2017年6月アーカイブ

WBCの内幕 ~日本球界を開国した人々~

|

皆さんは野球は好きですか?

もちろん、私は好きですがその中でも日本のスター選手が力を合わせて世界と戦うWBC  (ワールド・ベースボール・クラシック)が特に好きです!

                                        

 

皆さんにオススメする本にはテレビでは語られないWBCの産まれたきっかけや有名選手のメジャー移籍など多くの秘密が書かれています。

またこれからの日本野球についても分かることができるのではないでしょうか!

 

是非この本を読んでもっと野球のことを好きになりましょう!

WBC (ワールド・ベースボール・クラシック) の内幕 : 日本球界を開国した人々 』 


(学生サポーター マロン)

イケアとスウェーデン

|

 

どうも、最近棚を買ったら一部組み立てを間違えて木目を表面にした伊藤です。

 

新学期が始まって早数ヶ月。中には県外から大学に通う方や、就職で県外に赴くことになりそうな方。様々な方々がいるかと思われます。

そこで親元を離れての一人暮らしで必要なものといえばなんでしょうか。

住家はもちろん、生活費を稼ぐことや家事など、こなさなければならないことがたくさんありますね。

とは言え新入生は入学した4月から数ヶ月経ち、上級生の方は一人暮らしに慣れてきたか、辟易してきた頃かと思われます。

 

そうであれば部屋を彩る物が欲しくなってきますね。

......ペットや彼氏彼女? いいえ違います。

部屋を彩る物、暮らしを便利に優雅にするもの。それは『家具』です。

と言うわけで今回はリーズナブルに北欧風のインテリア、家具を取り扱うお店、イケアについて書かれたこちらの本をご紹介したいと思います。

イケアとスウェーデン : 福祉国家イメージの文化史

 

イケア発祥の地である北欧、スウェーデンと聞いてカバっぽい妖精やカンテレ、福祉国家を浮かべる方も多いかと思います。また同時に「北欧風」と聞いたらオシャレなイメージを浮かべる方も多いでしょう。

そのオシャレなイメージを世界に発信したものこそ「イケア」なのです(※あくまで伊藤の自論ですので男子は女子や家族の前で自慢げに話されても責任は取れません)

 

この本はそんなイケアの歴史やヒットした背景、イメージの文化史を記した1冊となっており、また多くの方が知るイケアを通してスウェーデンを学ぶことのできる一冊となっております。

 

以上。棚を作った際に謎の金属ピンが余っていた伊藤でした(なおイケア製ではありません)


(学生サポーター:伊藤)

 

本屋大賞 受賞作品☆彡

|

皆さんに一度は読んで欲しい本があります。

告白


湊かなえが書いた本で、2009年の本屋大賞で1位という素晴らしい賞も取っています。

 

この本には人間の憎しみや悲しみ、怒りなど負の感情が普通の本よりも多く書かれていて改めて人間のあり方を考えさせられるようになっているのではないかと思います。

湊かなえが好きな人には特に読んで欲しい本です!

また推理物が好きな人にもうってつけの本だと思います!

 

以上、学術情報センターサポーターのマロンからのオススメ本の紹介でした!


(学生サポーター:マロン)

本屋さんツアーに行きました!

|

こんにちは。学生サポーターの おりぃ です。

 

6月17日に本屋さんツアーが開催されました!

名古屋市は栄にある書店、丸善様にお邪魔し、

学術情報センターに所蔵する本を選書しました。

 

7階建てのビルの本屋さんで、非常にたくさんの本が取り揃えてあります。

 

はじめに選書に際しての説明を受けます。

CIMG0410.JPG

 

 

 

 

 

 

 

その後、各々が各フロアへと繰り出します。

CIMG0415.JPG 

 

 

 

 

 

 

膨大な数の本があるので、検索コーナーで目当ての本を探します。 IMG_6765.JPG

 

 

 

 

 

 

時間ギリギリまで本を探して、参加者の皆様もお気に入りの一冊を見つけたようです。

IMG_6782.JPG 

 

 

 

 

 

 

好きな本が図書館に並んで、誰かに読まれるキッカケを作れたと思うと、なんだか嬉しいです。

それに、それぞれが選んだ本はその人の性格や好きなものを表しているように思えて、とても興味深いです。

 

人が本を選ぶのか、本が人を選ぶのか。

 

どちらかは分かりませんが、それぞれの興味のある個性的(?)な本がたくさん選ばれました!

 CIMG0431.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今回選書した書籍が図書館に並ぶまでには、少し時間がかかりますが、

面白そうな本がたくさんありましたので、どうか気長にお待ちくださいね!

 

 

(学生サポーター: おりぃ)

「群れない」自分になりたい人へ

|
みなさんこんにちは~

今回は「群れない」自分になりたい人へというテーマでご紹介したいと思います。


ところでみなさん、最近どうですか?

自分で自分をちゃんとコントロールできていますか?

というのも、新学期が始まってGWを堪能し、しばらく経った頃には毎年恒例の「マンネリズム」が始まるときだからです!

これを放置しておくと次の長期休暇には必ずといっていいほど後悔してしまうことでしょう。

「図星だ!」という方は続きもみてやってください。(笑)


ということで、話がちょっと逸れてしまったので、ずばり本題に入りましょう。

みなさんもご存知の通り、生きていると色々な悩みが出てきます。

その悩みの中でも一番頭が痛いのが「人間関係」と言われています。

身近な話題だけに、みなさんにも思い当たる節が多々あると思います。


例えば、予定があるのにいやいや飲み会に参加させられたり、

同調圧力をかけられて帰るに帰れなかったりと、

「自分の嫌いなこと」のせいで「自分の好きなこと」ができなくなってしまうことがあります。

これが正に先ほど言っていた「自分をコントロール」できていない状態です。

では、「セルフコントロール」する上で必須といえるのはなんでしょう?

ずばり、言いたいことを素直に言えることです。

それも大胆に。

更に具体的な内容は、この一冊に書かれています。



IMG0015.jpg



(Student Supporter: Hoon)

大学生活には慣れましたか?

|

こんにちは!

学生サポーターのマロンです!

 

大学が始まってからけっこうな時間が経ちましたが皆さんは新しい大学生活には慣れましたでしょうか?

特に新1年生の人は新しい出会いや学びの連続にウキウキしっぱなしなのではないでしょうか。

 

しかし油断をしていてはいけません。

大学生といういままでよりも自由になった分、危険も潜んでいることを忘れてはいけません。

そんな危険からあなたの身を守る為に、ある1冊の本を皆さんにおすすめしたいと思います。

大学生.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

 『大学生がダマされる50の危険

 

この本にはネットや飲酒など、大学生活において危険になりそうなことに対しての事例や対処のしかたなどが書かれています。

 

この本をきっかけに大学生活の中での危険な場面を少しでも回避して、有意義で楽しい学生生活を送りましょう!!

 

(学生サポーター:マロン)

彼は帰ってきた・・・

|
 こんにちは、学生サポーターのさとぅーです。

 最近、学術的な本(1冊だけ)しか読んでいなかったので、気分転換にとある本を読んでいます。今回はその本の紹介をしたいと思います。

 今回紹介する本は「帰ってきたヒトラー上・下」です
 あらすじは、現代に蘇ったヒトラーが、クビになったテレビマンからスカウトされテレビに出演する。ヒトラーは人々から勘違いされたままコメディアンとして受け入れられる。ヒトラーは徐々に人々の心の中に・・・。

 この作品は、2015年に映画化されており、映画で観た事がある人や題名なら聞いたことがあるという人が居るのではないでしょうか。自分も映画を観て、この作品を知りました。

 なんとなくネタにしにくいヒトラーを、コメディアンとして書く問題作です。ただ、ヒトラーの目線で語られる現代の現状など面白い描写が多々あります。

 まだ、読み途中なので詳しいことは言えませんが、面白い作品であることは間違いありません。

 この書籍は曙館3階図書館にありますので、もしよかったら一度読んでみて下さい。

 以上、学生サポーターのさとぅーでした。・・・表紙の「ERIST WIEDER DA」がヒトラーのちょび髭になってるんですね。

 ちなみに、「Erist wieder da」は「彼が帰ってきた」という意味だそうです。

(学生サポーター:さとぅー)


みなさん、こんにちは~♪♪

東海地方も梅雨入りしたと聞いていますが、毎日日差しが強くて、暑いですね★

 

さて、現在白鳥学舎曙館3階図書館では、『現代女流作家展』を開催しています!!

 

IMG_3642.JPG

 

一口に「現代女流作家」と言っても、好みもジャンルも様々かと思いますが、

今回は独断で選書させて頂いた約90冊を展示しています。

 一例を挙げますと...

☆恩田陸 : 『蜜蜂と遠雷』 (直木賞と本屋大賞のダブル受賞作品です!)

☆森絵都 : 『みかづき』 など

       ↓

IMG_3619.JPGIMG_3648.JPG

                                 ↑      

                     ☆有川浩 : 『塩の街』 他多数あります。

 

☆三浦しをん : 『舟を編む』

☆宮部みゆき : 『ソロモンの偽証』

         ↓

IMG_3646.JPG

IMG_3617.JPG                                ↑

                   ☆辻村深月 : 『冷たい校舎の時は止まる』

                   ☆湊かなえ : 『贖罪』、『告白』などなど...

 

 他にも西加奈子、角田光代、綿矢りさなど、今をときめく女流作家の作品を

取り揃えました。

女性ならではの鋭い感性が光る世界を、是非楽しんでみて下さい♪

 

また勝手ながら、各作家のオススメNO.1を独断で選ばせていただき、

POPをつけてあります。

皆さんの好きな作家のオススメ本と比べてみて下さいネ~♪

 

(名古屋のスタッフ:ライオネル) 

快適な図書館のために

|
みなさんこんにちは~

春学期も中盤になり、いよいよ本格的に忙しい時期になってきたと思います。

そこで学校で唯一といっても過言ではない静かで快適な場所と言えば「図書館」ではないでしょうか。

そんな図書館を快適にご利用頂いている皆さんに改めてお願いしたいことがございます。



・他の利用者の方のために、携帯電話、ヘッドホンステレオなどの電源をOFFにしてください。 館内ではお静かにお願いします。

・また、資料を守るため飲食物の持ち込みは禁止されています。ただし、名古屋キャンパス曙館4階学術情報センターでは、ふたの付いた飲み物の持ち込みを許可しています。なお、図書館内はトイレやテラスも含め全館禁煙です。

・ごみはゴミ箱に入れていただくか、持ち帰ってください。

・本は元にあった場所に戻していただくか、分からなければカウンターかブックトラックに置いていただけると助かります。

以上のルールをお守りいただけますと、もれなく快適な空間が提供されます!



この世界はギブ&テイクでできています。

図書館は無料です。なので金銭的な授受はありません。

ですから、図書館では「思いやり」を通貨にして発展していきましょう!

以上、図書館より Hoon がお伝えしました。

(Student Supporter: Hoon)

三階学生企画展示☆

|

こんにちは (。・∀・。)ゝみっこです♪

6月から学術情報センター3階図書館の学生展示が変わりましたヾ(≧∀≦)ノ♪

 

「将来の不安解消展を開催しています。


学生展示ポスター.PNG

 この展示では極力読みやすい!!本を揃えました。

図書館って堅苦しくて、難しい本しかない!!

そんなイメージを変えたいと思いながら本を選びました。

IMG_3604.jpg

IMG_3603.jpg
写真の様に全て表紙が見えるように配置しました。
図や絵が入った本や、マンガになっている本
パラパラ見るだけでも楽しめる本があります。


皆さんは大学生活が終わってからの自分の進む道決めていますか??
20代って実はすごく大事な時期!!
「人生は20代で決まる
「20代の未来改造計画」
そして・・・「大卒だって無職になる」など
たくさんの本があります☆仕事についての本もありますよ

IMG_3612.jpg

IMG_3614.jpg
仕事が見つかったら次は新生活!!
新生活といえば、今まで学生生活見えてなかった税金や年金を自分で収めることになりますが、
何にお金を支払っているのか本を読んで、知って納得してください。

さて・・・みんな1度は憧れる!?「1人暮らし」でも、いざ1人暮らしをはじめよう!!ってなっても
準備に何が必要なのか?
生活費っていくらかかるんだろう?
家賃はいくらぐらいにしたらいいんだろう?
そんな悩みを秘めていませんか??
実際にもしっかし準備しないと1人暮らしはすぐに失敗しちゃうかも・・・
そんな1人暮らしに役立つ本ありますよ~♪

実家のありがたみの1つ「料理」どうしても偏ってしまいがちな食生活!!
1人前レシピや1人暮らし向けのレシピ本を揃えました。

IMG_3605.jpg
IMG_3606.jpg

IMG_3608.jpg

「結婚」について考えたことはありますか??
結婚って人生基本1回のイベントなので、失敗したくないと思いますよね・・・
でも上手くいかなくて離婚してしまったり、「結婚貧乏」・・・そんな本もありますよ

「出産・子育て」の本もあります。
子育てって言うとどうしても女性の仕事!!って感じもしてしまうかもしれませんが、
今は共働きになることが多いので、分担して一緒に子育てする時代かなって思います。
子どもっていつ授かるか分からないことなので、もしも授かってしまったときの事を考えてみませんか??

「資金運用」
「老後にいくら必要か」分かる本あります。
今から少しずつ貯金したいと思いました。

IMG_3610.jpg
IMG_3611.jpg

IMG_3609.jpg
そんな「お金」関連の本もありますよ!!
是非立ち寄ってくださいね♪
IMG_3607.jpg


(学生サポーター:みっこ)



スリルを味わってみませんか?

|

皆さん、こんにちは!

学術情報センターサポーターのマロンです!

 

今回は皆さんにオススメしたい本があります。その本とは『リアル鬼ごっこ+』です。

 物語ははるか未来の30世紀、ある一人の自分勝手な王様が人口が多すぎるのを防ぐ為、そして王(王の名前も佐藤)としての地位を高めるためこの世に存在する「佐藤」という苗字がつく人間を全て抹殺せよという命令が出した。こうして突然命を狙われることになった「佐藤」と苗字がつく人達は恐怖し、逃げまとうことになる。

 

 はたして王様の脅威から逃げ切ることができるのか!?そして最後には予想だにしなかった結末が!!

 

 この本一冊でスリルを体感することができます。

何か日常の生活の中で刺激が欲しい人は是非、『リアル鬼ごっこ+』を読んでみてはいかがでしょうか?


(学生サポーター:マロン)

「それをお金で買いますか?」

|




「こちらのブログの続きをお読み頂くには有料会員登録が必要です。」





えっ?!っと思われた方、
突然誤解を招くような表現をしてしまい申し訳ございません。

「図書館のもので、しかもブログでお金取るとか(略)。。。」
と思われたことでしょう。

しかしながら、これはまだ健全な市場機能の一部といっても過言ではないようなレベルの「市場」が現実世界に存在します。

「お金で取引してはいけないもの」とは一体何なのだろうか。
あなたも一度は考えたことがあることでしょう。

でもどんなアプローチをすれば「お金で取引してはいけないもの」を定義できるのか。
そんな疑問を持った方に朗報です。的確なヒントを与えてくれる著書が本学図書館にはありますよ。





じっくり考えてみたい方は、是非手に取って考えながら読んでみてください。



知識の力で幸せな日々が送れますように。



(Student Supporter: Hoon)


学生のパワーを被災地へ!

|

皆さん、こんにちは。 学術情報センターサポーターのマロンです。

突然ですが皆さんは被災地へボランティア活動をしに行ったことはありますか?

東日本大震災から約6年の歳月が経過しようしている中、建物が崩れたままのところがあり、

被災地ではまだ人手を必要としています。

しかし現在では過去の災害が忘れられてしまっているのが現状です。

 

そんな中で皆さんに紹介したい本があります。

 

学生のパワーを被災地へ!: 「早稲田型ボランティア」の舞台裏

 

この本には当時の被災地の状況やボランティアをするうえでの問題点(ボランティアと被災者の温度差や運営費用の問題など)、そして学生だからこそできたことが鮮明に書かれており、私自身とても勇気をもらいました。

 

今、被災地のことを改めて知りたいという人や被災地ボランティアをしてみたいという人は、

是非読んでみてはいかがでしょうか。


(学生サポーター:マロン)

小説版 アイアムレジェンド

|

 

どうも、siriに話しかけているところを母親に見られた伊藤です。

 

さて皆さん「アイアムレジェンド」という映画をご存知でしょうか?

ウィルスミスが誰も居なくなった街で一人、生存者を探しながらゾンビ(厳密には違う)を

調べて人間に戻す特効薬を作ろうとするお話です。

 

そしてこの映画「アイアムレジェンド」には原作となった小説があります。

そのタイトルこそ「アイアムレジェンド」!......同じです。

一応、原題としては「地球最後の男」というものがありましたが、映画公開に合わせて

改題しタイトルは映画と同一のものとなりました。

 

とは言え、それまでの小説と中身はほぼ同じです!

「めんどうだし映画でいいや」

......と画面越しから聞こえたような気もしますが、こちらの小説版「アイアムレジェンド」

内容はだいぶ映画とは異なります。

 

大まかな世界観や人物は同じですが、大きく違うものはそのテーマと結末。

映画版はゾンビ(厳密には以下略)が知恵を持つ対話不能の怪物といった扱いですが、

小説版はこのゾンビ(小説内では吸血鬼)の存在はまた異なったものとなっております。

 

そして映画版ではその活躍によりウィルスミスは英雄として語られる存在となりますが、

小説版では英雄と語られるような活躍はありません。

 

あまり語ってしまうとネタバレになってしまうので全体的にフワフワとした紹介ですが、

こちらの作品は「異種族、異文化との激突」を描いたものとなっておりますので

映画版を見たことがある方にも、オススメの一冊となっております。

 

以上、ウィルスミスといえば独立記念日を一番に浮かべる伊藤でした。

 

 

アイアムレジェンド


(学生サポーター伊藤)

ジェノサイド

|

 こんにちは、最近説を読む機会が少ない、学生サポーターのさとぅー

です。


 今回紹介する本は「ジェノサイド」(角川書店,2011)です。
 
 あらすじは、急死したはずの父親から送られてきた一通のメールを受け取ったことにより、創薬化学を専攻している大学院生・古賀研人がウイルス研究をしていた父がどのような研究をしていたのかを知っていく。同時期に、特殊部隊出身の傭兵・イエーガーが難病の息子を助ける為の治療費を稼ぐ為に、国からの極秘任務を引き受けていた。任務は暗殺だと思われるが、任務内容の全貌は知らされていなかった。事前に知らされたのは、「人類全てに奉仕する仕事」ということだけだった。イエーガーは戦争地帯のコンゴのジャングルへと任務へ向かい・・・。


 自分の、この本を読み終えた感想は「すごい」の一言でした。
このタイトルなので、読む前は身構えていたのですが、途中から時間を忘れて
読み進めていました。
 この本は、基本的に2人の人物が軸になって物語が進んでいくのですが、
物語の後半まで多くの謎が残り、読み手を飽きさせないような内容になって
います
また、フィクションならではの設定のはずなのに、ありえなくもないと感じる少し
不思議な作品です。

 この本は、曙館3階の図書館にありますので、気になった方は借りてみて
ください。
 
以上、学生サポーターのさとぅーでした。

魅力的な人になるには!?

|

皆さんは人に好かれたいか、それとも嫌われたいかどちらですか?

おそらくほとんどの人が好かれたいと思っているはずです。

しかしどうやったら他人に好かれるのか?

どう行動すればいいか分からない人も多々いるのではないでしょうか。

 

そんな悩みを解決してくれる本があるんです!しかも本学の図書館に!


また会いたいと思われる人になるコツ


この本には人に好かれるための方法はもちろん、社会に出てからのマナー(お酒の席や

接客の仕方など)も書いたあったりするので、この一冊でいろいろなことを学ぶことが

できちゃいます!

 

皆さんもこの本を見つけたら、是非一度手に取ってみましょう!


以上、学術情報センターサポーターのマロンがお送りしました。


(学生サポーター:マロン)

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索