顔のないスパイ

| | トラックバック(0)

007やミッションインポッシブル、キングスマンなど

スパイ(エージェントや工作員とも言います)を主人公にした映画は人気が高い印象があります。

日本にはぱっと思いつくド派手なスパイ映画はありませんが、

目立たずまさに暗躍するスパイの小説があります。

img_9784048738514_1.jpg

柳広司さん作の『ジョーカー・ゲーム』です。

この物語におけるスパイ、すなわち"D機関"出身スパイの心得は

「死ぬな、殺すな、とらわれるな」。

スパイ映画を見慣れた人には「はてな?」かもしれませんが、

顔のないスパイたちの暗躍には欠かせない心得です。

すべてが嘘で出来ているスパイたちの活躍に

気づけるかどうかというのもこの小説の楽しみかもしれません。

ぜひ手に取ってみてくださいね。

(瀬戸のスタッフ:もんぴぱ)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 顔のないスパイ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/8318

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ