Case by CASE。

| | トラックバック(0)
「ケースバイケース」
日本語だとよく、「時と場合による」って使われますよね。

でも本来の英語の意味だと、
「慎重に」って意味で使われるらしいです。

今回は、本来の意味に近い使い方かもですね。

こんにちは! " くうこう "です! (*^_^*)

今回紹介する本は


自動車の大変革のキーワード、CASE

Connected:コネクティッド化、ネット常時接続化
Autonomous:自動運転化
Shared/Service:シェア/サービス化
Electric:電動化
          の頭文字です。


なにかと世間をにぎわす自動車

最近は、車を欲しがらない若者も増えてきたし、

一方で、年寄りほど足として重宝するし、

環境に配慮して電気化が進むしと、

今までと同じでは通用しない、雲行きが怪しくなってきましたね。。。


より安全に、より便利に。
これから求められる自動車の形とは。

自動車王国愛知も黙っちゃいられない!


( 学術情報センター 学生サポーター くうこう )

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Case by CASE。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/7473

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索