オススメ本の最近のブログ記事

 「マンガとはルビのある漢字」である。

独自のマンガ観を持たれている、養老先生の言葉です。養老孟司先生とは、解剖学者であり、脳科学者であり、虫取りであり、文学や哲学、歴史から自然科学まで、日本人論から、日常的エッセイまで、ありとあらゆることを勘定に入れて、いろんなことをいろんなところに書きまくっておられる、おじさんです。

マンガをもっと読みなさい

untitled.bmp

 

 

 

 

 

 

 

 

 


タイトル通り、先生はマンガを読めと言っています。なぜならマンガは脳に良いから。

我々が、マンガを読んでいるとき、いったい脳はどのような処理をしているのだろうか、と。

それは日本語の特徴というものを考えなくてはならない。日本語の特殊性は、外国語を考えると見えてくる。

たとえば中国語の場合、「重」という漢字の読みは、一つしか与えられていない。同じようにアルファベットでも、「D」は、「ディー」としか読まない。「dog」は、「ドッグ」としか読めない。どちらも多少方言による違いがあるが、どの方言でも読み方は一つ。

では、日本語の「重」はどうか。ご存知の通り、「重」は、じゅう、ちょう、おも、かさ、え‥‥と複数の読み方を持っている。

つまり、中国語や西洋語、というか、世界のほとんどの言語は、入力「D」に対して出力「ディー」というように、一つの入力に対し一つの出力と確定している。一方で日本語の「重」には、複数の出力をいれなくてはならない。

コンピュータをつくるとき、普通は文字の音声が入力も出力も一つでいいはずですが、日本語に対応したキーボードではソフトを変えなくてはいけない、ということです。コンピュータの処理がより複雑になる。「たいしょう」と入力して、対象、大将、対照、大勝、大正、大賞‥と色んな変換が出てくることを考えたらわかりますね。ここのところが外国人にはなかなか理解されないらしい。

要するに日本語というのは、漢字を読むときと、カナを読むときでは、別々の処理をしなくてはならない。我々が普段日本語を読んでいるとき、その複雑な処理を脳がしているのです。

そのとき脳の中を覗いてみると面白いことが分かります。漢字を読むときの脳の中の場所と、カナを読むときの脳の中の場所が違っていて、離れているのです。ということは、外国人が文字を読んでいるとき、使うのは脳の一ヶ所で済むが、日本人は二ヶ所使わなくてはならない。

脳が故障を起こしたとき言語障害が起きることあるが、その場合、カナは読めるが漢字は読めないとか、漢字は読めるがカナは読めないという症状になることがある。(両方が壊れてしまうことは少なく、あったとしたら大きな故障ということになるから、もう文字を読むどころではない。)新聞の文字を追っていっても、漢字のところだけは読める。だからなんとなく意味はわかるというように。

ディスレクシアという言語障害があります。日本ではあまり聞きなれませんが、外国では割とよくある障害です。日本人には少ないのですが、それはもしかしたら日本語の特徴に理由があるのかもしれない、と僕は思います。

そして、この日本語の構造がそのまま反映されているのが、「マンガ」というわけです。


マンガの中身をよく見てみると、マンガの中の絵が「漢字」、吹き出しの中の文字が「ルビ」という構造になっている! 「山」という漢字の起源をたどると、本当の山の形を図にしたもの。もともとは漢字は絵を文字化したものですね。忘れがちですけど。

日本語の学習でルビがふってある漢字を読んでいくことは、マンガを読んでいるのと同じ。逆にマンガを読むことが学習、とくに言語の学習になっているのではないかと思います。さらにいえば、マンガのコマ割りは、右上から左下読むように構成されているから、日本語の文章を読むときと同じ目線の動きになっています。

マンガがいまや、世界中に日本の文化として広く知らされ読まれているのは、こういう多くのものを養うことができ、そしてもちろん楽しめるからです。もはやサブカルチャーではなく、メインカルチャーといっても良い。

マンガの世界というのは、言葉だけの世界にはないものがあって、それは現実の感覚。我々に強くリアルな印象を与える絵。それは目から入る。それに加え、ギャーとかフッフッフッ、というような擬音語という耳から入る音。マンガというのは五感を使って我々を楽しませてくれるものです。一方、言葉だけの世界というのは概念の世界になる。だからその世界にばかりいると現実感覚がなくなってしまう。

マンガを読むことはこのように我々を養い、楽しませてくれるものなのです。マンガばかり読んでいるからバカになる、というのは嘘です。

 

図書館サポーター あっきー



おいしい!かわいい!

|
どもー、岡ちゃんです

あなたは、カフェを選ぶとき、何を基準に選んでいますか?

私は、「店内」を基準に選んでいます。
店内が、カフェっぽくオシャレでないと
「カフェに居る自分ってカッコイイ!」感がでないでしょ。

今回は、店内の様子もわかる、
東海地方の美味しくてかわいいスイーツのカフェをご紹介します!!



















撮りたいスイーツ。
思わずシェアしたくなる、フォトジェニックなスイーツたちを集めました。

かわいいもの、美味しいものが大好きな
女の子、男の子、みんなに見てもらいたい一冊です!!

(学生サポーター 岡ちゃん)

目に見えないもの☆

|
皆さん、こんにちは!
今日皆さんにオススメしたい本は

王子さまは、自分の星を出て、地理学者がいる星へと向かいました。
「それならば、地球の"探究者"に会ってみるといい」
「探究者?」
「目に見えない大切なものに光を当て、人々に分からせてくれる人たちだ。
 見た目は大人だけど、子どもの心を持っている。彼らに聞けば何か分かるかもしれない」
王子さまは、もう一度地球へ行くことにしました。探究者たちに会い、
「目に見えないけど、大切なもの」を、ともに探究するために.....

(学生サポーター  ウィニー)

「人生って何なの?」

|
こんにちは、ないとぅーです。

皆さんは今までに、貧困の国やテロが発生する国より
安心でき裕福だと感じるが、なんとなく、
人よりも劣っていると思ったことはないですか?

僕は、常にそう思ってしまい
、「どうしてあの人のほうができて、自分では出来ないのだろう」とか、
「あの人たちみたいになりたいなぁ」など世の中が不条理だと感じ、
人に嫉妬してしまうことがとても多くあります。

皆さんもそう思っていますか?

今日は、そんな自分の気持ちを少し和がせる本を紹介したいと思います。



この本は、人生に希望が持てず、ネガティブになっている主人公の奈緒が、
心理カウンセラーのヒカリによるカウンセリングによって、
自分の人生とは一体何なのかを多角度からみていき、自分を取り戻す作品です。

この本は、'自分が好きになれない人''すぐ人と比べ、人をあこがれてしまう人'奈緒となって是非読んでほしいです。
きっと、人生捨てたもんじゃない、これから少し気をつけようと思っていただけるステキな作品です。

三匹のヒーロー

|
どうも!タッキーです。

僕が今回紹介する本は、

有川浩の三匹のおっさんです。
ossann.jpg




















この作品は2014年にテレビ東京でテレビドラマ化され、その後も2015年と2017年、スペシャル版として2018年と2019年には新春ドラマとして放送されました。

この物語は、剣道場の師範で剣道の達人の清田清一、通称「キヨ」と、元居酒屋の店主で柔道の達人立花重雄、通称「シゲ」、そして電気関係の工場を営む、前二人とは違い機械いじりの天才、頭脳派の有村則夫、通称「ノリ」

この、元悪ガキ三人組みが還暦を迎えたことで、家族や身内からはおじいちゃん扱いをされるようになる。「定年退職したぐらいでジジイ扱いされるのはごめんだ!」そう思った三人は自警団を結成。

物騒になりつつある世の中を、自分たちの得意分野や三人の団結力を駆使し、痛快に解決していく。その活躍っぷりが次第に各々の孫や娘達にも影響を与え始める。

果たして三人のおっさんは街に潜む悪を取り払うことができるのか、、、。続きは図書館で。

学生サポーター タッキー

変身

|

20世紀の重要な小説家にフランツカフカがいます。といっても本人が生きている間は全然評価されませんでした。

その中に、友人に聞かせて大いに笑わせたという物語があって、それが『変身』

41FqZTzpCJL.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変身:掟の前で 』光文社

変身:断食芸人』岩波文庫

いくつか訳があります。

ある日自分の部屋の中で目が覚めて起きたら、になっていた。というおかしな始まり方をします。カフカの話は全部こういう、はじめに何か絶望的な状況に陥るとか、いきなり不条理さがやってくるという仕掛けになっています。気づいたときには、手遅れでもうなにかに巻き込まれているという負の状況から始まります。といってそこからなんとかして這い上がって負の状況から脱出するというものでもありません。脱出はさせてくれません。絶望とは、脱出できないからこそ絶望と呼ぶ。カフカを読んでいるとそんな風に感じるようになります。

になったことに気が付いたザムザは、その状況が受けいられず苦しみます。しかしそのことに疑問をもつことはなく、どうやってベッドから降りようかとか、どうやって部屋から抜ければよいかあれこれ考えます。セールスマンとしての仕事にもいかなくてはなりません。でもそのうちに家族に見つかってしまう。

悲しいけど、どこかばかばかしい、というのがこの小説の深みを作っていると思います。単に悲劇という劇的な感じがあるのではなく、淡々としていて終始孤独のまま時が過ぎていく。それまで親や妹のために働いて一家を支えてきたザムザだが、今度は逆に助けてもらう番に・・。だが結局のところ、絶望から抜け出すことはできず、家族にも見捨てられてしまう。よい終わり方はしません。

人間は、たえず変わっていくものです。昨日の私と今日の私は違います。でも変わることを受け入れられず、これが自分だと思っていた「私」に固執してしまう。変わることに自分も周りも、認めない。こういうところをうまく描いています。

部屋の中からなかなか抜け出せない、というと引きこもりや寝たきりを表しているようですが、そういうものの隠喩として読むとよくわかるという人も多いと思います。引きこもりとか、精神病のひとがこの本を読んだら、とてもよく共感して、引きこもりじゃなくなっていた、というような話を聞いたことがあります。

なぜ、勇気や希望を与える物語や幸福を感じさせてくれる話ではなくて、絶望を感じさせるもの、人間社会の不条理を描くものに、ある種の魅力をある種の人間は感じるのでしょうか。

カフカを読んでみると、こういう話を読むことで得られる利点というか、快楽のようなものを見つけるかもしれません。

カフカの時代にはなかなか理解されなかったが、その後の社会で受け入れられ、現代まで読み継がれるようになりました。

絶望的な気分のときとか、現代社会の中で孤独を感じる人に良いかもしれません。

 

図書館サポーター あっきー


あなたのリーダー像は?

|
  どうも!レモンです!
  授業のグループワークだけでなく、バイトや複数人の友人と遊ぶとき、リーダーがいないと大変ですよね。
  私も夏休みの計画を友人とぼんやりとしか持ってなく、結局流れてしまいました。

  そんなレモンがオススメする一冊は
宇宙兄弟.jpg





内容
  チームづくりの専門家でもある著者・長尾彰氏が、
TVアニメや実写映画にもなった人気マンガ『宇宙兄弟』に
登場する数々のエピソードやセリフを引用し、
自分の強みを活かしながらリーダーシップを発揮する方法や、
理想のチーム作りを指南する!

  本作品は宇宙兄弟という漫画にあったシーンに関連付けられています。
  しかし、宇宙兄弟をよく知らないひとでも十分楽しく読むことができます。
  ぜひ、リーダーはみんなを引っ張っていかなくてはいけないと思っている人に手にとって読んでほしい一冊です。

(学生サポーター レモン)

全てのもてない男のために

|

もてない男のための本なら、江戸川乱歩の短編集があります。

人間椅子』江戸川乱歩 角川書店 角川ホラー文庫

81WhfMdh0FL.jpg










くて、容姿に自身がなく、内省的で、自分を卑下しがちで、すぐ悪いことを思いつくというようなタイプの人がよく出てきます。女性にある種の恐怖感を抱いていたり、特殊な性癖の持ち主であったり、犯罪者的な思考をしていたり‥‥

読んでいると、ゾクゾクしてきて恐ろしくなってくるが、その中でも、その感覚わかるとか、その気分わかるというような共感を覚える人は多いと思います。江戸川乱歩というと探偵ものの印象がありますが、そのほかにも、ホラー、怪奇・幻想系や人間の異常な心理を扱ったものや、男女の偏執的な愛憎を書くものが多く、どれも後世まで伝わる魅力があります。その人間心理の複雑怪奇さを、端正な言葉で読みやすい文章で書いているところがすごい。書いてあることが異常なのに、文章がとても上品で、整っていて、読みやすいので、その対照が際立っていて、戸惑ってしまう。つい引き込まれてしまうのです。

椅子の中に潜むことで、皮一枚越しに女に触れられるということを考えた男について描いた『人間椅子』。狭いところ、暗いところを好み、人には見られたくないが、しかしそれでも快楽は味わいたいという男の胎内回帰願望(そんなものがあるのか?)と性的苦悩を解決せようとした行動というのをうまく書いていると思います。

人間は目の前のものを無意識のうちに真似をしてしまう、という習性を利用した完全犯罪を描いた『目羅博士』

他、妻とその不倫相手の共謀によって殺されてしまう哀れな男の話、妻の一瞬の悪知恵によって死ぬまで閉じ込められてしまうという夫を描いた『お勢登場』。鏡に囲まれた部屋で狂ってしまう男の話、絵の中の人と共に電車に乗って旅をしている不思議な男の話‥‥と異常な、病的な、偏執的な興味深い話が続きます。何かを告白するような書き方で語られるから、それが恐ろしさとを増し、好奇心を誘っているような気がします。

それから乱歩の特徴は、醜男の苦しみとそれをあざ笑うかのように翻弄する女の冷酷さ、冷ややかさ、というのがよく出ています。リアルだなあと思います。

しかしなぜ女というのはこう冷ややかなのでしょうか。それとも男が女に対してある種の冷ややかさを求めているのでしょうか。


図書館サポーター あっきー

へんな論文

|
こんにちは、大学時代があと半年しかない4年生ウィニーです!^_^

大学での最後の半年間をもの凄く大切にしながら、
卒業論文と就活を同時に頑張っています!

論文を書くのは、
長くて面倒くさくてつまらないことだと思うんです(苦笑)

うまく書けた素晴らしい論文を学びますけど....

ということで、今回皆さんに『へんな論文』をオススメします。
論文や研究というものは、
非常に身近なテーマでも、
そして役に立たないものでも、立派に成立します。
「オレノーベル賞」の受賞論文の数々を紹介してくれます。
なかなか見る機会のない研究論文。
探してみれば仰天のタイトルがざくざく・・・・

こんなことに人生の貴重な時間を割いている人がいるなんて!

今日もどこかで、だれかが研究しているのです。
「ですます」体ではなくなりますが、論文を真面目に紹介してくれます♪

ぜひ、3階図書館に借りに来てください♪
(学生サポーター  ウィニー)

パライソ

|
どもー、岡ちゃんです!

今回紹介したい本は、『楽園』です。

南国の植物が茂る廃村で突如始まる圭太と「祖父」との奇妙な共同生活。
毎夜、語られる太平洋戦争の記憶。老人が残したかったものとは? 


一通のハガキを元に最初はお金目当てで祖父を訪れる主人公。
一風変わった祖父との対面。

不思議な世界へと迷い込んだ主人公と祖父との奇妙なやり取りがやがて
戦争への記憶へと変わって主人公の心へ深く影響を及ぼす事になる。


内容的にはかなり深く、読み応えのある物語です。
主人公の青春と祖父の青春が交錯するような面白い場面もあるので、
気になった方はそこも注目して読んでもらえたら嬉しいです。

「楽園」とは何か?
人それぞれに抱くものは違うと思うけれども、とても考えさせられる内容になっております。

タイトルの「パライソ」は、ポルトガル語で「楽園」を意味します。
ちなみに、わたしの好きなアーティストのオーイシマサヨシさんも
「楽園」という楽曲を発売しているのでぜひ、チェックしてみてください☆

(学生サポーター 岡ちゃん)

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索