呪いの子

|
先日紹介したハリー・ポッター。
私のハリー・ポッターへの愛はみなさんに伝わっているでしょうか?

今日はハリー・ポッター好きの私にぴったりの一冊をご紹介します。
そう!ハリー・ポッターの続編なのです!!
結局またハリー・ポッターかよ~って声が聞こえてくるです・・・。ヤメテヤメテ。
81blhpv2pkL.jpg
シリーズ最終巻「ハリー・ポッターと死の秘宝」での戦いから19年が経ち、父親となったハリーが2人目の子どもをホグワーツ魔法学校へと送り出したその後の物語です。
これまでのハリーはハリー・ポッターとして生きるのはもちろん大変なことでしたが、戦いの終わった後もハリーは決して楽ではありません。

〔あらすじ〕
現在のハリーとして、また3人の子を持つ父として、魔法省の激務に押しつぶされそうな日々を過ごします。
ハリーの現在も悩みが多い毎日なのです。

ハリーは、事あるごとに甦る10代の記憶に悩まされます。
彼は既に決着をつけたはずの過去と付き合わなければならない一方で、
次男のアルバスには、望んでもいない"ハリー・ポッター家の伝説"という重圧がのしかかり、苦しんでいます。

過去現実が不吉に混ざり合うなか、父と息子は忌まわしい真実を知ることになります。
時として、は思わぬところから忍び寄ってくるのです。



大人になったハリーにも悩みはつきません。
英雄ハリーも苦労してるんだね。
きっとハリーの愛が子ども達に伝わる日が来るよ、頑張れハリー!

そして、次男のアルバスにもたくさん思うことがあるようです。。
父親の七光り・・・って大変そう。
アルバスは思春期だし悩む悩む。
しかし、アルバスもハリーに似て優しい心の持ち主。

また、続編でもドラコ・マルフォイは健在です。
むしろ、続編のマルフォイの方がいい味が出ているかも。。

父親になった等身大のハリー・ポッターをみることができる一冊です。
脚本づくりになっていますが、小説と同様にスラスラと読めるお話になっています。

某テーマパークの石原さとみさんのハリー・ポッターCMが可愛すぎて爆発しそうなぺちゃでした。
私もさとみと一緒に魔法が使いたい!!!

(名古屋のサポーター ぺちゃ)
栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索