新たなる課税

| | トラックバック(0)
どうも! タッキーです。

皆さん、テストお疲れサマでした。


僕もテスト期間が無事(?)終了し、
とりあえず肩の重い荷が下りた感じがしてとても清々しいです(本音は成績が出るまでは気は落ち着かない、、、)。


さあ、気を取り直して(笑)。


今回紹介する本は小前亮作の残業税です。



〇〇税と聞くとなんだか気分が重たくなりますよね(ボソ...)

残業税.jpg





















~あらすじ~
今の時代では当たり前になりつつある残業。しかしこの作中の日本では、そんな残業をすればするほど税金が多く取られる制度「時間外労働税」が導入される。

この課税によりサラリーマンの残業時間は劇的に減少。社会は残業をしないのが当たり前になりつつあった。


しかし、時間外労働なしでは会社が成り立たない企業も少なくない。故にもっと働かせたい企業はこっそりサービス残業をさせる。このサービス残業もこの世界では立派な「脱税」に該当する。


そんな脱税企業を片っ端から取り締まるべく、主人公の「矢島 顕央(やじま あきひさ)」含む残業税調査官、マルサならぬ通称「マルザ」と労働基準監督官が奮闘する一冊。

公務員のいい意味の固さ(真面目さ)が表現された作品です。

ぜひ読んでみて下さい!(早くテストの呪縛から解かれたい) 

(学生サポーター タッキー)


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 新たなる課税

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/7696

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索