サハラ

| | トラックバック(0)

どーも。いよいよCOPが始まりましたね!

全然関係ないですけど

今回はこの本を紹介したいと思います。

oozeki.jpg

 

 

 

 

 

 

村山由佳「遥かなる水の音

内容

パリで、ひとりの青年が死んだ。最期をともに過ごした同居人は、ゲイの中年フランス人だった。

青年の遺言は、

「遺灰をサハラにまく」こと。

フランス、スペイン、モロッコ―。青年の死をきっかけに青年の姉、友人のカップル、同居人のグループは、様々な思いを抱えたまま、遺言を叶える旅に出る。。。

なんたる変わった内容。この物語の一番の醍醐味は一人一人、複数の一人称を用いて進んでいく物語設定。

サリンジャーの「ライ麦畑で捕まえて」のような感じです。

 

変わったタイプの小説です。是非、チャレンジしてみてはいかがですか?

 

図書館で唯一の男スタッフ、Oでした。

 

(まめたろう)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: サハラ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/1349

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ