スポーツ健康学部 廣 美里先生から新入生へのメッセージ

| | トラックバック(0)

 東大合格率No.1を誇る超進学校である,開成高校野球部が平成17年度の夏の東京大会でベスト16まで勝ち進んだ。

 

 

最後に敗れた相手がその年に甲子園に出場した国士舘高校だったから,もしかしたら甲子園出場が果たせたかもしれないのである。その野球部のセオリーは通常の強豪校とはほど遠いものであるが,時間を有効に使い,練習の場を「実験」と「研究」の場としているのだ。すなわち,自主練習の時に考えたことを「仮説」として,週に1度のグランド練習でその「仮説を検証する」というのである。

 どんなことでも目標を成し遂げるためには,自分でよく考え行動実践していくことが大切であるといわれていますが,その大切さを野球を通して,ユニークに伝えてくれる1冊だと思います。

 

 

弱くても勝てます : 開成高校野球部のセオリー

 

4104738042_01__SCMZZZZZZZ_.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  高橋秀実著

新潮社, 2012.9 

 

(スポーツ健康学部 廣 美里先生)

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: スポーツ健康学部 廣 美里先生から新入生へのメッセージ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.ngu.ac.jp/mt/mt-tb.cgi/3303

栞輪漫画へ
  • YouTube折り方動画へ

  • ※画像をクリックすると漫画の原稿が表示されます。

    蔵書検索

    アーカイブ