世はなべて金も無し

| | トラックバック(0)

皆様こんにちは、図書館スタッフの勝山道です。
さっそく今回も本の紹介、『お金本』となっております。

 
okanebon.jpg
 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
このタイトル、そして表紙にしたためられた一文。


「金儲けを考へるが、自分で働かうといふ気がしない。」


これだけでこの本がどのような本か、まる分かりですね。
そんなことはない? それでは簡単な紹介をしましょう。
 
本著には誰もが教科書で見覚えのある文豪を中心に漫画家、ミュージシャン、実業家などいわゆる成功した人たち合わせて96人。
そんな方々の「金がない!困ったー」というエピソードが計100篇収録されています。
 
しかもただ単に金欠であるというのではなく、
「今しがた原稿料を貰ったが酒に使ったんで其方に返す金はない。あと実は競馬とか始めようと思ってるよ。じゃあまた」
と堂々と手紙に書き連ねていたり、
「一生に一度のお願いですお金貸してください。貸してくれなかったら自殺してやるぞ」
とまあコメントに困る書面を残してしまっていたり。
 
要するに、人間追い詰められても結構たくましいし面白いのです。
今も昔も誰も彼も、金に困ればすることは同じ。名だたる大作家も人間なんですねえ。
そんな気分でだらりと読んでみるといいかもしれません。
 
それでは失礼します。

 

(しろとり図書館スタッフ 勝山道)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 世はなべて金も無し

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/7725

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索