図書館スタッフの最近のブログ記事

戦国 戦の作法

| | トラックバック(0)

「もしタイムマシンがあるなら戦国時代に行ってみたい!!」などと思ったことはありませんか?

『転生したら○○だった』のようないわゆる『転生もの』ジャンルでも戦国時代を舞台にしたマンガ、小説もたくさん創作されています。

家康、信長、本多忠勝・・・。推しの戦国武将に会ってみたい、戦いの様子をこの目で見たい・・・!歴史好きならそう思うかたもいらっしゃることでしょう。

乱世・下剋上・戦など現代とはあまりにかけ離れているところが魅力なのでしょうか。

でもちょっと待ってください。戦国時代のリアル、本当にわかってますか?

戦法、武器、防具はもとより、従軍中の諸問題・戦後の処理まで、名もなき武将や庶民にスポットを当て、合戦における「実態」や「所作」をイラストを用いて丁寧に紹介されたこの1冊。

戦にけがはつきものとは言え・・・ソレで傷を治療したの?え?マジ?

興味がおありの方はどうぞお手に取ってみてください。

9784906993574_600.jpg

『戦国戦の作法』は瀬戸図書館にあります。

(図書館スタッフ とらねこ探偵ミロ)

独特の韻を踏んだ文章と、独自のモノクローム線画でユニークな作品を数多く発表した

エドワード・ゴーリー。

ダークな内容のものが多いが、面白い作品も紹介したい。

カギ鼻頭のヘンな生き物がやってきたのはヴィクトリア朝の館。

とある一家の生活の中に突然入り込んできてそして、それから...。

この可愛いキャラクター『何かわからない生き物』の正体とは?

"うろんな客"とは誰なのか?

ぜひ楽しんでもらいたい。

(瀬戸の図書館スタッフ:emirin)

うろんな客

キャプチャ.PNG

独特の韻を踏んだ文章と、独自のモノクローム線画でユニークな作品を数多く発表した

エドワード・ゴーリー。

衝撃の問題作?!を紹介したい。

イギリスで実際に起きた悲惨な事件によってゴーリーが心底動揺させられ、

描いたものである。

悲惨な事件を物語化している為、ダークな内容でものすごく怖い。

人によって様々な意見・感じ方があると思う。

(瀬戸の図書館スタッフ:emirin)

『おぞましい二人』

ブログ.PNG

ただいま
曙館3階のしろとり図書館では
「○○学入門本」の展示を行っています

20240515.jpg

経済学部・現代社会学部・商学部・経営学部・法学部・外国語学部・国際文化学部

それぞれの専門分野の基礎的な内容をまとめている本を集めてみました

5月に入り大学の講義も本格的になってきます
これから初めて学ぶ人も、改めて基礎を見直したい人も
ぜひ手に取ってみてください

(図書館スタッフ:るん)

こんにちは。瀬戸キャンパス図書館です。

最近は、色々なスポーツの大会が毎週のように行われていますね。どの選手も練習の成果を発揮して頑張ってほしいです。

さて、只今図書館ではアスリートとして、更にパワーアップするために役立ててもらいたい本を展示しています。

タイトルは「フィジカル最強にするならメンタルも磨け!」です。

ぜひ一度、見に来てくださいね。

展示写真.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瀬戸図書館スタッフ みんみん

独特の韻を踏んだ文章と、独自のモノクローム線画でユニークな作品を数多く発表した

エドワード・ゴーリー。

初めて読んだ時、色々な意味で衝撃的であった。

『不幸な子供』は、不幸があっても少しは良くなるのかな?と思いきや、すごい。

不幸、また不幸の連続。主人公の子供は最後まで、徹底的に不幸になる。

ここまで不幸か~、と思うが、テンポ良い文章と幻想的な線画のせいか

そこまで暗い気持ちにはならない。

熱狂的なファンがいる作家というのもなるほど、と感じた。

(瀬戸の図書館スタッフ:emirin)

『不幸な子供』

ブログ2.jpg

こんにちは。名古屋学院大学瀬戸キャンパス図書館です。

新緑の季節となりましたね。皆さん毎日忙しく過ごされていると思います。体調管理をして、元気に過ごして下さいね。

さて、瀬戸図書館では、只今「備えあれば患いなし!教育実習特集」の展示を行っております。

小学校教育実習に役立つ本や、実習先での園児との関わり方の本など、教育実習を予定されている学生さんに活用して頂きたい本を集めています。                

教育実習2024.4.jpg

実習に行く前にぜひ図書館にお立ち寄りください。

実習がんばってくださいね!

    瀬戸図書館スタッフ:みんみん

今回はアメージングなお話です。

年に1~2度見る映画アメージング・グレイスから

アメージンググレイスDVD.jpg

イギリスの政治家ウイリアム・ウイルバーフォースが

当時、普通に行われていた奴隷貿易廃止に尽力する映画です。

その映画の中で有名な讃美歌アメージング・グレイスが歌われます。

そしてその歌詞を書いたジョン・ニュートンもこの映画に出てきます。

政治の道に行くべきか神に従う道に行くべきか

ウイルバーフォースは牧師ジョン・ニュートンに相談に行くのです。

相談の答えは、2つの道を行きなさい、

つまり政治家として奴隷貿易廃止のために働くという道を歩みなさい。

というものでした。

当時、牧師になっていたジョンですが、

実は彼は、以前は奴隷貿易船の働きをしていたのです。

そのジョンがいかにして牧師になったのか。

自伝がある事を知らなかったのですが、映画の中でジョンが書き物をしている場面があります。

これを証拠として使いなさいと。

ということで自伝があるのではないかと・・・・

瀬戸図書館にありました!!!!

アメージング・グレース物語

ゴスペルに秘められた元奴隷商人の自伝

アメージンググレイス.jpg

まさにアメージングな物語です。

何度も命の危険から守られ、牧師になるまでキセキの連続です。

すべての出来事が神の御手の中であるとジョンも認めています。

同じ場所に行くのにどの道を通るか

ある日いつもと違う道を通ったとしても何も変わらないと思いますか?

「ある道を通って別の道を行かないということは終生続く結果をもたらすかもしれない」

とジョンは言っています。

ジョンの自伝の中には、その一つ一つが彼の人生を変えたというほどの体験がいくつかあります。

これほど大きな分かれ道でなくても、私たちが日々、選んできた一つ一つが

今日の自分を作っているのだなと思わされます。

教会でよく賛美するアメージンググレイスは

驚くばかりのというタイトルです。

♪おどろくばかりの恵みなりき

この身の汚れを知れる我に♪

★『アメージング・グレース物語』お勧めします。

(図書館スタッフ:小豆)

知られざる悲劇

| | トラックバック(0)

先日『福田村事件』という映画を観てきました

今からちょうど100年前、
大正12年(1923年)9月1日に発生した関東大地震

関東各県で震度6を観測し、10万棟を超える家屋が倒潰
大規模な火災も発生し死者・行方不明者は10万を超えた
未曽有の大災害です

その災害後の混乱と各地に広まった流言蜚語
(明確な根拠も無いまま無責任に広まる噂)による社会不安の中、
香川県からきた薬の行商団15名の大半が
千葉県のある村の自警団に暴行され、殺害されるという
痛ましい事件を題材とした映画です

加害側の事情、被害側の状況、さまざまな視点で描かれ
現代にも通じる人種や民族差別、社会的差別について
また人が集団化したときの心理が引き起こす状況など
深く深く、考えさせられる映画でした

観終わった直後、頭の中にアレコレと渦巻く感想を
上手く言葉にできないまま悶々としていた頃、
本学の図書館にこちらの図書が入りました

9784909542557_600.jpg

『福田村事件』辻野弥生著

元々、当時世間に知られていなかったこの事件を
調べ、取材し書き上げまとめられていた書籍を
映画化を受け、増補改訂された形で出版されたものです

事件当時の新聞や資料を探し、
関係者の証言インタビューなども記載された
映画とは異なる視点でまとめられたこの本を読んで
もうこれはここで紹介するしかないと思った次第

内容については差別問題に関わりますので
詳しくは触れませんが
すこしでも気になった方がいましたら
ぜひ映画や関係図書などをみてみてほしいです

こうした過去の出来事を受け止め
未来を生きていく私達が同じことを繰り返さないよう
現実の諸問題にどう向き合っていくか
自分自身では何ができるのか
考えていきたいと思います

(図書館スタッフ:るん)

みなさん、最近マンガ読んでますか?
しろとり図書館に新しくマンガが仲間入りしました。

素晴らしいマンガって本当にたくさんありますよね。
図書館によきマンガを置きたいけど、果たしてどれかいいのだろう?
と、スタッフ一同でかなり悩み、数ある名作マンガの中から厳選しました。

★新着マンガのタイトルはこちらです★

 『アキラ』 大友克洋著
 『聲の形』 大今良時著
 『ベルサイユのばら』 池田理代子著
 『この世界の片隅に』 こうの史代著
 『ブッダ』 手塚治虫著
 『風の谷のナウシカ』 宮崎駿著
 『動物のお医者さん』 佐々木倫子著
 『はたらく細胞』 清水茜著
 『光とともに・・・ : 自閉症児を抱えて』 戸部けいこ著

IMG_2809.jpg

IMG_2804.jpg

こちらのマンガは、館内のみでの利用になりますので
授業の空き時間などにぜひ足を運んで楽しんでくださいね。

これからも図書館では、これぞ名作なり!というマンガを少しずつ増やしていく予定です。
どうぞお楽しみに。


(なごやの図書館スタッフ 春)

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ