数学っておもしろい!

| | トラックバック(0)

新米librarian Piです。

 

今回は数学について書いてみたいと思います。


といっても私はいわゆる文化系であり、数学の知識やうんちくはほとんどありません。

高校の勉強でも、数学というもの自体に興味が持てませんでした。

 

しかしふとしたことから、イギリスの国営放送局BBCで放映された番組を見て、初めて「数学っておもしろい!」と思うようになったのです。

そこでは、マーカス・デュ・ソートイ (Marcus du Sautoy)氏というオックスフォード大学の数学者が「素数」の魅力について語っていました。

marcus du sautoy1.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像


(素数って聞いたことはあるけど・・・。)

(難しそう・・・。)

(もう無理・・・。)


いやいや、まだ早い!!


簡単に説明すると、

素数とは2, 3, 5, 7, 11, 13, 17......と続いていく数字で、 1 とその数字以外に約数(割り切る数)を持たない数字のことです。

(例えば24という数字は1, 24という数字以外に、2, 3, 4, 6, 8, 12といった数字で割れますよね。でも17という数字は1と17でしか割ることができません。これが素数です。)

 

素数。英語ではprime number(s)といいます。

 直訳すれば「もっとも重要な数字」・・・・。

そう、この素数とは一見不可解に見えて、実は世界にある様々な事象を解き明かす、根本となる(素となる)数字なのである。と彼は言います。

http://www.youtube.com/watch?v=5RAtFSEkFho

上記のYouTubeリンクから、番組の内容を確認することができます。

 

しかしこの教授の本当の魅力は、数学の知識云々よりも、その話し方が非常に興味深く感じられるという点にあります。

一度聞けば、先生の虜になることでしょう。数学にも絶対興味が湧くはずです。

 

追記: 先日は教育実習先の学校で、物理の先生からオイラーの公式についても色々と教えてもらいました。

近いうちにこの本も改めて読んでみたいなと感じています。

 41BCdErs2dL__SL500_AA300_.jpg

博士の愛した数式

 

それではまた次回。

(名古屋のサポーター: Pi)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 数学っておもしろい!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/4178

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ