誰の忠告を聞くのか?

| | トラックバック(0)

車輪の下

すっかり忘れていたので、もう一度読んでみました。

最近、子供の頃、若い頃に読んだ本を

≪もう一度読む≫を繰り返しています。

今、読んでみて思うのは、

誰の忠告を聞くのか

ということはとても重要だということ。

たとえ厳格な職業の人であっても

人を指導するような立場の人であっても

そのアドバイスが正解とは限らない。

本当にその人のことを思って言ってくれているのか。

見分けることは重要なポイントだと思う。

結局、その選択は、自分でするのだから、

結果も受け入れるしかない。

結末がわかっているだけに、読んでいて、苦しかったです。

まだ読まれたことのない方にはもちろん、

一度読まれたことのある方にも

そして

がんばりすぎてる方にもおすすめです。

がり勉さん.png

車輪の下』は、

しろとり図書館の文庫・新書コーナーにあります。

(図書館スタッフ:小豆)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 誰の忠告を聞くのか?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/8258

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ