読むプラネタリウム

| | トラックバック(0)

こんにちは、スタッフの月ウサギです。

いつのまにかもう梅雨の時期ですね、皆さん自粛後はいかがお過ごしですか?

そろそろ少し外にも出られて大学に授業を受けに来たり、スポーツに汗を流せてたりするのでしょうか。

  

今回、私は星空の本を1冊ご紹介したいと思います。その本は「夜空と星の物語

真っ青な夜空に降るような星。

星の数だけ物語がある... 

夜空シリーズ本の中の1冊ですが、1年を通した世界の星空を見事に写真に収め、その星にまつわる伝説が解説されています。

思えば世界共通、無数の星空という一夜の劇場にそれぞれの物語を描いてきたのですね。

世界にも七夕伝説はあるようですが、日本版では「逢うのは月に1回なら許す」

というのを「年に1回」と妻が聞き間違えたからという説があるようですよ。

   

   

  織姫と彦星と天の川

   

   

   

   

   

   

        

その他、月の世界各地の住人の紹介もあります。ウサギは日本だけみたいです^^

オーロラの写真も見事なので是非ご一読ください!

  ウサギ.png

  

   

★瀬戸のスタッフ 月ウサギ★

  

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 読むプラネタリウム

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/7832

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索