オススメ本の最近のブログ記事

韓国語を学びたい方に朗報!

|
여러분 안녕하세요~
(ヨロブン アンニョンハセヨ~)


今回ご紹介する書籍は、図書館主催の

「本屋さんツアー」というイベントで購入した書籍で、

現役韓国語講師である私 Hoon が

実際にレッスンで使用しているものでございます。


内容や構成の批評はあるものの

やはり定番中の定番なので、

こちらから取り掛かることをおすすめします。


a24.jpg














a25.jpg
















そして何よりも忘れないでほしいことがあります。

それは、「教材」よりも大事なのは「継続」ということです。

どんな「優秀な教材」でも「継続」しなければ意味がありません。

しかし逆は言えます。


もっとわかりやすく具体的にいうと、

教材は「1つ」でいいので、それを「徹底」してやる。

それに尽きると思います。


是非、あなたの目指すステージまで

たどり着けることを願っています。

(Student Supporter: Hoon)

第22回小説すばる新人賞

|

皆さん、こんにちは!

学術情報センターサポーターのマロンです!

 

今回は皆さんにおすすめしたい本があります!

その本は懐かしい!と思う方もいるかもしれませんが、

桐島、部活やめるってよ」 です。

4087713350_01__SCMZZZZZZZ_.jpg

高校の部活動での青春物語で胸が熱くなること間違いありません!

さらに作者の朝井リョウさんは第22回小説すばる新人賞、

2013年には小説『何者』で第148回直木賞を受賞された実力の持ち主なので、

読んで損はないかと思います!

時間がある方は是非読んでみてくださいね~。


(学生サポーター:マロン)

読まずに死ねない本がある

|
この世には「読まずに死ねない本」があります。



a21.jpg



特徴的な表紙やタイトルからして読みたくなるような感じだと思います。
(特に男性)(笑)


かの「無知の無」で有名な紀元前のソクラテスから始まり、

「脱構築」で有名な現代哲学者のデリダまで、

きれいな時系列順にまとめられており、


高校生でも理解できる平易な文章ながらも

要点を的確におさえることによって、


網羅的でありながらも浅薄な内容ではないという、

まさに「いいとこどり」を実現している本が本著となっています。


哲学者の原著というのはある意味、

「死んでも読みたくない難解な本」であることも少なくないため、

まず基礎や要点をおさえるうえではとっておきの入門書といえるでしょう。


もしこの本を読んでいくうちに少しでも興味がわくものがあれば、

よりレベルの高い他の著書を読んでみて下さい。

少なくとも「死んでも読みたくない難解な本」

というレベルではなくなっていると思います。


あなたが読みながら考えるのであれば、

哲学という知的な営みを楽しませてくれること間違いありません。

(Student Supporter: Hoon)

「賢い組織」になるために

|
みなさんこんにちは~


夏休み終了間近の今日この頃、

夏休みの計画は実行できましたでしょうか?

長いはずなのに何も意識していないと、

あっという間に過ぎてしまうのが夏休み。


そんな夏休みを有意義に過ごせたあなたも、

有意義に過ごせずに後悔しているあなたも、

一度図書館に来て頭を冷やすというのも

ひとつの確実な方法かと思います。


大学に所属していれば何らかの組織に所属していることが多いので、

自分1人のコントロールだけでは済まないこともあると思います。

考えてみれば自分1人をを動かすのも難しいのに

組織を動かすとなると・・・


そんなあなたにご紹介したい書籍がこちら↓


IMG0019.jpg















大学生は何かとサークルやクラブ活動やら

集団で行動することも多いかと思います。

たとえあなたがリーダーではなくとも、

チームの一員として知っておくべきことがあると思います。


いつでも活躍できるそんな存在になりたい。

そんなあなたに是非ご一読いただきたい本です。


以上、リーダー以外には興味の無い貪欲なHoonでした。(笑)


(Student Supporter: Hoon)

是非読んで欲しいおすすめ本!

|

皆さんこんにちは!

学術情報センターサポーターのマロンです!

 

今回は皆さんにどうしてもおすすめしたい本が見つかったのでブログに書かせてもらいたいと思います!

何様という本です。

この本はあの有名な朝井リョウさんが書いた本でもあります。

4103330627_01__SCMZZZZZZZ_.jpg

 

ここで本の紹介の前に少しだけ作者の朝井リョウさんについて紹介!

1989年 岐阜県生まれ

受賞した賞は『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞や『何様』で第148回直木賞など数々の賞を受賞していている凄い人なんです!

 

作者の紹介はこの辺にしておいて、、、

そろそろ本の紹介をしていきたいと思います。

 

この『何様』という本はストーリではなく6つのそれぞれの物語が短編になっているものです。

6つの物語にはそれぞれ人間関係の複雑さや、仕事のこと、恋愛のこと、悲しいこと、青春時代のことなど人生においてのターニングポイントになってくることが鮮明に書かれていてまるでこの物語がまるで自分のことかのように読むことができ、読み始めたらあっというまに読み終わってしまう本です。個人的には6つの物語の中で「水曜日の南階段はきれい」とう物語がおすすめです♪

 

朝井リョウさんの作品は『何様』以外も図書館に置いてあるので是非読んでみてください。

それでは夏休みも残りあと少し、皆さん夏バテに気をつけて頑張りましょう~!


(学生サポーター:マロン)

「自分を高める」展!

|
みなさんこんにちは~

9月に入りすっかりと秋の陽気になってきた今日この頃、

みなさんはいかがお過ごしでしょうか?


こちら図書館では、入口右手の展示が更新されました!


IMG_3769.jpg

IMG_3770.jpg


その名も 「自分を高める」展!


話は変わってしまいますが、

学生のみなさんはもう夏休みがあけてしまいますね。

今年の夏休み、振り返ってみるとどうでしたでしょうか?

有り余る自由な時間を有意義に使いこなせたでしょうか?


「最高の夏休みだった!」と、

自信を持って言える人が多いに越したことはありませんが、

現実は誰もが100%満足だったということは稀でしょう。


自由な時間ほど、そう簡単に充実した時間を送ることはできないもの。

それを知った上で、

「じゃあ何をすれば充実した時間を送れるのか?」

を考えてみると良いかもしれません。


そうすると、充実した時間を送る方法を知らなければなりません。

しかし、充実した時間というものは「美しさ」と同じように

一概に言えるものではありません。


ですが、ひとつ確実に言えるものがあります。

それは、「自分を高める」ことです。


そう、正に今回の展示のコンセプトのことです!

図書館ではお手伝いできる用意が整っています。


IMG_3780.jpg

IMG_3794.jpg

ここはひとつ、中だるみしつつある自分に

教養と言う強烈なカンフル剤を打ち込んでみませんか?

夏休みがあける前に、図書館に Let's Go~!



(Student Supporter: Hoon)

「食」と言う字は人が良くなると書く。

|

どうも! 「身体に良い食品は存在しないが身体に良い食事は存在する」が自論の伊藤です。ちなみに私自身料理は出来ません。食べる専門です。あと片付け。

 

さて皆さんはまだまだ若い大学生! ジャンクフードやお菓子を食べ漁ったり。または一食抜いても平気な方々が多くいらっしゃると思います。もちろん油モノや炭水化物オンリーの食事を取られる方もいらっしゃるかと。

ですがそれは身体に良い食事とは言えません。とは言え食事は自身の満足、欲求を満たすものでもありますから、身体に悪いとも言えません......まぁ要はバランスですね。

 

と言うことで、今回はおいしく食べられて、体調も整える食事についての本を

ご紹介したいと思います!

『おいしく食べて体に効く! クスリごはん』 

 

この本には食欲が無くなる風邪のときや、便秘のときといった身体の不調のときにオススメの食事や、ニキビやシミといった美容にオススメの食事が調理法とともに記載されております!

 

是非ともこの本を食事を参考に、身体や健康を内側から整えてみてはどうでしょう?

以上、もう一つの自論は「油を食わずとして生きてはいけねぇ」の伊藤でした。

 

(学生サポーター 伊藤)

 

旅行をしてみませんか?

|

皆さん、こんにちは!

学術情報センターサポーターのマロンです!

 

8月も終わってしまいましたが、皆さん夏休みはいかがお過ごしですか?

資格の勉強をする人やクーラーの効いた部屋で野球中継を見ながらゴロゴロなんて...

すみません、それは自分のことでした(笑)

 

とにかく皆さん、それぞれ充実した夏休みをお過ごしと思いますが、中でも「旅行に行く!」なんていう人も多いのではないのでしょうか?

旅行に行くときはネットでその場所を調べたり、本を買ったりすると思います。

しかし!!!!

旅行雑誌がなんとこの白鳥図書館3階にたくさん置いてあるんです!皆さんは知っていましたか?

例えば、これ...『伊豆

4533109357_01__SCMZZZZZZZ_.jpgのサムネイル画像

 







私は最近まで知らなかったので書店で買ってしまいました。。。。

 

ネットよりも旅行本の方が確実な情報が載っているので安心して計画を立てることができると思いますよ~

旅行本は3階図書館の入って右の雑誌コーナー付近にあるのでチェックしてみてください。

現在、白鳥図書館C展示コーナーにも 【この夏絶対行きたくなるフォトジェニックな観光地

特集】として展示されていますので、そちらも是非ご覧ください!



(学生サポーター:マロン)

「つまんない人生歩めば?」

|
こんにちは。学生サポーターの おりぃ です。

今日のブログのテーマは読書。

半数の大学生が本をまったく読まないという調査結果を知った落語家の
立川志らく氏が、以前、読書時間が0分の大学生に対して次のような
苦言を呈しておりました。

「つまんない人生歩めば?」



本を読まないと、人生がつまらなくなる......。
これについてみなさんはどう思われますか?

「本なんて読まなくても、毎日楽しいからなあ......」
「読書よりも、もっと活動的な遊びが好き!」
「アルバイトで忙しくて本を読む時間なんてない!!」

などなど、いろいろな声が聞こえてきそうです。

確かに、本を読まなくてもそれが直接的に不利益に繋がることは少ない
ですし、休日は家で本を読むよりショッピングや運動をして過ごす方が
幸せだ...という方もたくさんいらしゃると思います。

図書館で働いている人間としては、そのような方々にこそ本を読んで
欲しいですが、本を読む習慣がなくて読書を億劫だと感じている人は、
きっと読書という行為自体がストレスフルですよね。

作家の曽野綾子氏は読書について自身の著書『思い通りにいかないから人生は面白い(2013)』で次のように述べています。
 
本を読まないというのは、損なことですね。本を読めば、古今東西の先人たちの知恵に触れられて、それを終始自分で考えたことみたいに「盗用」して生きられるのに、最近は、読書をしない人が多いでしょう。そういう人は、人生を損しているんです。
 
「先人の知恵に触れられる。」
読書の価値というものがこの一言に濃縮されていると思います。

人は生きている限り様々な出来事に遭遇しますが、
行き詰ったときにそれを乗り越えるためには新しい考え方を知る必要が
あります。
世界中の人々の考えに触れる......。その手っ取り早い方法が読書だと
思います。

映画がそうであるように、本もとっておきの1本が見つかると読書は楽しくなります。
食わず嫌いをして損をするのはもったいないです。
まずは一冊手に取ってみてください。


(学生サポーター:おりぃ)

「幸せ」について知っておきたい5つのこと

|

どうも、幸せを感じる瞬間はピノで違う形のものが入っていたときだと思う伊藤です。

さて、今回は多かれ少なかれ誰しもが持つ「幸せ」についてのことを語りたいと思います。

皆さんにとって幸せとは何でしょう? \ お金!/

......中には食い気味で金銭だと答える方もいらっしゃいますし、家族や友人、恋人と過ごす時間と答える方、学食でからあげをオマケしてもらったといった些細なことでも幸せを感じる方はいらっしゃると思います。

もちろん「人の不幸でメシが美味い」という言葉があるようにそういった事柄でも幸せを感じる方もいるかと思います。

 

そんな人によって大小や差異こそあれど感じる「幸せ」

それについて知っておきたいことをまとめた本を今回はご紹介します。

『「幸せ」について知っておきたい5つのこと

 

内容としてはいくつか項目が分かれており、

「お金はあなたを幸せにしますか」「あなたと仕事の関係」といったことを問いかけ、

考えさせてくれます。

もちろん、この本を読んで「自分には合わない」と思うも良し。

「こういった考え方もアリだな」と思うも良しと思います。

私は本やDVDをオススメする立場ですから、私の勧めたものに興味を持ってもらえないことや否定されることもあります。

しかしそれは当たり前のことだと思っています。

人の趣味趣向が異なると理解しているからです。

ですので、人の幸せもそれぞれだと思っております。

 

以上、なんか今回は宗教臭い感じに仕上がったと思っている伊藤でした。

次回はなんかもっと、こう......頭が悪くなるブログを書きたいと思います。


(学生サポーター伊藤)

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索