オススメ本の最近のブログ記事

城山三郎そうか、もう君はいないのかを紹介します。

 

2007年に79歳で亡くなった城山三郎は、妻を亡くしてからの7年間、妻の思い出の残る自宅へ帰らず仕事場でひとり過ごしました。

大切な人を亡くした時に誰もが感じる喪失感。その中をどう生きていくかー妻に先立たれた老作家の思いが綴られます。

 

111.jpg

 

2008年 6月にNHKで「ただ一人"おい"と呼べる君へ〜城山三郎 亡き妻への遺稿〜」という番組が再現ドラマや遺稿、家族の証言などを交えて放送されました。何気なく見た番組でしたがとても心を打たれました。

これが『そうか、もう君はいないのか』との出会いでした。

 

名古屋出身の城山三郎は妻の容子さんとの出会いも名古屋の図書館だったことが身近に感じられ、容子さんとのエピソードもほのぼのと伝わってきます。

仲のいい夫婦だったからこそ、失った悲しみも大きかったはず。

また次女の手記には父への思いが詰まっています。

 

殺伐とした空気が漂う中で生きる今、夫が妻を、そして子が親を思う姿の美しさを感じてみませんか。

 

【図書館スタッフ:フエルトうさぎ】

今日は、英語の勉強したいとの思いで

手にした一冊を紹介いたします。

こころの音読.jpg

こころの音読

«音読»という言葉に惹かれました。

声に出して読むことは、物忘れ予防にもなる?

と聞いたことがありますので期待しています。

シャドウイング効果も期待しつつ、読み始めましたが

こころの音読』というタイトルに『心』とあるように

内容にも期待できます。

私は、ヘレン・ケラーやアン・サリヴァンの文章を真っ先に読みましたが、

リンドバーグの奥さんの文章も興味深いです。

〈名文で味わう英語の美しさ〉といっても

私には英語の美しさはよくわかりませんが

名文というのはわかります。

もちろん名言も紹介されてます。

内容ばかりに気を取られて

肝心の音読はまだです(汗)

【紹介されている名文】

1.デイル・カーネギー『人を動かす』

2.アン・モロウ・リンドバーグ『海からの贈りもの』

3.ミッチ・アルボム『モーリー先生との火曜日』

4.ジャック・キャンフィールド、マーク・ヴィクター・ハンセン編『こころのチキンスープ』

5.ヘレン・ケラー『奇跡の人ヘレン・ケラー自伝』

6.アン・サリヴァン『サリヴァン先生の手紙』

7.バートランド・ラッセル『幸福論』

8.リチャード・P・ファインマン『困ります、ファインマンさん』

9.アルバート・アインシュタイン『アインシュタイン晩年に想う』

⒑ロバート・フルガム『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』

いかがでしょう?

気になる名文はありますか?

名文、音読してみませんか?

(図書館スタッフ:小豆)

帆神(ほしん)

| | トラックバック(0)

こんにちは豆太です。

今回は北前船を馳せた男 ・工楽松右衛門 (幼名 牛頭丸)の「夢の帆」は俺が作ると言って

江戸海運に革命を起こした男の堂々たる航跡を紹介します。

帆神

hoshin.jpg

播州高砂の漁師の倅から身を起こし、名立たる船乗りとなり、時代を先取りする海商になる。

若い時の数々の経験から千石船の弱点だった帆の改良に自ら取り組み、苦難の末に画期的な

「松右衛門帆」完成させる。

あの高田屋嘉兵衛が憧れた知られざる快男児を活写する長編歴史小説。

この本の読みどころは、江戸時代の北前船の航海のありさまです。

幼少のころから海が好きで故郷の播州高砂から金刀比羅宮までの船旅から始まり、拠点となっ

た兵庫津(現在の神戸)の賑わい、大坂の活気ある商いのさまを事細かに描写しています。

日本海から蝦夷地に至る北前船の危険な航海など海洋小説として魅力たっぷり味わえます。

また、若き日の恋愛にも触れており、幼き頃のあこがれの人 千鳥、苦しいときに慰めてくれた

小浪、苦楽を共にした同志ともいえる妻 、そして航海先の越後で出会う 八知、四人の女性の

姿が男は船のように仕事に行き、女は船のように仕事に行った男を迎えるための港を演じて

いるところがたまらなく魅力的に描かれています。

女性作家ならではの繊細な女性の気持ちを説くと読んでください。

(名古屋図書館スタッフ:豆太)

皆様こんにちは、勝山道です。

 

この記事をお読みになっている皆様は「新しい物好き」でしょうか。

私はそれほど、そこそこ。興味が湧いても手を付けるのは遅いことが多いです。

現代では日々、なんやかんやと新しいものが生み出されているように見えます。流行もそうですし、見知らぬ言葉や技術もそうです。今となっては当たり前になったテレワークなども、情勢もありますがここ数年で急激に表れてきた新しいものの一つと言えるかもしれません。

中でも電子技術の向上は、もはや一般市民としてはよく分からんの一言に尽きます。個人的にはスマホを指して魔法の板切れと呼んでも大差ないです。それくらい理解が追い付いていません。

 

そんな世の中、また一つ仮想現実の技術が一般へ降りようとしているようです。

「メタバース」と呼ばれているものですが、皆様ご存じでしょうか?

仮想現実といえばVR、バーチャルリアリティがあります。これはゲームなどで時折見かけはしますが、この技術によってもう一つ世界を創ってしまおう、としか言いようのないものです。

なんじゃそりゃ、と言いたいところですがここはひとつ、その技術について語られている本でも紹介させていただきましょう。

 

世界2.0 : メタバースの歩き方と創り方

metaba-su.jpg

著者は佐藤航陽。『お金2.0』を書かれた方のようです。本学図書館には所蔵されていませんが、相当に売れた本ですので読んだことのある方もいらっしゃるかもしれません。

本著はともかくメタバースとは何ぞや、メタバースでこんなことができるんだ、ということに終始します。

まだまだ新しい技術、現実に与える影響など実際のところは未知数です。

しかし本著は変わるぞ世界は変わるぞ!とすこし声高に感じる部分もあり、一歩引いてなるほど、と読めるとよいかもしれません。

とはいえ全く的外れなことばかりかという訳でもなく、全く影響がないとは言い切れない、と思うところもあります。

 

何はともあれ、これから来るかもしれない新しいものに少しばかり早めに触れてみるのもよいのではないでしょうか。

世界2.0 : メタバースの歩き方と創り方はしろとり図書館3階に所蔵されています。ご興味のある方は是非ご利用ください。


それでは失礼いたします。

 

(しろとり図書館スタッフ:勝山道)

 名古屋市内からは北西に位置し、JR名古屋駅を京都・大阪へ向かう下り新幹線に乗る

と程なく右手前から目に飛び込んで来るお城(天守閣)が清州城です。この城は城址に建

つものではなく、天守閣のみを再現した模造の建物です。実際の城址はもう少し北側に位

置する清須公園 (清須市) 内にあります。建物は徳川家康が現在の名古屋城の位置に移した

為、この地には残っていません。しかしながら、この地は室町から安土桃山時代にかけて

尾張国の中心地であり、当時の守護の斯波氏が守護所を置き、後に守護代の織田氏が城を

置きます。かの今川氏との「桶狭間の戦い」に織田信長はこの城から出陣し、その戦後

この城にて徳川家康と清州同盟を結びます。信長は天下布武を掲げ、居城も、小牧、岐阜、

安土と替えてゆきますが、織田氏の拠点ともいうべき場所です。この場所が再び脚光を

浴びるのが、本能寺の変の後、羽柴(豊臣)秀吉が明智光秀を討った後、亡き信長配下の諸

将が集まり、織田家の家督をいかに相続すべきか協議が行われた場所になった時です。

kiyosu.jpg

 ここでの秀吉の動きを振り返り、分析した書が清須会議(天下取りのスイッチはい

つ入ったのか)です。清須会議において秀吉は、信長の次男、三男である織田信雄、

信孝兄弟、家臣の筆頭であった柴田勝家を排除し、その後、実力者、徳川家康を凌駕し、

天下取りに邁進します。この会議は、切り札を手中にし、奇策をもって常に相手の動き

を封じ、流れを自らに引き寄せるという秀吉ならではの戦略手法に磨きがかかった出来

事でした。

(しろとり図書館スタッフ  東空)

『アーティスト』

| | トラックバック(0)

白黒映画で音声のない映画『アーティスト』を紹介します。

2011年フランス制作。アカデミー賞、ゴールデングローブ賞など数々の賞を受賞しました。

サイレントからトーキーに変わっていく時代の映画界で、トーキーを拒んで没落していく男優と逆に脚光を浴びて伸びていく女優の物語。

音声や色がないため、字幕のセリフや画面からの情報を読み取ろうと集中したり想像力を働かせたりするせいか、普通の映画よりじっくりしっかり入り込んで見た気がします。 

  

『アーティスト』

アーティスト [DVD]

 

 

 

 

 

 

 

 

  

ストーリーも優しく、温かい気持ちになります。

1920年代のサイレント映画を研究し、こだわりを持って制作されたようですが、何も知らずに見ても十分に楽しめる映画だと思います。

時間のある時にゆっくり見てくださいね。

【図書館スタッフ:フエルトうさぎ】

こんにちは、もくもくです。  

 

数年前に海洋堂の企画展示観たことがあります。

有名なアニメキャラから仏像、恐竜など幅広い作品群と、

それらの緻密な表現力に驚き、魅了されました。

でも、恥ずかしながら「ガレージキット」や「原型師」という言葉を

私はこの本で初めて知りました。 

 

大阪の模型店から世界的メーカーとなった海洋堂。

今ならブラックと言われかねない労働環境なのに、

好きだから、血が騒ぐから?と研鑽と努力を重ね、より精度の高いものを創り出していく。

造形のためなら何でもやると、作者のいう海洋堂の怪しい面々。 

9784560083475.jpg

『海洋堂創世記』

できる人間が創りたいものを作る。出来なくなれば、去っていく残酷な実力の世界。

その世界に魅せられ、ガレージキットの原型師に、本気でなりたいと思っていた作者は

凄い才能の持ち主たちを目の当たりにして、叶わないことを知っていきます。 

 

そんな作者が80年代当時の業界事情や、3年間過ごした海洋堂で起きた出来事を

原型師たちへの羨望を交えつつ、鮮やかに描いています。 

 

(名古屋の図書館スタッフ:もくもく)

最近、車の運転が億劫になってきました。

雨の日や夕方以降は特に。

あんなに好きだったのに...人は変わっていくのだなぁとつくづく感じています。

ところで飲酒運転の末に轢き逃げ事故を起こした大学生を主人公にした小説を紹介します。

事故の場面がリアルに伝わり、自分が轢いてしまったかのような衝撃を受けました。

想像するだけで怖いですが、実際に車に人が当たった時そこで止まれるかどうか。

主人公のように逃げたくなる弱さが私にもあります。

  

111.jpg

薬丸岳著『告解』

  

主人公は真実を隠したまま実刑を受けて服役、刑を終えてから被害者家族と向き合えるまでを描いています。

被害者の夫が認知症の進んで行く中、それと闘いながらも自分の思いを伝えようとする姿に胸が熱くなりました。

89歳の被害者の夫が戦争経験者ということは、この小説の設定は2006年ごろ?(主人公もガラケーだし)など疑問点はありつつも、罪を犯した人が再生するためには支える人が不可欠だということを強く感じました。

  

飲酒運転はやめましょうね。

 

【図書館スタッフ:フエルトうさぎ】

塞王の楯

| | トラックバック(0)

こんにちは、豆太です。

今回は直木賞作家今村翔吾氏の作品を紹介します。

『塞王の楯』

saiou.jpg

矛盾とは韓非子の故事から昔、中国の楚の国で矛(ほこ)と盾(たて)とを売っていた者が、

「この矛はどんなかたい盾をも突き通すことができ、この盾はどんな矛でも突き通すことができない」と誇ったが、

「それではお前の矛でお前の盾をを突けばどうなるか」と尋ねられて答えることができなかったという、つじつまが合わないことわざである。

どんな攻めをも跳ね返す石垣職人″穴太衆″「最強の楯」と、どんな守りをも打ち破る鉄砲職人 ″国友衆″「至高の矛」の宿命の対決を描く究極の戦国小説です。

越前・一乗谷城は織田信長に落城され、幼き匡介(きょうすけ)はその際に父母と妹を失い、逃げる途中に石垣職人源斎に助けられ、穴太衆の飛田屋に育てられた。

やがて頭と目されるようになり、匡介は絶対に破られない石垣「最強の楯」を作れば、戦を無くせると考えていた。

一方、彦九郎(げんくろう)も幼いころ父を織田家の火縄銃に殺され、武士の身分を捨てて、鉄砲職人の国友衆に弟子入りし師匠の養子となる。

彦九郎は父を殺した火縄銃を遥かに超える火縄銃「至高の矛」を作りだせば、戦の抑止力になると信じる。        

大津城当主京極高次はいっときは西軍に加担したが、民をおろそかにする石田光成を嫌い、西軍から東軍に寝返った。

それを機に四万の兵力が大津城を包囲する。大津城の石垣修復改良を行った匡介にふたたび石垣修復の依頼が舞い込み、匡介は絶対に破られない石垣を作れば、この民も守れると信じる。

西軍もこの城を落とすために最強の鉄砲を駆使して攻めたてる。この相反する二人が大津城を舞台に死力をつくして戦う。

直木賞同時受賞された米澤穂信氏の黒牢城と時代背景はほぼ同じで、戦国好きであればたまらない1冊です。

是非読んでください。

(名古屋図書館スタッフ:豆太)

黒牢城

| | トラックバック(0)

こんにちは豆太です。

今回は直木賞作家米澤穂信氏の作品を紹介します。

『黒牢城』

この本は直木賞を受賞する前に読んでいたんですが、文章が読みやすく、

戦国の日常、人々の思考、所作をじっくり研究されて書かれています。

kokurojo.jpg

本能寺の変より四年前の出来事で織田信長に謀反を企てた荒木村重が主人公です。

まだ記憶に新しいと思いますが、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」で吉田剛太郎が演じた戦国武将です。

城開け渡しの使者として赴いた織田方の軍師黒田官兵衛が捕れられ土牢に。

有岡城に籠城して城内で起きる不可解な事件が相次ぎ、その事件に翻弄された村重が

捕らえた黒田官兵衛に謎を解くように求める戦国ミステリーです。

村重の家臣に降りかかる奇怪な事件、果たして黒幕の正体は?

最後のオチに至るまで驚きを与えてくれる一冊です。

(名古屋図書館スタッフ:豆太)

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ