【部屋の中で見る青空】檸檬をひとつ

| | トラックバック(0)

こんにちは。スタッフの春です。

自宅からすぐに読める「青空文庫」からの文学作品。

本日は、梶井基次郎の『檸檬』です。

remon.jpg

 

 

 

 

 

 

 

高校生の頃に読んだ小説ですが、その時は、実はいまひとつ

ピンとくることがなかった作品でした。

先日、久しぶりに読み返してみると舞台となっている 京都の町の色や景色、

果実の匂いまでもが鮮明に感じられるような気がして、はっとしました。

あっという間に読める短い小説ですが、なんてことのないような

一日の情景がぎゅっとつまっています。

主人公の男は肺を患っているので、モデルは著者の梶井基次郎自身なのではないでしょうか。

気持ちが沈んだり、晴れやかになったり、疲れたり、愉快な気分になったり・・・

一日の中でめまぐるしく変わる主人公の感情が、人間らしくて、

自分にも重なる部分を発見し、なぜかとても身近に感じられた一冊です。

  

もしこの作品が気になった方がみえたら、ぜひいつか京都にある書店 丸善へ行ってみてください。

小説の中にでてくる書店は、京都の丸善なので、ここには"檸檬"推しが店内に

いろいろあるのですが、中でもおすすめなのが併設されているカフェです。

メニューに『檸檬』がモチーフになったレモンケーキがあるのです。

おいしいレモンケーキと一緒に文学気分も味わえますので、おすすめですよ。

 

※梶井基次郎著『檸檬』は、青空文庫のからすぐ読めます。タイトルをクリックして下さい。

 

 

(なごやの図書館スタッフ 春)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【部屋の中で見る青空】檸檬をひとつ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/7751

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索