【部屋の中で見る青空】残酷なグリム童話

| | トラックバック(0)

こんにちは!スタッフの月ウサギです。

  

自粛期間中は"いつ終わるのかな~"と悶々としつつ・・・

Youtubeで大好きなアーティストが5/31までの期間限定ではありますが

LIVE動画を無料公開してくれました。他のアーティストと比べてその数が

ダントツに多く、広告一切なし!という心意気に私的に感動してして。

DVD商品は全て持っているのに家でたまに視聴したりしていましたが

(寄せられたファンでない方含む称賛コメントを見る目的もあり 笑)

期間も終わりましたので読書もしないとなぁ、と思いつつ気軽に家から読める

電子図書館「青空文庫」よりご紹介します。

タイトルに上げたようにグリム童話なのですが、よくグリム童話って怖いとか

残酷とかって聞きますよね。

 

タイトルは「杜松の樹」 

杜松の樹 表紙.jpg

    

  名前だけは聞いたことがあって、アイスランドでBjork主演

  で結構昔に映画化もされてました。

  (お話は少し映画用に変えられてるそうです)

  知人の図書館員さんが公共図書館HPで紹介しているのを

  タイムリーにも見たので怖いもの見たさの私は原作を初めて

  読んでみたのでした。ちなみに短編なのですぐに読めます。

     

        

         

          

・・・途中で既にちょっとかなりおぞましいのですけども、、

最後のオチまで読んで身震いしましたね・・・。

知人の方も"怖いけど優れたメルヘンだ"とは書いていましたが

確かに言葉の響きも美しく、淡々と話が進んで無駄がないのです。

そして残酷だけど、腑に落ちると思います。

 

美しくて恐ろしい話というのはどこか人を惹きつけるのでしょう。

  

 木.jpg     

百舌鳥.png

      

 美しい声で泣く鳥が登場しますよ。

※画像は百舌鳥(モズ)のはやにえです

 関連はないけど何となく(笑)

  

   

★瀬戸のスタッフ 月ウサギ★

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【部屋の中で見る青空】残酷なグリム童話

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/7791

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索