Harry Potter

| | トラックバック(0)

Kia Ora!

久々の登場、学生サポーターのKiwiです!!

今回のおすすめ本は・・・?

 

 

 

 

 

books.jpg

 

ハリー・ポッターと死の秘宝

 

 

 

 

 

 

ハリー・ポッターシリーズです!

 

「え、ハリー・ポッター?ベタだなぁ~。」なんて思っていませんか?

もしそう思っていらっしゃるのでしたら大間違いですよ奥様!!←

 

実は私が本格的に英語を勉強しようと思ったのも、6歳の頃初めて映画で賢者の石を観て一気にあの世界観に引き込まれたのがきっかけだったんです!Σ(゜□゜ ) 

 

本当のことを言うと全巻おすすめなんですが、その中でも一番好きな巻を挙げるならこの最終巻 "死の秘宝" ですね。

 

見所は、意外なキャラクターが格好良く活躍するところや、ずっと謎の多かったキャラクターの真実がわかるところ、あとはなんと言っても感動的なエピローグです!

 

んんん~もっと内容を話したいけどこれ以上話すとネタバレしていしまいそう(>_<)笑

 

とにかく一度読んでみてください!

分厚い原作を読むのがしんどいという方はまずは映画からで(^m^)

 

 

 

ちなみに・・・私おすすめのハリー・ポッターの楽しみ方もご紹介しちゃいます。

 

"まずは映画を観て、次に日本語版の原作をサラッと読んで、そのあとUK版を2~3回ほどじっくり読む"です!

やはり日本語版と本家UK版とは言語が違うため所々ニュアンスが異なるので、私はJ.K ローリングさん本人が書いた原文の独特なニュアンスをちゃんと理解できるようにこんな感じで読んでいます。 

 

 

 

ところで、皆さんの好きなキャラクターは誰ですか?

 

私はダントツでセブルス・スネイプ先生です!

あとはマルフォイ一家とリーマス・ルーピン先生かなぁ。

元々悪役を好きになりやすいという理由もあるんですが、スネイプ先生の場合、ヴォルデモート側なのかダンブルドア側なのかわからない複雑で奥が深いキャラクターだからというのもあります。(その真実はすべて最終巻で明らかに・・・!?)

 

「もう全巻読破したよ!」という方は、今度は自分の好きなキャラクターの視点に立ってもう一度読んでみるのもおすすめです!

また違った側面から物語をとらえることができて楽しいですよ♪

 

ジブリ作品もそうですが何度観ても読んでも楽しめる、毎回観たり読んだりする度に異なるとらえ方や新たな発見ができる作品って、奥が深くて良いですね。

噛めば噛むほど味が出てくるお米やスルメみたいですね(笑)

 

 

 

(名古屋の学生サポーター Kiwi)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Harry Potter

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/3786

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ