| | トラックバック(0)

どーも、最近急に寒くなったり暑くなったり。。。なんてこったいな日々が続きますね。そんな今日もオススメ本の紹介をしたいと思います。

 

今回はこれ↓

 

ozeki.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

森見登美彦「ペンギン・ハイウェイ」です。

内容としては、小学校4年生の「僕」の住む町に、いきなりペンギンが現れて、どーもそれには近所の歯科医院の「お姉さん」が関係しているらしいとのこと。。 その謎を突き止めるために「僕」は冒険と研究を始める。

 

今回の作品は舞台が京都ではなく、主人公は大学生でもないです。 、、、、が、まったく新しい森見ワールドが展開されています。(僕的には森見登美彦+村上春樹みたいな世界だと感じました。)

 

せつないけれど素敵な、あたたかくなれる一冊です。

 

 

 

僕も小学校4年生に戻れたなら、「お姉さん」の研究に没頭してみたいと思います。

図書館で唯一の男スタッフ、Oでした。

 

(まめたろう)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/1330

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ