ウィキッド

| | トラックバック(0)

みなさま こんにちは

 

すでにご存知のかたもいらっしゃるでしょうが

ミュージカル「ウィキッド」が名古屋にやってきます。

 

東京へは何度も足を運んで感動をもらっていましたが、

やっと交通費を気にしなくても観劇できる日がきます!!

もう楽しみで楽しみで♪

 

ミュージカルのストーリーは、「オズの魔法使い」の物語の前に善い魔女と悪い魔女が出会っていた事を前提として、二人の交流を描いたもので、最初は反発しあっていた二人がお互いを認めるようになり、同じ人を好きになり、衝撃的な事実を知り・・・。

二人が歩んだ道はどんなものだったのでしょうか?

 

素敵な衣装や音楽を楽しむことはもちろん、

小学生にはお姫さまについて

 

中学生・高校生には友達との関係やいじめ、恋愛

 

大学生にはもうちょっと社会的に、マイノリティーや正義について

 

いろんな世代の人がそれぞれの立場から見ることができ、考えることのできるお話でもあります。

きっと観劇後には話しに花が咲くことでしょう。

そのとき話をもっと盛り上げるのに役立つのが下の2冊(3冊?)。

 

一つは

オズの魔法使い」  フランク・ボーム作

 

オズの魔法使い.jpg

 

ミュージカルには、魔女以外にも「オズの魔法使い」のキャラクターたちが登場します。

カカシ、ライオン、ブリキは何が欲しくてドロシーについていったのでしょう?

ドロシーの履いている靴はどんなもの?

これだけ知っているだけでもミュージカルをみると「なるほど~」と感心してしまい、楽しさ2倍です。

 

そしてもうひとつは

ウィキッド 誰も知らない、もう一つのオズの物語」(上)(下) 

著:グレゴリー・マグワイア

wiked1.jpgwiked2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミュージカルとはストーリーがちょっと違いますが、ミュージカルで描ききれなかったキャラクター達の生い立ちや気持ちがわかります。

また、民族間紛争、格差、差別、宗教などより社会問題を含んだお話になっています。

オズの国の問題としてとらえるもよし、現代社会に置き換えてとらえるもよし、です。

 

私ももう一度読んでからミュージカルを見に出かけることにします。

その前にチケットを手にいれなくては!!

 

(瀬戸のスタッフ はち)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ウィキッド

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/2004

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ