【部屋の中で見る青空】未完成な物語

| | トラックバック(0)

みなさん、こんにちは!

瀬戸図書館スタッフのもんぴぱです。

日本では天体観測は空気の澄んだ冬がいいといわれますが、

不思議なことに星のお祭りは夏に行われますよね。

夜に空を見上げる機会も多い季節ということで、

今回は『銀河鉄道の夜』をご紹介します。

 

この物語は、

貧しく自分に自信のない少年ジョバンニと、

心優しい少年カムパネルラが

銀河の祭りの日にひょんなことから銀河鉄道に乗り

二人で旅をすることになるお話です。

幼い二人の旅路は楽しくてわくわくして

どこかずっと切ない雰囲気をまとっています。

amanogawa.png 

 

 

 

 

 

 

宮沢賢治さんの死後、未完成のままにみつかった物語。

その不安定さすら、この作品の良さになっている気がします。

なかなか出会えないある意味貴重な物語かもしれません!

(最近だと伊藤計劃さんの『屍者の帝国』が似たような境遇といえそうです。)

 

※宮沢賢治『銀河鉄道の夜』は青空文庫からすぐ読めます。タイトルをクリックしてください。

(瀬戸のスタッフ もんぴぱ)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【部屋の中で見る青空】未完成な物語

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/7844

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索