ウルトラセブンの成分。

| | トラックバック(0)
こんにちは! " くうこう "です! (*^_^*)

皆さんはウルトラマン、見ていたでしょうか?
世代的には マックス、メビウスあたりでしょうかね。

今回紹介する本は、


ウルトラセブンは最高傑作と呼ぶ人が多い作品です。

作品には数多くの宇宙人たちが地球侵略をもくろみます。
地球人側の視点と宇宙人側の視点。
宇宙人には率先して接触を試み、平和的解決を図ります。

洗練されたシナリオ構成により作り出された数々。

個人的にはやはり、メトロン星人ですかね。
ちゃぶ台をはさんで主人公と対話するシーンは有名ですね。

メトロン星人の戦略としては
地球人の信頼関係を破壊させ、自滅を図るものでした。
結果、ウルトラセブンに敗北しますが、

最後のナレーションが
メトロン星人の地球侵略計画はこうして終わったのです。
 人間同士の信頼関係を利用するとは恐るべき宇宙人です。
 でもご安心ください。このお話は遠い遠い未来の物語なのです.....。
 
え?何故ですって?
 
 .....我々人類は今、宇宙人に狙われるほど、
 お互いを信用してはいませんから....。

これ、もうやばいよね!!! ( 語彙力 )

本当にこれ子供向けのテレビ番組かって思います 笑

こんな作品を生み出したのは脚本家 金城哲夫による
シナリオ作りが大きく関係しています。

そんな脚本家 金城哲夫のシナリオ集であるこの本を読んで
ウルトラセブンの世界に浸ってください♪


( 学術情報センター 学生サポーター くうこう )

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ウルトラセブンの成分。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/7405

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索