うようよ書評

|

 猫手長屋事件簿の『ふぬけ・うようよ』という小説は仲野ワタリ著者によって書かれました。この本の中で珍しい漢字や言葉はよく使っているが、そのために鮮やかな画像を思い描けます。昔の書き方で雰囲気が囲まれていると感じます。

うようよ.jpg

 

 

 

  

  

 

 

 


 

[ミャアー] この本の話で代三郎さんと猫のキャラと重大過ぎないミステリーの冒険が起こります。 前回、冒険に行った経験はいつぐらいでしたか。また行きたかったら、読みませんか?

留学生別科 アレックス

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索