オススメ本の最近のブログ記事

独特の韻を踏んだ文章と、独自のモノクローム線画でユニークな作品を数多く発表した

エドワード・ゴーリー。

ダークな内容のものが多いが、面白い作品も紹介したい。

カギ鼻頭のヘンな生き物がやってきたのはヴィクトリア朝の館。

とある一家の生活の中に突然入り込んできてそして、それから...。

この可愛いキャラクター『何かわからない生き物』の正体とは?

"うろんな客"とは誰なのか?

ぜひ楽しんでもらいたい。

(瀬戸の図書館スタッフ:emirin)

うろんな客

キャプチャ.PNG

野球短歌

| | トラックバック(0)

こんにちは、ポテトまるです。

皆さんは野球に興味はありますか?
2023年に行われたWBCでは日本中、世界中が大盛り上がりでしたよね。
野球をあまり知らない方でもWBCは見た。と言う人も多いかもしれません。

今回は『野球短歌 さっきまでセ界が全滅したことを私はぜんぜん知らなかった』を紹介します。この作品は、プロ野球の阪神タイガースのファンである著者が、野球への愛を込めた短歌を一試合ごとに詠み続けたもので、全三一三首を収録しています。

野球短歌 さっきまでセ界が全滅したことを私はぜんぜん知らなかった.jpg

野球好きな人なら自分の応援しているチームに置き換えて読むとクスッと笑えて面白いですし、野球をよく知らない人でも、ファンの人はこういう気持ちなんだなと想像できて面白いと思います!

阪神タイガースは、2023年にリーグ優勝と38年ぶりの日本一に輝きましたし、監督の「アレ」という言葉が新語・流行語年間大賞にも選ばれたことからも、話題性もばっちりですね!

しろとり図書館に所蔵がありますので、ぜひ借りてみてください!
(名古屋の図書館スタッフ ポテトまる)

空想地図帳

| | トラックバック(0)

こんにちは、スタッフゆまたろうです。

地図が好き、街づくりシミュレーションゲームが好きな人におすすめ!
今回は、実在しない架空のまちの地図を楽しむ本を紹介します。
空想地図帳map_open.pngmachidukuri_building.png

掲載された作者の違う16の架空都市の地図は、
どれも気候や地形、歴史を考慮した都市計画が行われていて
見ているだけでその街を旅行している気分になれます。
地図にちりばめられた、作者オリジナルのお店のロゴも見どころです。
巻末には空想地図の書き方も紹介されているので、
長く楽しめる趣味が欲しい人にもおすすめですよ!

(「Cities: Skylines II」がストレスなく動くゲーミングPCが欲しい
  なごやの図書館スタッフ ゆまたろう)

独特の韻を踏んだ文章と、独自のモノクローム線画でユニークな作品を数多く発表した

エドワード・ゴーリー。

衝撃の問題作?!を紹介したい。

イギリスで実際に起きた悲惨な事件によってゴーリーが心底動揺させられ、

描いたものである。

悲惨な事件を物語化している為、ダークな内容でものすごく怖い。

人によって様々な意見・感じ方があると思う。

(瀬戸の図書館スタッフ:emirin)

『おぞましい二人』

ブログ.PNG

ダークツーリズム

| | トラックバック(0)

choju28_0014_4.png

 

人類の悲しみと対峙するダークツーリズム入門ガイド

 

ダークツーリズムという言葉を知らず、この本で初めて出合いました。

災害被災跡地、戦争跡地など、人類の死や悲しみを対象にした観光のことだそうです。

 

アウシュビッツを始め、ベルリンの壁やチェルノブイリ原発など有名な場所から、

マイナーな場所まで36ヶ所が紹介されています。

 

旅行のモデルプランも載っていて、

チェルノブイリ原発など「行っていいの?」と思ってしまうものから、

ナチスによってたった2日で破壊されて時が止まったままの村など

思わず行ってみたくなる場所をその地の歴史とともに知ることができます。

  

写真を見るだけでも興味深い本です。一度手に取ってみませんか?

  

【図書館スタッフ:フエルトうさぎ】

マゼラン船団

| | トラックバック(0)

マゼラン船団 世界一周500年目の真実 ー大航海時代とアジアー

 本書は2023年11月刊行。筆者は大野拓司。ジャーナリスト。マゼランと言えば

世界一周の航海を初めて成し遂げたということで、世界史上の有名人。そのマゼランが

亡くなって約500年。フェルディナンド・マゼラン(1480-1521)は、

ポルトガル人でしたが、スペイン国王に西回りの航海で太平洋の東アジアとの香辛料

交易を提案。スペインの船団を率いて大西洋を南下、南米大陸の先端、後年自分の名前

が冠せられるマゼラン海峡を抜け太平洋に出ます。さらに太平洋を西北上し、現在の

フィリピン諸島に到着。現地の部族、部族長と交流しキリスト教の布教を図り、諸島の

支配に向けて動き出します。しかし、これに従わない部族と交戦となり戦死。

9784861829772_600.jpg

1521年4月のことです。生き残った船員達は航海を続け、

翌年にはスペインに戻り、世界一周を成し遂げ、東アジアの

存在と情報、香辛料をもたらします。その後、このことが切

っ掛けで、戦国時代の日本にも南蛮人が渡来すようにもなり、

キリスト教も布教されることになったようです。東アジアの

海洋域の人々にとっては大きな転換点となったといえるでし

ょう。航海者としてのマゼランの姿しかイメージされなかった

のですが、大航海時代、植民地化時代の魁(さきがけ)とし

ての姿がそこにはあったのです。

(しろとり図書館スタッフ 東空)

孤独のグルメ

| | トラックバック(0)

こんにちは、スタッフゆまたろうです。

大学図書館にこんな本が!シリーズ第4弾、
今回は大人気ドラマの原作漫画を紹介します。

孤独のグルメ

この漫画は、中年の主人公が仕事先の様々な土地で
地元の常連客で賑わう定食屋に行き、
一人で食事を楽しむ姿を描いた物語です。

teisyoku_hiyayakko.png

毎話違う街の雰囲気や、
店での店主や常連客とのやり取り。
店内の壁に貼られた様々なメニューから
小鉢やメインを選び、黙々と食事をしながら
あれこれ思考を巡らせる姿になぜか癒されます。
海外でもファンが多いそうですよ。

私は勇気がないのでチェーン店にしか行きませんが、
街の定食屋で、何気ない定番メニューを頼んでみたくなりました。

(なごやの図書館スタッフ ゆまたろう)

編集者のお仕事

| | トラックバック(0)

重版出来.jpg『重版出来!』全20巻

「週刊バイブス」の新人漫画編集者・黒沢心の奮戦記。

漫画業界を描いた作品では「バクマン。」もあります。こちらは作者目線で描かれているけれど、「重版出来!」では編集者が主人公であるため、編集者の仕事ぶりがよくわかります。

「漫画」は、漫画家だけじゃなくって、「作る」編集者、製版、印刷、デザイナー、
「売る」営業、宣伝、取次、書店員...などいろいろな人が関わって読者の手に渡るのです。
作品に携わる一人ひとりの人間ドラマを骨太に描く本作、読み応えばっちりです。

「漫画という商品はどうやって作られるのか?」に興味がある方も、ぜひ。

 TBS系列にて連続ドラマ化され、小学館漫画賞一般部門も受賞した作品です。


(瀬戸スタッフ:Signet)

こんにちは豆太です。

今回は地球の歩き方シリーズの中から最新の『地球の歩き方, J01 東京23区 '24-'25』を選びました。

特に都心、副都心を中心に新着&最旬情報満載です。

四季で旅をするもよし、1、2泊&日帰りモデルプランでめぐるのもよしとにかく東京へ行ってみよう。

まずおすすめは元祖グルメの起源から名店の秘密まで江戸っ子の知恵と暮らしにせまる大江戸食文化紀行ですね。

お惣菜&スイーツ食い倒れ天国!23区の名物商店街を歩き回って見てください。

築地市場がなくなり、豊洲に移行しましたが、築地場外市場はまだまだ健在です。

私的には世界最大規模の本のまち、神田古書店街の個性派書店をめぐるのも好きです。

また河童橋商店街でキッチン用品を見て回るのも楽しいですね。旅行.png

それぞれの趣味や嗜好で場所を選択すればまた楽しさも倍増しますね。

まずこの1冊で情報収集してアクティブに行動してみましょう。

(名古屋図書館スタッフ:豆太)

こんにちは、ポテトまるです。

今回は、『ルームメイトと謎解きを』について紹介します。

本の表紙が優しさのある感じだったので、読み始めの頃は日常の中で起こる問題を解決していくストーリーなのかな、と思っていました。

しかし、読んでいくと結構しっかりとした事件が起こってまず驚きました。
友情にフォーカスされた物語でもあったので、犯人を予想することと、事件を追う中での主人公たちの友情の深まりを同時に味わうことができてとても面白かったです。

ルームメイトと謎解きを.png

ちなみに私は、犯人は最後まで分かりませんでした...。
犯人を推理する際、容疑者の中から消去法で犯人を絞り込んでいくのですが、一人ずつ容疑が晴れていくのに対し、容疑者がどんどん絞られていくハラハラ感がとてもよかったです。

気になった方は是非、読んでみてくださいね。

(名古屋の図書館スタッフ ポテトまる)

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ