職業は武装解除

| | トラックバック(0)

けんけんです。

あ、マザーテレサとかアドラーの人だ!って思い出してくださった方は、

もうすでにファンですね(えっ

 

そんなけんけんですが、

この前金山駅のエントランスを通過するとき、

「国連UNHCR」という団体が、寄付を募っているところに遭遇しました。

知っていますか?国連UNHCR。

ぼくもそのとき初めて知りました。

 

世界の途上国に出向き、食料をくばったり、

テントを張ったり、教育を受ける所をつくる活動をしている団体だそうです。

ざっくりと金山駅で活動内容を紹介してもらったんですが、

そのときに、紛争地で配っている食べ物を見させてもらいました。


衝撃でした。


スマートフォンぐらいの大きさの銀色の袋に、

何かの塊がはいっているんです。


同じ時代に生きていて、食べるものがこんなに違うのか、なんて。

もういても立ってもいられませんでした。

 

さて、今回紹介する本は、国連UNHCRとは関係ないのですが、

日本紛争予防センターの瀬谷ルミ子さんの本『職業は武装解除』という本です。

紛争が終われば、その地に平和が戻るわけではありません。

武器が取り上げられれば、兵士は仕事がなくなり、お金がもらえない生活に戻ります。

ましてや、兵士の中には、小学生ぐらいの年齢の子どもがいて、

そんな子たちが、村を焼き討ちにしたり、親や先生を殺したり。

すぐに平和が訪れるなんて幻想です。

紛争が終わった後でも、悲惨な戦いは続いていくのです。

その中で活動の様子を瀬谷さんご自身が書かれている1冊です。

 

この本の中で、印象に残ったフレーズを紹介します。

 

 

世界の紛争だけでなく、日本社会も、私たちの人生も、同じだと思う。

行動しなければ、何も変わらない―。

どの紛争も、「あのとき他のシナリオを選んでいれば、あのときに誰かが行動を起こしていれば、声を上げていれば、違う結果になっていたかもしれない」と、後から振り返ってみれば、はっきりとわかる分岐点がある。

いまの自分の状況、日本の復興、世界の紛争地の現状。何かがおかしい、何かを変える必要があると思うのであれば、まず、私たち一人ひとりが持つ「自由に行動できる権利」の使い方を考えてみて欲しい。

瀬谷ルミ子『職業は武装解除』朝日新聞出版 2011年 p5,6



何かがおかしいと思うなら、

何かを変える必要があると思うのであれば、

行動すべきだ、と。


同じ時代に生まれ、同じ体を持ち、同じ命をもつ。

でも生まれた環境の違い、それだけで人生・運命が大きく決まる。

不平等。


すぐに大きなことはできないかもしれません。

でも小さな行動を何万回も繰り返せば、世界は絶対変えられる。

そう思って毎月寄付することにしました。

ちょっとしたことからはじめてみませんか。


 

【学生サポーター けんけん】

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 職業は武装解除

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/4137

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ