クリスマスが近づくと...

| | トラックバック(0)

クリスマスが近づくと...その季節の本を思い出す。

クリスマスを感じる作品は多いけど、古典の名作と言えばこれ。

守銭奴で知られるスクルージは、クリスマス・イヴにかつての盟友で亡きマーリーの亡霊と対面する。

3人の精霊に導かれて、自らの辛い過去と対面し、貧しく心清らかな人々の姿を見せられる。

そして最後に自分の未来を知ることに...

過去・現在・未来の3人の精霊とのやりとりが興味深い。

クリスマス時期にお勧め。

(瀬戸のスタッフ:emirin)

クリスマス・キャロル

ブログ.jpg

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: クリスマスが近づくと...

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/8343

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ