2年間の休暇

| | トラックバック(0)

こんにちは。小豆です。

今回も児童書から紹介させてください。

タイトルは

十五少年漂流記

原題は、

2年間の休暇

十五少年漂流記.jpg

15人の少年たちが漂流後、ほぼ2年間無人島で生活するお話です。

子供の頃に読んで、内容は忘れてもこのタイトルは、ずっと記憶にあって無意識に私のお気に入りとなっていました。

読み返してみて、

山を走り回り、基地を作って遊んでいた子供の頃の私が好きそうな内容でした。

8歳くらいから15歳くらいの少年、15人。

頭の良い子たちです。

学校での勉強もよくできた優秀な子たちのようです。

自然のこと、潮の満ち引き、季節のようす、地球のどのあたりか予測を立てること

などなど、学んだことを活かしています。

勇気と行動力もすばらしいです。

人は15の時にすべてを知り、その後、少しずつ忘れてゆく

そんな言葉を思い出しました。

まさに、彼らの知りうるすべてを駆使しての2年間だったと思います。

途中、どのシーンか忘れましたが、泣けてきました。泣けるシーンではなかったと思います。

その時、私が感じたのは、私たちもこの世で、この地上で、ある意味、探検、冒険をしているようなものではないか、ということです。

終わりの見えない、実際には終わりはあるのですが、そのことをあまり意識しないで、来る日も来る日も、生きるために働き、時に休息、安らぎのひとときを過ごして、また働く。

この繰り返し。

栄華を極めたソロモンも

空の空。

地上の営みは空しいと言っています。

けれど、彼は最後に大切なことにたどり着きました。

話が逸れましたが、探検のお好きな方、子供たちの無人島生活、

一緒にハラハラドキドキしてみませんか。

十五少年漂流記』おすすめします。

(図書館スタッフ:小豆)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2年間の休暇

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/8330

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ