物語の中では、こと子と恋人と弟の律くんの3人で千疋屋に訪れる場面がでてくる。

3人は、それぞれ、3色ババロア、メロンパフェ、グレープゼリーを頼んでいた。

わたしが頼んだのはフルーツパフェ。

ああ、ここにあの小説の中の3人も来たんだなあと思うと感慨深くて(実際は来てはいないのだけど)、パフェの美味しさもひとしおだった。

 

(名古屋のスタッフ 春)

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 甘い香りのする本

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/2017

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ