音楽の本にまみれた2011年

| | トラックバック(0)

12月も最終日です。

皆さんはこの一年どんな年でしたか?

 

わたしはというと、

春は、新歓ライブ

夏は、ロックフェス

秋は、学祭のはしご

冬は、年末ライブやらワンマン

 

音楽尽しの一年でした。

 

そんな一年の集大成にこの一冊!!

PUNK ROCK

4887451482_01__SCMZZZZZZZ_.jpg

タワーレコードのスタッフが中心として、

抜粋したバンドが500枚近く掲載されている

CDのディスクレビューの充実した一冊です

 

パンクのビギナーからマニアックなバンドまで

幅広くて面白いです。

 

ちなみにコラム集では

『私が考えるパンクとは?』

という題で、


パンクに思い入れの深いアーティストや著名人に、

彼らが考えるパンク、彼らが厳選するパンク・ディスクを紹介しています。


あふりらんぽ

チバユウスケ〈THEE MICHELLE GUN ELEPHANT〉

ピーター・バラカン

ファット・マイク〈NOFX〉

峯田和伸〈銀杏BOYZ〉

森山達也〈THE MODZ〉

 

と、けっこう面白いメンツ。

 

わたしはミッシェルのチバさんが大好きで

彼のページだけ何度も熟読してしまいました。

彼の考えるロックは素直でストレートな考えで

カッコいいです、もう惚れちゃいます///

ファンとしては遅いですがアルバムも買いました(笑)

 

ちなみにこの本は企画展示「音楽本

から取り出した一冊ですが、

この企画は今月で白鳥キャンパスは終了です。

 

個人的に自己満足な展示でした。

たまに覗くと知り合いの軽音楽部が座り読みしていたり

色んな学生さんが手にとっているのを見て、

すごく嬉しかったです。

頑張ってよかったと思います!!

 

閲覧ありがとうございました♪

 

年の最後にここでお礼を申し上げます。

 

来年も正月から音楽の一年になりそうだぜ!!

 

( 学生サポーター(のだめ) )

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 音楽の本にまみれた2011年

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/2281

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ