破壊された設計図

| | トラックバック(0)

今回は、1999年に起きた「東海村臨界事故」についての本を紹介します。

123.jpgのサムネイル画像

朽ちていった命 : 被曝治療83日間の記録


核燃料加工施設で行われたずさんな作業により、
ウラン溶液が臨界に達し「裸の原子炉」が出現してしまいます。
ここで発生した大量の放射線を浴びた作業員の方は、
放射線により「生命の設計図」である染色体が破壊され、
徐々に体の機能を失っていきます。
それでも懸命に治療を続けた医療スタッフを追った記録です。

目に見えず匂いもなく、触れて痛みもない放射線。
「放射線(放射能)は恐い」と思っていても、
具体的に何がどのように恐いのか知らない人が多いと思います。
ぜひ一度手に取ってみてください。

(なごやの図書館スタッフ 金木犀)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 破壊された設計図

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/8577

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ