【部屋の中で見る青空】巨男は良い男

| | トラックバック(0)

みなさん、こんにちは。スタッフのにこいちです。

みなさん新美南吉は知っていますか?

『ごんぎつね』や『手袋を買いに』が有名な作家さんです。

無題.png

小学校の国語の教科書に載っているお話なので、おそらく一度は読んだことがあると思います。

きつねが出てくるお話が多い印象の新美南吉ですが、今回紹介する話にはきつねは出てきません。

巨男の話』です。

恐ろしい魔女の息子の巨男が、白鳥に変えられてしまったお姫様と出会い、なんとか元の姿に戻してあげようと頑張ります。

とっても優しい巨男ですが、怖い魔女の息子ということで、町の人々からは酷い仕打ちを受けます。

お姫様は元の姿に戻れるのか...

子供向けの童話になりますが、純粋に相手を想う気持ちが大人になってから読むと沁みるんです。

最後に、だから涙を流さなかったんだ...と、お姫様の気持ちがとっても切なくなるお話です。

作者の新美南吉さんは愛知県半田市出身で、出身地にある新美南吉記念館もおススメです!

かわいいきつねがお出迎えしてくれますよ。

※新美南吉作『巨男の話』は、青空文庫のからすぐ読めます。タイトルをクリックして下さい。

(名古屋の図書館スタッフ にこいち)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【部屋の中で見る青空】巨男は良い男

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/7826

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索