図書館スタッフの最近のブログ記事

皆様こんにちは、勝山道です。

 

この記事を読んでくださっているそこのあなた、突然ですが「歴史」はお好きでしょうか。

当の私は、残念ながらあまり好きではありません。興味もなければ成績も悪かった、という印象ばかりが残っています。

なんの自慢にもなりませんが、私筋金入りの「歴史」アレルギー。意識的にか無意識的にか、あらゆるジャンルで「歴史」を避けまくっています。何がこうさせたのか今となっては分かりませんが、とにかく「歴史」が一切身につかないまま今日を迎えております。

 

しかし人間とは変わるもの。学校という環境から解き放たれるや否やその環境の尊さに気づくわけです......隣の芝生は青く見えるとも言います。

とはいえ今から学校に入りなおすのも不可能ではありませんが現実性が低く、個人的に勉強というのも難しい。興味のない分野ほど勉強すべきところですが、興味のない分野の勉強など苦行もいいところです。

そこでどうするかというと、本を読むのです。それも"きっちりかみ砕かれた分かりやすく楽しい本"を。

......ということで、"きっちりかみ砕かれた分かりやすく楽しい本"を本日は紹介させていただきます。

 

面白すぎる!日本史の授業 : 超現代語訳×最新歴史研究で学びなおす

 

rekisi.jpg

著者は河合敦房野史典。後者はなんと名古屋学院大学卒業のお笑い芸人。そのうえ本まで出していらっしゃるのですから頭が下がります。

本著は「超現代語訳」とある題の通り、読みやすさを主眼として作られた日本史の歴史書となっています。歴史研究家の河合氏と歴史好き芸人の房野氏が掛け合うような形で、現代における日本史のあれやこれやを解説していく構成なのです。

いつのまにか鎌倉幕府が1192年じゃなくて1185年だと言われていると思ったら実はまた違うとかなんとか、歴史とは考証が進むにつれて変化していくものです。
......上記のような変化に代表されるように、歴史という堅そうな言葉と裏腹にアバウトなところのある歴史学に入っていくには実にうってつけな一冊ではないでしょうか。

 

そんな面白すぎる!日本史の授業 : 超現代語訳×最新歴史研究で学びなおすはしろとり3階図書館に所蔵されております。

ちなみに、今回紹介した本以外でも13歳のきみと、戦国時代の「戦」の話をしよう。』『超現代語訳戦国時代 : 笑って泣いてドラマチックに学ぶなど房野氏の著書が所蔵されておりますので、ご興味のある方は是非併せてご利用ください。

 

それでは失礼いたします。

 

 

(しろとり図書館スタッフ:勝山道)

ざっくり古典

| | トラックバック(0)

世界史、苦手ですが

ざっくり古典が読めることに興味あり!!

20の古典で読み解く世界史

古典世界史.jpg

20もの古典が

ざっくり読める

魅惑的じゃないですか?

じっくり読みたい古典を探す?

という読み方もありです。

一度、読んだことのある古典

有名過ぎて知ってるよ!

という古典も今、もう一度、読んでみると

あらたな発見もありそうです。

当時の社会、背景などを知ることによって

国民性は命取りにもなる病のようだなとか

そもそもそれは真実なのか?

そんなことを思いながら

広い視野で物を見ることが重要だなと思わされます。

歴史に学ぶことは多いです。

というか歴史に学ぶべきだなと。

【紹介されている20の古典】気になる古典はありますか?

イリアス/オデュッセイア、史記列伝、英雄伝、三国志演義、神曲、デカメロン、ドン・キホーテ、アラビアンナイト、ハムレット、ロビンソン・クルーソー、ファウスト、ゴリオ爺さん、大いなる遺産、戦争と平和、カラマーゾフの兄弟、夜明け前、山猫、阿Q正伝、武器よさらば、ペスト

(図書館スタッフ:小豆)

季節外れの。。。。

| | トラックバック(0)

季節外れの紹介でごめんなさい。

最近、気づいたので、忘れないうちに書いてみたいと思いました。

少し前にこのブログで

素晴らしき哉、人生!』を紹介しました

最近、別の映画からこの映画を観かけたので

つい紹介したくなりました。

今回紹介させていただく映画は

クーパー家の晩餐会』です。

クーパー家の晩餐会.jpg

私、ダイアン・キートンさんが好きなのです。

クリスマスのお話なんですが、今どきのアメリカの様子がうかがえます。

あったかいような残念なような?

残念、というのは、今や、アメリカはクリスチャンの国ではなくなってしまったのかな?

と思えるシーンがありまして。

それでもまだ完全に拒否してるわけでもなさそうなので

ちょっぴり期待したり

そんな思いで観ていました。

政治、宗教、民族など、今どきのアメリカ事情を垣間見ることもできます。

叔母さんがイスラエルの曲を歌いだすというのも興味深かったです。

そして、今回、紹介したいなと思いましたのは、

この映画の中のワンシーンに

素晴らしき哉、人生!

を、ある家族がテレビ?で観ているシーンがありました。

そして、別のシーンで、一人の出演者のセリフの中に、この映画に関連する言葉がありました。

もし、観られるチャンスがありましたら、

その二つのシーンを探してみませんか。

もう一つの映画の楽しみ方、いかがでしょうか。

季節外れで本当に申し訳ありません。

(-_-;)

(図書館スタッフ:小豆)

自分がナニ人であるかを
意識したことってありますか
日本語で書かれたこのブログを読んでいる
アナタは日本人?それとも?

日常生活の中で、自分が〇〇人であること、を
強く意識したことがない、
あるいは何の疑いを持ったこともない
そんな人も中にはいるのではないでしょうか

生まれた国がアメリカだからアメリカ人?
両親が韓国人だから韓国人?
話している言葉や、住んでいる場所、顔つき、食べているものや文化、選挙権の有無...

自分のパスポートの国籍は〇〇だから、〇〇人じゃないの?
その国籍ってどうやって取得したのでしょう

実際、国籍だってそんなに簡単な話じゃないのです

今までそこまで意識したことがない人や
なかなか海外の情報に接する事のない人にも
視野を広げる機会になりそうなこの一冊を読んでほしいと思います

kokuseki.PNG

「国籍の?がわかる本─日本人ってだれのこと? 外国人ってだれのこと?」

(名古屋のスタッフ:るん)

名作の中の言葉遊び

| | トラックバック(0)

ごきげんよう、スタッフのかえるまんじゅうです。

皆さんは、本や映画、ドラマなどで主題とは全然関係ないところが気になってしまったり、記憶に残っていたりすることはありませんか?

肝心のストーリーはさっぱり覚えていないのに、一つの台詞だけやけにはっきり覚えていたり、登場人物の些細な仕草が気になったり。

私にとっては、太宰治の『人間失格』の中のある言葉遊びがそうです。

こちらにそのルールを引用します。

「名詞には、すべて男性名詞、女性名詞、中性名詞などの別があるけれども、それと同時に、喜劇名詞、悲劇名詞の区別があって然るべきだ、たとえば、汽船と汽車はいずれも悲劇名詞で、市電とバスは、いずれも喜劇名詞、なぜそうなのか、それのわからぬ者は芸術を談ずるに足らん、喜劇に一個でも悲劇名詞をさしはさんでいる劇作家は、既にそれだけで落第、悲劇の場合もまた然り、といったようなわけなのでした。」(以上、作品本文より引用)

このあまりにも有名な作品を初めて読んで以来、主人公が友人と、この悲劇名詞・喜劇名詞のあてっこをする場面だけが妙に記憶に残っているのです。

あらすじさえもう一度読み返さないと紹介できないのに、この言葉遊びのルールだけは覚えています。

あらすじの紹介も無く、ごく一部分についての思い出語りだけで、作品の紹介としてはかなり邪道なものかもしれません。

もちろん学問や研究を目的とした時にはふさわしくない読み方ですが、

私自身は、これもひとつの読書体験として結構気に入っています。

読書とは、本と自分との一対一のやりとりを醍醐味とする行為です。

みなさんが、様々な作品との出会いを通じて自分だけの読書体験を得ることができますように。

太宰治『人間失格』は青空文庫からすぐに読めます。タイトルをクリックしてください。

(なごやの図書館スタッフ かえるまんじゅう)

今頃ですが、

ベートーヴェンの作品に感動している小豆です。

古い映画『若草物語』の中に

ベア教授がピアノを弾きながら歌っているのを

ジョーが静かに聴いているシーンがあります。

その曲は、ゲーテの詩にベートーヴェンが曲をつけたのだと

ベア教授が説明します。

その詩は

ただ憧れを知るもののみが。。。

で始まる詩で他の作曲家も曲をつけているようです。

その映画から、ゲーテとベートーヴェンの繋がりについて知りたくなって

見つけたのが

ゲーテとベートーヴェン.jpg

ゲーテとベートーヴェン』そのままのタイトルです。

それぞれのおいたちから、出会いのきっかけ、

互いにどのような感情を抱いていたのか

などなど興味深かったです。

ゲーテがベートーヴェンの

(今では有名な曲ですが)

『運命』を聴いた時の感動のことばがすごいです。

「感動なんてもんじゃない」

「これはすごい!」

「大変な大作だ」

「とてつもない!」

などなど。

私は、ここ数年、終活の一環としてどんどん物を処分していて

CDもたくさん処分しました。

そんな中、一枚だけベートーヴェンのCDを残していました。

それが、『運命』

久しぶりに聴きなおしてみて、

私もすごく感動しました。

力強い反面、なぜかとても切なさも感じます。

歳をとったせいでしょうか。

今はお気に入りのCDとなりました。

終活中なのに、ベートーヴェンの全曲集なるものを買ってしまうほど

ファンになりました。

ゲーテの詩集も読み返しています。

ゲーテ詩集』もいかがでしょうか。

(図書館スタッフ:小豆)

皆様こんにちは、図書館スタッフの勝山道です。

ここ最近、バラエティ番組などで声優が取り上げられることが増えているような気がします。
きっかけは某アニメ映画の超特大ヒットのようですが、詳しくない時分、気になって少し調べてみました。
すると声優として活動しながらアーティストとしても活動していたり、テレビドラマや大河にも出演されている方がいたり、一口に声優と言っても様々な形で活動されているようでした。

なんだか急に担ぎ上げられだしたな、くらいに思っていたのですが、昨今は動画配信など露出の幅も広がっていることもあり、マルチに活躍できる方がどの業界でも強いのだろうなと思い知る限りでした。

と、いう話に覚えがありましたので今回ご紹介させていただく図書はこちら。

 

暴いておやりよドルバッキー

dorubakki.jpg

著者は大槻ケンヂ。主に音楽にて活動するバンドマンですが、本著のようなエッセイ本や長編の小説を執筆されていたりもします。バンドは形を変えつつ現在も鋭意活動中、小説は賞を取るなど、まさにマルチに活躍している方ですね。

さて本著についてですが、著者の発表している数あるエッセイのうちの一つ。内容にはバンド「筋肉少女帯」の再結成に至る逸話もあり、ファンの方なら既に読んだこともあるかもしれません。

ではファン以外には読む手の進まない本なのかと言われればそんなこともありません。事実、私はこの本を読むまで「大槻ケンヂは顔にペイントが入ってる人、筋肉少女帯は名前だけ知っている」という認識。それでも本著はまことに楽しく読むことができるのです。

 

内容に関してですが、やはり音楽活動をしているだけにそういった関連の話題も多く、普段は見られない現場の裏側的な要素も含むところが興味深くあります。しかしやはり、本命は著者の趣味を思い切り出している部分でしょう。主にUFOUMAなどの超常現象、ほかにもプロレス武術の真贋疑わしき部分など「読んだり聞いたりするぶんには面白いけど体感するには骨が折れそう、と言うよりめんどくさそう」なものが盛りだくさん。

読みやすく整った文章から繰り出されるアングラ的マニアックな話題は必見。「宇宙人グレイに忍術を教へたやつは誰だ?」なんてステキな小題を一目にするだけで惹かれてしまいます。その内容はさらに深く、こういった分野にもアンテナを張っている人はすごいな......という感嘆もあり。

手ごろな薄さの文庫本サイズに読み応えの詰まった一冊、暴いておやりよドルバッキーはしろとり3階図書館に所蔵されております。興味のある方は是非ご利用ください。
ちなみに瀬戸図書館に所蔵されているオーケンの、このエッセイは手書きですも同作者のエッセイとなります。一部重複する内容はありますが、よろしければそちらも併せてお楽しみください。


それでは失礼いたします。

 
  
(しろとり図書館スタッフ:勝山道)

 江戸時代、この白鳥キャンパスの地には大きな貯木場がありました。飛

騨の山々から切り出されたヒノキが約300日をかけて木曽川を下り運ば

れて来たといいます。貯木場を下り、熱田湊から伊勢湾を抜け、木曽川の

河口を遡ると、長良川、揖斐川と併せ三つの大河川が合流する辺り、輪中

として知られる地帯に出ます。この流域は、合流と分流を繰り返し、度々

氾濫、洪水を引き起こしておりました。

 宝暦4年-5年(1754年-55年)、徳川幕府は薩摩藩に命じてこの地の治水

にあたらせました。このことは、遠方にある外様薩摩藩の勢力を削ぐ意図

もあり、藩内には大きな反発がありましたが、当時の家老平田は、藩内を

KOSHU.jpg治めつつ、自ら総指揮として総勢1000名の

藩士を率い、治水事業に取り組みました。

しかしながら、治水事業は難渋を極め、幕

府との軋轢も激しく、疫病も流行、多くの

自害者、病死者を出すこととなりました。

工事は完成するも、家老の平田は大きな犠

牲と多額の出費の責任を取って自害します。

これを宝暦の治水事といいます。

 この歴史的事件を取り上げた小説が、杉本苑子著 『孤愁の岸』です。

現在、この地は木曽三川公園(岐阜県海津市)が築かれ、近隣の方々の

憩の場所となっております。公園の周辺には、薩摩藩士の石碑、平田を

祀る治水神社、堤の上には千本松原などがあり、命を懸けた偉業を偲ぶ

史跡が点在しています。当時の堤が、現在の気候変動にもかかわらず

泰然と地域を水害から守ってくれておりますことに深い感謝と、事の成

り行きに歴史の重みを感じます。

(しろとり図書館スタッフ 東空)

図書館部屋.JPGみなさん

ご入学・ご進級おめでとうございます。

桜も満開、山笑う希望に満ちた春がやってきました。

この春、大学に入学して夢いっぱいのあなた、新たにひとり暮らしを始めてワクワクしているあなた、そろそろ就活が気になるあなた・・・。

瀬戸図書館では、只今ミニ展示『新生活応援特集』を開催しています。

皆さんの思いを応援するいろいろな図書をそろえて展示しています。

充実したキャンパスライフを過ごす為にぜひ図書館をご活用ください。

※瀬戸図書館はこの春、レイアウトもリニューアルしていますので、ぜひ一度お立ち寄りください。

(瀬戸図書館スタッフ : かるみあ)

新生活応援特集.jpg

ミニ展示案内.jpg

ヒーローの研究

| | トラックバック(0)

皆様こんにちは、図書館スタッフの勝山道です。

早速ですが本日は青空文庫からとある有名なキャラクターの原典となる作品を紹介させていただきます。

緋のエチュード

job_tantei_foreign.png

著者はアーサー・コナン・ドイル。1800年代後半から1900年代前半にかけて活躍したイギリスの作家になります。シャーロック・ホームズが抜けて有名ですが、ほかにも本格的な歴史小説を多数執筆していたそうです。

本作は、いわゆる「シャーロック・ホームズシリーズ」の第一作となります。言語題は『A Study in Scarlet』という表記なのですが、訳題では『緋色の研究』や『緋色の習作』が一般的でしょうか。

当初はシリーズ化して長期的に執筆される予定になかったシャーロック・ホームズだそうですが、予想をはるかに超えた人気によりシリーズ化。今現在でも探偵といえばシャーロック・ホームズという印象が根強く残っているのではないでしょうか。
それだけホームズというキャラクターは印象深く人々の心に残り、優れた物語と併せて後世へと受け継がれていったわけです。

 

さて緋のエチュードに関してですが、海外で書かれた古い作品であることを踏まえても、十分に楽しむことのできる作品です。
主人公に探偵を擁してはいますし、読み手側による推理もできなくはないのですが、やはりこの作品はシャーロック・ホームズの活躍を中心とした娯楽作品である、というところに落ち着くのではないでしょうか。
短い作品ではありませんが長すぎるほどでもなく、総じて気軽に手に取れる作品となっております。

また個人的な観点ではありますが、なにより長く続くシリーズ作品の1作目というものには独特の雰囲気があるような気がしてなりません。そういった感覚と併せて楽しむことも一興ではないでしょうか。

そんな『緋のエチュード』は青空文庫にて無料で読むことができますので、ぜひご利用してみてください。


それでは失礼いたします。

 
 
(しろとり図書館スタッフ:勝山道)

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ