睡眠と覚醒

| | トラックバック(0)

こんにちは豆太です。

今回もひびのライブラリーにある本(図書)を紹介します。

かつてないほど頭が冴える!睡眠と覚醒最強の習慣

aiu.jpg

科学的に実証された最新理論が最高の「朝」をもたらします。

どうやら私は睡眠について間違った常識があったようです。

眠っている間というのは、ただ「スイッチオフ」の状態になっていると思っていました。

この本ではそうではなく、

「脳と体を休める」

「成長ホルモンを分泌して骨や筋肉の成長を促す」

「免疫力を高める」

「ストレスを解消する」

「記憶を脳に刻み整理する」など、脳や体に欠かせないメンテナンスをするそうです。

このメンテナンスがしっかりされると、「朝、スッキリ目が覚める」「頭が冴える」という質の高い「覚醒」がもたらされるそうです。

「睡眠」と「覚醒」は、一方が良ければもう一方も良くなる、逆に一方が悪くなればもう一方も悪くなるという、切っても切れない関係にあるそうです。

「間違った常識」に振り回されないための Q&A形式で解説もしています。

例をあげるならば

●8時間寝ないといけない(誤)「一日8時間眠るのが正しい」という「8時間神話」がなぜか日本では定着していますが、これこそ最初に改めていただきたい旧常識だそうです。(正)

●平日の睡眠不足は週末の寝だめで取り戻せる(誤)実際に寝だめで解消できるのは、眠気とだるさだけで睡眠負債は解消できない(正)

など、日頃の私たちの常識が間違っていることが判明すると思います。

良い睡眠を得るための Q&A形式46問も非常に理解しやすい文面で説明しています。

この本(図書)を読んでいただき、かってないほど頭が冴え、質の高い睡眠が得られれば

最強の習慣になると思います。

(名古屋図書館スタッフ:豆太)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 睡眠と覚醒

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/8749

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ